20代大手企業社員の頭の中

30歳までに会社からの卒業を目指すブログ

「会社に頼らずに年85万円を発生させる方法」とそれがもたらす効用

f:id:until30y:20180224122129j:plain

私は「誰かに何かを強制されること」が嫌いです。

 

なので、現在の「会社に行かなければ生活ができない」状態は

少しでも早く抜け出したいと思っています。

 

そのために、

生活費を抑えるための固定費の削減

資産運用で、会社以外の場所でお金を得ること

を実行してきました。

 

その結果、年間85万円のお金を生みだせていることに気が付いたので、

その85万円の内訳と、その85万円が私に何を与えてくれているのか

シェアして行けたらなと思います。

 

それではいってみましょう。

 

会社に頼らずに年85万円を発生させる方法と、それがもたらす効用

 

まず、月々の固定費について

私と日本の平均を比べてみます。

 

①スマホ料金(差額=4400円/月)

スマホ料金を月額1500円にした方法。

 

私=2000円

平均=6400円

携帯料金・スマホ料金みんなの平均は月額いくら?節約したら何円お得?

f:id:until30y:20171219214355p:plain

 

 

②家賃(差額=4万3000円/月)

(新入社員向け)「家賃を下げること」は君を自由にする。

 

私=22000円

家賃平均=6万5000円

20代社会人シングル男女の一人暮らしデータ 2009| SUUMO(スーモ)

 

 

 

③資産運用の収益(差額=2.4万円/月)

 →初心者でも「明日から年10%所得を増やす必殺技」

 

私=2.4万円

平均=0万円 

 

*下記を参考にすると、20代で資産運用をしている割合は8%ということでした。

今回はあなたもまだ資産運用をしていないと仮定します。

20代投資家の平均割合は?思った以上に少なかった。(参考資料あり) | 20代素人の資産運用

 

 

・合計の差額(=85万6800円/年)

=4400円+4万3000円+2.4万円

=7万1400円/月

85万6800円/年

 

私の収入は360万円/年で、手取りは288万円です。

 

なので、手取り=24万円/月です。

 

85万6800円/年÷24万円=3.57

 

つまり、私は自身の3カ月半分の労働所得分のお金を

「固定費の削減」+「資産運用」で生みだせていることがわかりました。

 

 

85万円」が何を私にもたらすのか?

それは「選択肢」です。

 

意味わかりませんよね。少し聞いてくださいね。

 

 

 

あなたは、何のために働きますか?

 

やりたい仕事があるから、解決したい課題があるから

そういった方であれば、働く=幸せなのですからその時間が増えることは良い事なのだと思います。

 

しかし、あなたが「仕事=お金を得る行為」と捉えているのであれば、

 

その時間はできる限り減らしたいはず。

 

固定費を削減し、資産運用を実行すれば、

あなたが働かなければいけない時間を減らすことができます。

 

わたしが、生みだした3ヶ月半分のお金(85万6800円)は

わたしに、3ヶ月半働く?それとも休む?という「選択肢」を与えてくれます。

 

だって、

「12か月働いて得るお金=288万円/年」

=「8.5ヶ月働いて得るお金+固定費の削減費+資産運用の利益」だから。

 

もしこの金額が大きくなっていけば行く程、

わたしの「自分の人生を選択できる力」が大きくなっていきます。

 

もっと、その力を自ら考えて行動して大きくしていければいいですね!

 

 

今回は以上です!