20代大手企業社員の頭の中

30歳までに会社からの卒業を目指すブログ

私が時間を守るためにしない3つのこと

私が時間を守るためにしない3つのこと

 

あなたは日々を消耗してはいませんか。

 

私は自分の時間を消耗しないために以下の事は行わないと決めています。

 

もし、日々時間が足りないな。と感じているのであれば参考になることがあるかもしれません。

 

それではいってみましょう。

 

私が時間を守るためにしない3つのこと

 

・通勤に時間をかけること

・家事全般(掃除・洗濯・炊事・買い物

・行列に並ぶこと

 

これから上記3つがなぜ時間の無駄になると考えているのか、

 

順に説明していきたいと思います。

 

 

・通勤に時間をかけること

 

あなたは通勤にどのくらいの時間をかけていますか?

 

ちなみに私は今、会社から徒歩10分のところに住んでいます。

 

先ほど申し上げた通り、大量に時間があることは資産です。

 

なので、もし片道20分、30分、もしくは1時間以上かけているのであれば、

 

あなたはその大切な時間を消耗しているのかもしれません。

 

仮に、片道1時間を通勤にかけているとしましょう。

 

すると往復で2時間になります。

 

週休2日とするとあなたは月に20日通勤していると思います。

 

あなたが通勤にかけている時間を調べてみましょう。

 

すると以下のようになります。

 

日:2時間

月:2時間×20日=40時間

年:40時間×12か月=480時間=20

8年(30歳まで):20日×8年間=160

43年(定年の65歳まで):20日×43年間=860日≒2.4

 

もし、あなたが定年までその時間を通勤に費やすのであれば、

 

あなたは2年と4カ月通勤することになります。

 

その時間があったら何が出来ますか。

 

世界1周だってできるだろうし、

 

偏差値30から東大に合格できるかもしれない。

 

素敵な女性と出会い、結婚にまで至っているかもしれない。

 

そんな人生を変えうる時間をあなたは通勤で使用しようとしているんです。

 

仮にあなたの時給が2000円程度だと仮定しましょう。

 

2.4年=365日×2.4=876日=876日×24時間=21024時間

 

よって、その時間であなたが働けば得られるであろう時間は

 

2000円×21024時間=4204万8000円を発生させうる時間です。

 

 

 

 

え、電車の中でも本を読んだり、勉強できたりするよ。

 

という方もいると思います。

 

しかし、本当にそうでしょうか。

 

朝であれば通勤ラッシュで人に溢れていて何もできない状態であったり、

 

会社の人と一緒に帰ることになり雑談の時間に代わってしまったりしていませんか。

 

通勤という時間は他者と共有しなくてはいけない時間です。

 

そこには不確実性が必ず伴います。

 

私は不確実性は人生に必要だとは思いますが、これは別です。

 

無意味な不確実性は排除すべきです。

 

人とぶつかったり、電車で割りこまれたり、など

 

電車やバスにのればストレスのある状態になるということは事前に分かっているはずです。

 

きちんとした場所を確保し、目の前のことに集中しましょう。

 

家であったり、落ち着いた空間でする勉強と他人がいて雑音の多い空間でするのでは作業効率は変わってくるのではないでしょうか。

 

もっと会社の近くに住みましょう。

 

通勤時間を1/2にするだけで、朝起きる時間、帰宅する時間が変わってくると思います。

 

24時間の中で何の制約もない時間を増やしていきましょう。

 

いやいや、会社の近くは家賃高いし無理だよという方もいるかもしれません。

 

そんな方には、少しきつい言い方になってしまいますが、

 

そんな時間の使い方をしているからその程度の家賃さえも高く感じてしまうんです。

 

時間を消費していたらいつまでたってもあなたの単価は上がっていきません。

 

時間を買いましょう。

 

あなたは通勤するためにこの世に生まれてきたわけじゃないでしょう。

 

その買った時間を自分を高めるために使えば、そのお金は必ず取り返せます。

 

取り返せるように行動していきましょう。

 

 

 

また、何度も何度も通勤を重ねていると、

 

別に1時間の通勤くらいもう慣れたし、苦じゃなくなってしまったよ。

 

という方もいるかもしれません。

 

しかし、改めて思い返してみて欲しいです。

 

あなたもきっと、通勤が始まった時は、

 

「毎日、この往復を繰り返すのか…」と嫌気がさしてはいなかったでしょうか。

 

毎日愚痴をこぼしてはいなかったでしょうか。

 

しかし、そんな日常の不条理を何度も何度も繰り返すうちに、

 

あんなに嫌だったことでさえも、

 

「まあ仕方ないし、」

 

「そういうものだし、」

 

と受け入れられるようになってきたのではないでしょうか。

 

それって、そのままでいいのでしょうか。

 

通勤に時間をとられること、満員電車に出くわしイライラすること。

 

それらは「仕方のないこと」で、

 

自分自身では「変えられないもの」なのでしょうか。

 

金を払って、会社の近くに住む。それだけでそれらは無くすことができます。

 

それって難しい事でしょうか。

 

通勤時間だけじゃないですが、

 

あなたが普段仕方がなく我慢していることって、

 

案外あなたの行動次第で無くして行けるのではないでしょうか。

 

それを全て「仕方のないことだから、、」と済ましていては、

 

人生という大きな枠組みの中で変えたい現実があったとしてもすべて

 

「仕方のないことだから、、」と受け入れ、

 

そんな現実に馴れていくだけの日々になってしまうと思います。

 

何か乗り越えたい課題があるのなら、自らの行動で現実を変えていきましょう。

 

その行動の積み重ねが、あなたをもっと自由な世界へ連れて行ってくれます。

 

 

私は、世の中に「仕方のないこと」って実は少ないと思っています。

 

可変なもの(自らの行動で変えられるモノ)は変えていきましょう。

 

私はそれは可変なものだと思いますが、

 

あなたはどう思いますか?

 

 

 

・家事全般(料理・買い物・掃除・洗濯

 

皆さん自炊、頑張っていますか。

 

食費も積み重なれば馬鹿にならないですよね。

 

ただ、私は自分で一切料理をしません。

 

外食や出前が中心の食事を取っています。

 

洗濯なども家事代行サービスを利用したりすることで、

 

自分でやらないようにしています。

 

また、私は服や食品を買うためでも、極力アマゾン(ネットショップ)で買うようにしています。

 

それは「料理を作ること=食材選び×調理×後片付け」であるからです。

 

料理をすると、その他の作業が生まれます。

 

つまり、もっと詳しく書くと

 

食材選び(スーパーに行く+スーパーを徘徊し選ぶ+家に帰る)×調理(食器、調理器具の準備+調理+盛り付け)×後片付け(食器と調理器具の洗浄+それらの収納)となり、

 

仮に1日1時間使っていたとしたら、あなたが消費している時間は以下のようになります。

 

日:1時間

月:1時間×30日=30時間

年:30時間×12か月=360時間=15

8年(30歳まで):15日×8年間=120

43年(定年の65歳まで):15日×43年間=645日≒1.8

 

もしこの30歳に消耗していたであろう時間働いたと仮定するのであれば、

 

1.8年=365日×1.8=657日=657日×24時間=15768時間

時給を2000円として

 

2000円×15768時間=3153万6000円

 

ほどの価値がある時間です。

 

もしあなたが、何度も店内を回り、うろうろすることのプロフェッショナルになりたいのだとしたら、

 

毎日店に買い物に行くこともいいでしょう。

 

もし、料理人になりたいのだとしたら、

 

毎日料理し、盛り付けに時間をとってもいいでしょう。

 

もし、お皿洗いの時間が死ぬほど好きなのだとしたら、

 

毎日その作業をしてもいいと思います。

 

しかし、ただ生きるためだけに仕方なくやっているのであれば、

 

その時間は無駄ではないでしょうか。

 

私が今一番求めているのは自由になることです。

 

なので、そのために時間を割いていかなくてはいけません。

 

だから、その店に行って、商品を買って、帰ってくるために使われるはずだった1時間で、この文章を書いているんです。

 

あなたらしいインプットを得るために本を読むんです。

 

 

私は今すごく自由になりたいです。

 

そのためには時間が必要なんです。

 

だから、私は以下の行動によってその時間の無駄を無くしています。

 

 

料理する時間→(出前、外食)

 

買い物する時間→アマゾン(ネットショップ)の利用、

 

掃除洗濯する時間→家事代行サービス

 

上記のように、自分以外の人にその行為をやってもらっています。

 

他人の時間をお金で買っているんです。

 

買い物の半分をネットでの買い物に変えるだけで、

 

とんでもない時間が生まれます。

 

だから、その時間をお金で買うんです。

 

誰かにやってもらうんです。

 

この世の中には料理することが心から楽しくて、

 

24時間料理していても苦じゃないと思う方や掃除や洗濯が大好きな方が沢山います。

 

なので、その人たちにお金を払ってやってもらいましょう。

 

あなたはあなたがやりたくて楽しくて仕方がない事でお金を稼いだらいいんです。

 

なので、そのやりたくもない作業であった、家事の時間を無くし、

 

あなたのやりたいことにその時間を費やしましょう。

 

だから私は、レストランや家で料理が運ばれてくるまでの時間は1文字でも多く執筆しようとしています。

 

料理の準備をしなければならなかった、

 

洗濯をしなければならなかったはずの時間で今この文章を書いているんです。

 

別に本を書くだけでなくてもいいと思います。

 

ただ、時間を消費するだけではなくて、

 

あなたの本業の単価を上げるために行動したり、

 

その空いた時間で勉強したり、本を読んだりできませんか。

 

その時間分あなたの仕事を進められませんか。

 

会社にいる時だけが仕事する時間じゃないですよ。

 

あなたが自由になるための仕事をその時間を使って進めましょう。

 

 

 

 ・行列に並ぶこと。

 

皆さんは行列に並ぶことが良くありますか?

 

USJやディズニーランド、話題の店など並ぶという行為は日常に溢れていますよね。

 

しかし、私はかわいい女の子に「お願い。一緒に並んで♡」とでも言われないかぎり、

 

並ぶという行為をしないようにしています。

 

(かわいい子に言われれば何時間でも並びますが。)

 

例えばですが、500円のかつ丼を食べるためにあなたが1時間並んだとします。

 

果たしてそのかつ丼の値段は500円なのでしょうか。

 

私は違うと考えています。

 

そのあなたが何も考えずにぼうっと待っていた1時間は他の生産性の高い何かに当てられたはずの時間です。

 

例えば、あなたの時給が2000円程度だったとしましょう。

 

すると、「かつ丼の値段=定価(500円)+並んだ時間×あなたの時給(1時間×2000円)=2500円の出費」となります。

 

もしあなたが事前に混雑のしない時間帯を調べ、

 

結果並ばずにかつ丼を食べられた。

 

かつ、その浮いた1時間を使い仕事をしたとしましょう。

 

並んだ場合では、かつ丼の値段の500円の損失となりますが、

 

並ばずに浮いた時間をアルバイトに割いた場合は、

 

「かつ丼の値段=定価(500円)-アルバイト1時間の2000円=1500

 

つまり、1500円の利益です。

 

自分の時間の優先順位をあげましょう。

 

あなたはもっと働けるんです。

 

一日15分行列に並んだ場合の浪費時間

 

日:15

週:15分×7日=105分=1時間45

月:1時間45分×4週間=7時間

年:7時間×12か月=84時間=3.5

8年(30歳まで):3.5日×8年間=28

43年(定年の65歳まで):3.5日×43年間=150.5日≒5ヶ月

 

30歳までであれば、

 

5か月=5か月×30日=150日

 

時給を2000円として、

 

150日×2000円=30万円です。

 

 

 

どうでしたか?

 

あなたが今まで当たり前だと思っていた行動、

 

仕方ないと思い消耗していた時間が自分の行動によって無駄にしなくて済むことが理解できたでしょうか。

 

もし、あなたが日常生活の中で、

 

あ、これ毎日繰り返ししているなと思うことがあれば、

 

それを仕組化したりしなくてもいいための行動をして欲しいです。

 

日常の中であなたが「普通」と思って行っていること。

 

それはあなたが死ぬまで継続してしなくては行けない作業なのでしょうか。

 

違うと思うのであれば、やるのをやめて、その時間を使ってやりたいことをやっていきましょう。

 

 

なので、もう一度あなたの時間は何のための時間なのか。

 

何のためにあるべきなのか。考えて頂きたいです。

 

もちろん、家事に時間を割いたり、行列に並ぶことで得られることもあるよ。

 

そういった時間を無くしていくことってなんか人間味が無くてつまんない。

 

そういった方もいると思います。

 

もしそうなのであれば、そういった通勤している日常風景や、家事をしている時間、行列に並んでいる光景を動画に収め、youtubeにアップしてみたりできませんか。

 

○○をするな。といっているのではないのです。

 

より多くの時間を「自由になるための投資」に当ててくださいと言っているのです。

 

どうしてもしたい行動があるのであれば、それを未来につながる時間に変えていってください。

 

具体的には、その体験をブログに書く、youtubeに動画をアップするなどです。