20代大手企業社員の頭の中

30歳までに会社からの卒業を目指すブログ

(新入社員向け)「家財保険(火災保険)」は絶対「不動産屋」で契約するな。

賃貸を契約するとき、不動屋さんに家財保険(火災保険)の加入は義務になっているんですよー。

 

と言われて、すんなり加入している人もいると思いますが、

 

新入社員のあなたには、そんなに無駄でアホなことはしてほしくないと思っています。

 

契約上で、家財保険の加入する義務があると定められているのであれば、

 

もちろんあなたは加入する必要があります。

 

 

しかし、

 

 

それは「不動屋さん会社」とでなくてもいいのです。

 

私は賃貸を契約する際、不動屋さんに家財保険は加入義務があるので1500円/月

 

家賃以外に支払ってくださいねー。と言われました。

 

その時は何の知識も無かったので、「は、はい。」とだけ答え、

 

2カ月間は1500円を支払っていました。

 

 

 

しかし、同様の補償内容をネットで調べてみると、4000円/年

 

つまり、4000円÷12か月=330円/月

 

で、月1500円-330円=1170円

 

年に換算すると1170円×12か月=14040円の削減することができました。

 

 

また、同程度の補償内容で会社の福利厚生を利用して契約すると、

 

年間1500円でした。

 

つまり、月々1500円÷12か月=125円

 

 

これも、不動屋さんで契約したときと比べると

 

 

1500円ー125円=1375円/月

 

つまり、1375円×12か月=16500円/年の削減です。

 

おそらくあなたはその賃貸に、5年間は住むでしょう。

 

 

すると、16500円×5年間=82500円です。

 

 

大きくないですか?

 

 

 

 

スーパーで、10円100円安いものを探すくらいなら、

 

まず、家財保険解約し、あらたに「ネット」または「会社」で

 

契約をしましょう。

 

 

 

それだけで全然変わってきます。

 

 

 

世の中はあなたを搾取してこようとするので、

 

こういったことはきちんと知っておいてくださいね。

 

 

 

今回は以上です!