20代大手企業社員の頭の中

30歳までに会社からの卒業を目指すブログ

「水槽理論」で私は生きてる。

「水槽理論」ってあなたは知っていますか?

 

単純に言えば、 

「水槽理論=一番の強みにエネルギーを注ぐ考え方」です。

 

私はこの考え方で、大学受験、就活を乗り切りました。

それらを例に「水槽理論とは何なのか」少し見ていってくださいね。

 

ここに一つの水槽があります。

 

f:id:until30y:20171127022452p:plain

 

私は数学のみで関関同立・MARCHに入学しました。

その時の行動を図に表すと、以下のようになります。 

 

大多数の人は受験の時このようにエネルギー(水の量)を割り振ります。

 

 

f:id:until30y:20171127022653p:plain

 

これを横から見ると以下のようになります。

 

f:id:until30y:20171127022836p:plain

 

 

ですが、私は以下のように割り振りました。

  

f:id:until30y:20171127023031p:plain

 

この水槽を横から見ると以下のようになります。

f:id:until30y:20171127023005p:plain

 

 

どちらが、沢山の水がはいっているようにみえますか?

 

後者ですよね。

 

就活でも同じです。

大半の人は以下のようにエネルギー(水の量)を割り振ります。

 

 

f:id:until30y:20171127023235p:plain

すると、横(他者)から見た評価は以下のようになります。

 

f:id:until30y:20171127022836p:plain

 

 

私は以下のようにエネルギー(水の量)を割り振りました。

 

 

 

f:id:until30y:20171127023252p:plain

 

すると、他者(採用担当者)からは以下のように見えます。

 

f:id:until30y:20171127023005p:plain

 

 

 

人は努力した量(水の量)で評価するのではなくて、

その人が持っている中で最も優れているモノで相手を評価します。

 

なので、もしあなたが普段の行動の中で

得意なものには到底かなわない苦手なものに水(エネルギー)を

注ぎ続けているのであれば、一生結果は出ません。

 

結果を出したければ、あなたが得意なこと、好きなことを満タンにしましょう。

 

人は強みで評価されます。

何か1つ何でもいいからきらりと光るものをもちましょう。

 

弱みなんて気にすんな☆それが水槽理論の考え方です。

 

以上です。では。