20代大手企業社員の頭の中

30歳までに会社からの卒業を目指すブログ

(新入社員向け)貯金200万円の僕が、80万円の車を「現金」ではなく「ローン」で買った理由

f:id:until30y:20171202234247j:plain

 

こんにちわ!タナカユウ(@H9NXp7VN0SZ3Tng)です。

今回は、「車は現金で買うべきか、ローンで買うべきか論争」に決着をつけたいと思います。

 

車を買うということになったとき、多くの人は、

金利のかからない現金での一括購入をお得だと考えたり、

たとえ、ローンを組んでいたとしても
ボーナスをはじめとするまとまったお金が入れば、繰り越し返済すべき
という考えを持っていると思います。

 

あなたも、周りの同僚、親、友達からそう言った言葉を聞くことが
多いのではないでしょうか?

もしかしたらあなた自身もそう考えているのかもしれません。

しかし、言わせてください。それらの考え方は間違っています。

もっというのであれば、

車を「現金」で買う奴は頭悪いです。 

 

借金(ローン)できるなら出来るだけした方がいいですし、
借りる期間は長ければ長い方がいいです。

もちろん金利は低ければ低いほど良いです。

今回は、車を購入しようと考えている方にためになるお金への考え方を提供できたらなと思います。

それではいってみましょう。

 

僕が貯金200万円あるのに80万円の車を「現金」ではなく「ローン」で買った理由

 

 ①「6年後に85万円」支払うことは「現在、80万円」支払うことよりも安いから

 ②将来の自分の方が時間単価が高い。結果、支払いにかかる時間が短縮できるから

 

 ?ですよね。これから詳しく説明していきますね。

①「6年後に85万円」支払うことは「現在、80万円」支払うことよりも安いから

 

私のローンの契約内容は「年利1.8%、期間6年間、金額80万円」でした。
つまり、今80万円貸してあげるから、6年後に84万4560円返してね。ということです。 

f:id:until30y:20171126211743p:plain

自動車ローンのシミュレーション

 

つまり私は、現在の80万円 > 6年後の85万円(84万4560円)であると 判断したため、

200万円という「現金」があるのにもかかわらず、「ローン」で車を購入したんです。

85万円は80万円よりも大きいじゃないか!なんで5万円も多く支払わなくてはいけないのに、現在の80万円 > 6年後の85万円(84万4560円)と言えるんだ!

そう思う方も多いかもしれませんね。説明しますね。

 

資産運用すれば、6年間で80万円で85万円以上にすることは簡単

それは、現在の80万円を資産運用すれば、6年後には85万円以上にすることは可能だからです。

資産運用とは、投資をするという事です。
投資?なんだか危険そうな匂いがするぞ?と思われたかも多いかもしれませんが、
以下の資産運用であれば、簡単にしかも安定的に80万円を85万円にすることができます。

①80万円でインデックス型の投資信託を購入し、6年間運用する。

②80万円で持株会で自社株を購入し、6年間運用する。

 

それぞれ具体的に説明していきますね。

①インデックス型投資信託で80万円を6年間運用する。

インデックス型の投資信託であれば、年利3%は得ることが可能です。

もし仮に80万円を年利3%、期間6年で運用したとするのであれば、

80万円×1.03^6≒96

つまり、「現在の80万円」は「6年後の96万円」ということなのです。

 

96万円(年利3%で6年間80万円を運用した額)>85万円(ローン返済額)

なので、借りるという決断をしたということです。

②持株会で自社株を80万円分購入する。

あなたの会社でもし自社株を購入できる制度があるのであれば、
こちらも利用を検討してもいいと思います。

私の会社であれば、購入ごとに7%の奨励金が付いています。
なので、80万円分株式を購入すると、

80万円×1.07%=85.6

 

配当金が年に3%程度つくので、6年間株価が同じであれば、

85.6万円×1.03^6≒102

つまり、現在の80万円は6年後の102万円ということなのです。

102万円(自社株を購入した場合の金額)>85万円(ローン返済額)なので、
借りるという選択をしたのです。

 

ね?借りた方がお得でしょ?

 

 他にももう一つ重要な理由があるので、説明していきますね。

 ②将来の自分の方が時間単価が高い。結果、支払いにかかる時間が短縮できるから

 

これも重要なことだと思っています。
もし仮に、あなたが22歳だとします。6年後、あなたは28歳です。

22歳のあなたと、28歳のあなたどちらの時間単価が高いと思いますか?
もっと、簡単に言えば、どちらが1時間で稼ぐ金額が多いと思いますか?

こちらも不確実ではありますが、多くの場合は28歳であるはずです。

だから、金持ちである28歳の自分に支払いを託した方が、支払いにかかる時間は短くなるのです。

え?どういうこと?と思われる方がいると思いますので、
具体的に計算して比べてみましょう。

22歳のわたし年収300万円(時給2000円) 28歳のわたし年収450万円(時給3000円)

 

22歳のわたし:年収300万円(時給2000円)が80万円を稼ぐまでにかかる時間

これは単純な計算です。80万円を時給2000円で稼ぐのですから、割り算です。

80万円÷2000円=400時間

なので、22歳のわたしが80万円の車を買うためには400時間そのために働かねばいけないことが判明しました!

今度は、28歳のわたしが85万円を稼ぐ時間を計算してみましょう。

28歳のわたし:年収400万円(時給3000円)が85万円を稼ぐまでにかかる時間

こちらも先ほどと同じように、計算していきましょう。

85万円÷3000円≒283時間

 

22歳のわたしと28歳のわたしが車の支払いにかかる時間の差

最後は、その差を考えてみましょう。もうすでにお分かりだとは思いますが、

400時間(22歳の私が80万円を稼ぐまでの時間)-283時間(28歳の私が85万円を稼ぐまでの時間)=117時間

な・ん・と

 

117時間も差があることが判明しました。
117時間って、1日8時間労働だと仮定すると、約15日働かないといけないってことですよ。嫌じゃないですか?働くのしんどいじゃないですか。

だったら、未来の稼ぐ力の大きい自分に支払いは託しましょう。

私の場合は、80万円の車でしたので、差はそこまで大きいものではなかったですが、
200万円の車、300万円の車と金額が大きくになるにつれて、22歳と28歳では支払いにかかる差は大きくなっていきます。

なので、単なる値段だけで判断するのではなくて、その商品の購入で自分はどれだけの時間働かねばならないのか、その時間を短くするためにはどうしたら良いのかということを考えることは大事なことなのです。

参考にしてみてくださいね。最後にまとめておきます。

 

まとめ:貯金200万円の僕が、80万円の車を「現金」ではなく「ローン」で買った理由

 ①「6年後に85万円」支払うことは「現在、80万円」支払うことよりも安いから

→インデックス型投資信託、持株制度などを利用すれば、6年間で80万円→85万円以上にするのは可能

 ②将来の自分の方が時間単価が高い。結果、支払いにかかる時間が短縮できるから

→22歳で80万円稼ぐ時間と、28歳で85万円稼ぐ時間では後者の方が短い
→その商品のために、自分の時間をどれだけ費やすのかという観点も重要

 

こんなもんですかね。何かためになった情報が提供できていたのなら嬉しいです。
今回は以上です。では。