20代大手企業社員の頭の中

30歳までに会社からの卒業を目指すブログ

TOEIC945保持者が「結局、フィリピン(途上国)かアメリカ(先進国)のどちらに語学留学した方がいいのか」答えてみた。

f:id:until30y:20170926201111j:plain

この2つの記事をお読みになっていない方はこちらを先に読むことをおすすめします!

 

TOEIC945保持者が「超ド本音」で語る「フィリピン語学留学の4つのメリット」

TOEIC945保持者が「超ド本音」で語る「フィリピン語学留学の4つのデメリット」

 

 

いろいろ、フィリピン語学留学のメリット・デメリットについて書いてきたはいいけれど、

 

結局筆者はどっちの国がおすすめなのか、

 

答えていないではないか。答えなさい。

 

という声がどこか遠くから聞こえてきたので、書いていきたいと思います。

 

語学留学に行くなら、フィリピン、アメリカどちらがいいのか、

 

または、途上国か先進国であればどちらがより良い留学となりうるのか

 

気になる方がいれば見ていってくださいね。

 

それではいってみましょう。

 

 

「結局、フィリピン(途上国)かアメリカ(先進国)のどちらに語学留学した方がいいのか」

 

 

その答えは、「どっちも行ったらいいんじゃない?」です。

 

大学は4年間あり、夏休み、春休みなど、

 

まとまった時間を取れる時間は少なくないはずです。

 

だったら、その時間を利用して、どっちも体験してきたらいいじゃん。

 

私はそう思います。

 

散々書いてきましたが、

 

フィリピン(途上国)に行くこと、アメリカ(先進国)に行くこと、それぞれにメリット・デメリットがあって当たり前なんだと思います。

 

だから、自分自身でそれぞれ体験してきてみたらいいと思います。

 

アメリカ行って、フィリピン行って、オーストラリア行って、モンゴル行って、

 

ベトナム行って、ポーランド行って、意味わからないところ行って、

 

そういうの楽しそうじゃないですか。(笑)

 

フィリピンは全然ダメだった。でもいいじゃないですか。

 

アメリカに行って、全然英語力上がらなかった。それでもいいじゃないですか。

 

私は、フィリピンにだけ半年間行ったのは間違いだったなと今では思います。

 

いろんな国に行って、感じてみたいことがいっぱいあったなと思います。

 

なので、やることを1つに絞れ。とよく言う私ではありますが、

 

留学する国に関しては、いろんなとこに行ってほしい。というのが私の思いです。

  

参考にならなかったかもしれませんが、すみません。

 

もっと聞きたいことがあれば、コメントなどでいつでも言ってきてくださいね。

 

 

Give it a Try!