20代大手企業社員の頭の中

30歳までに会社からの卒業を目指すブログ

初心者でも「明日から年10%所得を増やす必殺技」

おはよございます。タナカです。現在13時15分です。

 

 

 

今日は、とっても簡単に誰でも年間の所得を10%増加させる方法を紹介していきたいと思います。

 

私の手取りは288万円ですので、10%増加するとすれば

 

288万円×10%=28.8万円増加するということになります。

 

つまり、年間の手取りは288万円+28.8万円=316.8万円

 

月間の手取りは24万円(年間288万円)→26.4万円です。

 

月額にしては、2.4万円ほどと大きくないかもしれませんが、

 

2.4万円あれば、美味しいもの食べられたり、たまには旅行に出かけられたり

 

色々人生の幅が広げられますよね。

 

10年間続ければ、28.8万円×288万円ですよ!大きくないですか?

 

はい。

 

前置きが長すぎるので、本題に入ります。

 

それではいってみましょう。

 

初心者でも「明日から年10%収入を増やす必殺技」

 

持株制度を利用する(奨励金7%)

インデックス型の投資信託を利用する(年利3%)

支出を全てクレジットカードで支払う。(年利1%)

 

 

簡単に言えば、上記の方法を実行すれば、

 

年10%所得を増やすことは可能です。

 

 

具体的に数字を使って、説明していきますね。

 

 

「持株制度」を利用する(奨励金5~10%)

 

何度ものこのブログでも取り上げていますが、「持株制度」は全力で利用すべきです。

 

なぜなら、会社からの奨励金が出るからです。

 

つまり、もし仮に購入した株式の株価が上下動しなかった場合、

 

利益が奨励金分(今回は7%で計算する)得られるということです。

 

 

デメリットとして、

 

収入と資産の1か所に依存することが上げられると思いますが、

 

購入してからすぐ売却手続きをとれば、約5週間で現金化することができます。

 

そうすることで、株式をリスクにさらす時間を限りなく少なくし、

 

奨励金(7%)を低リスクで手に入れられることになるのです。

 

 

ゆえに、

私の手取り288万円×0.07%=20.16万円

私の手取り288万円×107%=308.16万円となります。

 

また、税金に関してですが、上記の数字は株価の上下動が無いことを

 

前提に考えていますので、利益に対する税金は考慮していません。

 

やや、手数料がややかかるくらいなので、このまま計算していきます。

 

参考記事→私が「給与全額」を「持株制度に突っ込んだ方が良い」と考える理由

 

 

インデックス型の投資信託を利用する(年利3%)

インデックス型投資信託とは、世界経済成長に便乗して、

低リスクで、年利3%を狙っていこうよ。という投資手法です。

(世界成長率って?→成長率3.6%に上振れ IMF世界予測、日本1.5% :日本経済新聞

 

なので、持株会で増えた所得308.16万円でインデックス型投資信託を購入すると、

 

308.16万円×3%=9.2448万円

 

ここには約20%の税金がかかるので、

 

9.2448万円×80%=7.39584万円

 

ゆえに、所得が308.16万円+7.39584万円=315.55584万円となりました。

 

インデックス型投資信託について学びたい方は以下の本がオススメです!

 

 

支出を全てクレジットカードで支払う。(年利1%)

最後は超簡単です。

 

全部現金払いではなく、クレジットカードで支払いましょう。

 

多くのクレジットカードでは、ポイント還元(1%)がありますので、それを利用しましょうと言う考えです。

 

 

315.55584万円×1%=3.1555584万円

 

315.55584万円+3.1555584万円=318.711424万円

 

 

 

結果

 

318.711424万円-288万円=30.711424万円手取りを増やすことができ、

 

 

318.711424÷288万円=1.106636888888889

 

つまり10%所得を増やせたということになります。

 

 

 

 

簡単だったでしょ?

 

 

あなたも是非、実践してみてくださいね☆

 

 

 

では!