20代大手企業社員の頭の中

30歳までに会社からの卒業を目指すブログ

(新入社員向け)損害保険に加入する際に必要な考え方

皆さんはこれから、様々な契約を結ぶことになるでしょう。

 

 

例えば、

 

自動車を購入した際に、「自動車保険」に加入したり、

 

賃貸を契約した際に、「家財保険(火災保険)」に加入したりなどです。

 

 

ですが、そもそも「損害保険」って何のために加入するのか理解していますか?

 

そのそもそも、の部分を理解していないと、世の中はあなたから

 

お金をむさぼり取っていきます。

 

なので、今回はそのそもそも「損害保険は何のためのもの」なのか

 

正しい考え方を知ることで、未来のあなたが無駄なことにお金を払うことを

 

防ぐことが目的です。

 

それではいってみましょう!

 

 

損害保険って何のために加入するの?

 

 

それは

 

「自分で抱えきれないリスクに備えるため」です。

 

 

なので、仮にあなたが1兆円の金融資産を持っているのであれば、

 

ほとんどの保険には加入しなくてもよいということになります。

 

なぜなら、たとえ1億円の支払い義務が何ならの形で発生したとしても

 

あなたはその金額を支払える力があるからです。

 

 

 

自動車保険を例に挙げますが、

 

この時、対人、対物は無制限のプランに加入するべきだと思いますが、

 

車両保険に関しては加入しなくて良いと私は考えています。

 

だって、高級車に乗っている人であれば別ですが、

 

車が壊れても修理費は数十万円でしょう。

 

その額はあなたは抱えきれない額でしょうか?

 

人生が終わってしまう額でしょうか?

 

 

もし、人を轢いてしまい、ケガをさせてしまった場合には

 

1億円の支払い義務が発生することもあるでしょう。

 

そうなればあなたの人生は180度変わってしまうこともあると思います。

 

だから、自動車保険の対人、対物保証は加入しておくべきなんです。

 

 

 

自分が抱えきれるリスクなのに、保険に加入してしまうのは

 

もったいないです。

 

だったら、そのお金を資産運用などポジティブなものへ回した方が

 

100倍マシです。

 

 

 

今回は以上です!