20代大手企業社員の頭の中

30歳までに会社からの卒業を目指すブログ

「ブログで月10万円」発生させるために必要な3つのこと

f:id:until30y:20180225192337j:plain

 

みなさんこんばんわ。タナカユウ(@tanakayu30)です。

 

本日は、コブログ を運営されている小太りさんの

「副業ブログで10万稼ぐ方法」セミナーに行ってきました。

f:id:until30y:20180225163259p:plain

 

2時間のセミナーだったのですが、その中で私が重要だなと考えたことを3つに絞ってまとめました。

 

「ブログを始めたばかりの方」「ブログが収益に繋がっていない方」にとってためになる話があると思いますので、良かったら見ていってください。

 

 

「ブログで月10万円」発生させるために必要な3つのこと

①圧倒的な「記事の量」

 

 

理由:

→記事数が多いサイトはgoogleから信頼されやすい

→googleから信頼されると、検索上位になる確率が高まる

→検索上位になると、pv数が増加する

→pv数が増加すると、収益に繋がる

 

上記の理由が、「量」が必要である主な理由です。

小太りさんの他にも有名なブロガーさんも「行動の量」の重要性を述べておられるので、一つの真理なのではないかと思います。

 

私みたいに大したことの無い人は、「つべこべ言ってないで書け!」って話です。

気合入れて根性入れてまずは量を大事にしましょう。

 

しかしながら、

「量」を書くと言っても、ブログを書きなれていない初心者には難しいですよね。

なので、継続して記事を生み出すために必要なことも同時に挙げられていました。

 

自分のペースでいい

youtuberやプロブロガーの方の中には、毎日更新を掲げられている方も多くいらっしゃると思います。ですが、今回はそういったことはオススメされておらず、週に1度、月に1度でもいいとのことでした。

 

理由としては、ブログを始めたばかりだと何を書いたらいいのか分かっていないことが多いので、「書くこと=しんどいこと」の場合が多いはず。だからこそ、書くことをしんどくないことにするために、徐々にでいいからなれていきましょう。

 

初めに頑張って(月20記事)1ヶ月で辞めることよりも、

月に2度の更新を1年継続した方が記事の総量は大きくなります。

(2記事×12ヵ月=24記事)

 

また、プロブロガーなどの「トップレベルの人=化け物」だから、

同程度のレベルの事をすると、すぐしんどくなってしまいます。

 

だからまずは、継続的に記事をだせるように、

ハードルを下げて少しずつ更新していきましょうとのことでした。

 

好きなことを書く or 嫌いなことは書かない

 

小太りさんも、はじめは「収益率が高い」という理由で、全く興味の無い商品の紹介をしていたことがあったみたいです。

 

しかし、好きでないものを書くと気分が乗らず、結果的に内容の薄い記事になってしまい、結果商品も売れないし、読まれる回数も少なかったそうです。

 

だからこそ、好きなことを書くということをオススメされていて、具体的には以下のようなサイクルが生まれるとということでした。

 

好きなことを書く

→関心がある分野だから、専門性の高い記事が書ける

→多くの人に読まれる

→お金が発生する

→楽しい

→好きなことを書く・・・

 

やっぱり、自分が興味のないことって「熱」が入らないんですよね。

その「熱量の無さ」ってやっぱり相手に伝わってしまって、「自分がつまらない=相手もつまらない」んです。

 

逆にいえば、「自分が好き=相手に伝わる」の方程式も成り立つはず。

好き、want、を大事にしていきましょう。

 

「ブログを書くこと=当たり前」な環境に身を置く

 

これが一番個人的に大事だと感じました。

 

周りの「普通」が自分の「普通」になるっていうのは私自身も感じています。

 

例えば、

私が「日本語を話せる→周りの人間(親、先生、友達など)が日本語を話していたから」「小・中学生の時、学校に登校していた→周りがそうしていたから」です。

 

もし、アメリカに生まれていたら英語を話し、日本語は話せなかっただろうし、

もし、今から2000年前に生まれていたのであれば、英数国社理なんて学んでいないんです。

 

つまり、これまで自分がブログを書いてこなかったのは、周りの皆がブログを書いていなかったからで、反対に、自分の周りがブログを書いていたら、自分もブログを書くようになるということです。

 

だから、そういった「ブログを書く事=当たり前」の環境を創るために、

セミナーオンラインサロン、ブロガーが多くいるコワーキングスペースの利用を勧められていました。

 

②「誰に」「何を」提供するのか明確にする

理由:

→ターゲットを明確にして書く

→購買意欲の高い読者に文章を届けることができる

→結果、商品を購入してくれ、収益につながる

 

ブログの最終目標は、読者に商品やサービスを購入してもらうこと

 

小太りさんの収益10万/月の内訳は、以下のようでした。

Amazon物販→8万円

Googleアドセンス→1万円

アフィリエイト→1万円

 

見ての通り、Amazon物販が全体の8割を占めていることが分かります。

 

ブログを始めたばかりでは、pv数が少なく、pv数におおよそ比例するGoogleアドセンスからの収入はあまり見込めないとのことでした。

 

だからこそ、1人1人に突き刺さる文章を書き、読者に商品を購入してもらわなければなりません。

 

そのためには自身が記事を書く際には

誰のために、何のために書くのかを明確にしていないといけません。

 

だから、まず記事を書く前に

記事内に、誰に書くのか→〇〇〇、何のために書くのか→△△△

を書いておき、記事の作成途中に都度、見返しながら書くとのことでした。

 

そうすることで、これはターゲットに伝わり難いな、何を提供したいのか不明確だなということを自覚できやすくなるそうです。

 

③検索流入を意識する

理由:

→ブログの価値は「資産化」すること

→検索流入が取れる記事=継続的に読まれる記事

→継続的に読まれる記事は、1年後、10年後も安定的な収益を発生させる

 

ブログの良さは、継続的な収入を働かなくても発生させることです。

労働収入(会社からの給与、アルバイトなど)は、働くことを止めれば一切収入が発生しませんが、ブログは違います。

 

 ブログは資産化する。つまり、記事が増えれば増えるほど頑張らなくてよくなっていくのです。

 

だからこそ、今だけでなくて、

明日も明後日も、1年後も10年後も、読まれる記事を書く必要があるのです。

 

そのためには検索流入を意識した文章を書かないといけません。

そのためには、炎上や、バズ、SNSからの流入に頼らない必要があります。

 

炎上や、バズ、SNSからの流入は一過性

これまで、

ヒカルさんのVALUE騒動、ベッキーとバンドマンの不倫、はじめしゃちょーの浮気騒動

など、有名人が、世の中を賑わしてきましたし、これからも同様の事は起こるでしょう。

皆が注目しているそれに乗っかって記事を書けば、ある程度のアクセス数は得られると思います。

 

しかし、そういったことはしてはいけません

なぜなら、その記事は1年後、価値がないものになってしまうからです。

 

①圧倒的な「記事の量」の項目でもあげましたが、一度の大きいアクセスよりも、継続したアクセスの方が結果的に総量は大きくなります。

 

1ヶ月で3000人に読まれるが、それ以降0人の記事よりも

1ヶ月で30人にしか読まれないが、10年間読まれる記事の方が、

総量(3600人)は大きくなるのです。

 

だからこそ私は、これからこれからも継続して一定の注目が得られる

「就活」「お金」「会社生活の悩み」について書いていきたいと思います。

 

あなたも、記事の選定をする時は、「継続的に読まれるものか」ということを

意識されるといいかもしれませんね。

 

最後にまとめておきます。 

まとめ:「ブログで月10万円」発生させるために必要な3つのこと

 

①圧倒的な「記事の量」

 

→記事数が多いサイトはgoogleから信頼されやすい

→googleから信頼されると、検索上位になる確率が高まる

→検索上位になると、pv数が増加する

→pv数が増加すると、収益に繋がる

 

②「誰に」「何を」提供するのか明確にする

 

→ターゲットを明確にして書く

→購買意欲の高い読者に文章を届けることができる

→結果、商品を購入してくれ、収益につながる

 

③検索流入を意識する

 

→ブログの価値は「資産化」すること

→検索流入が取れる記事=継続的に読まれる記事

→継続的に読まれる記事は、1年後、10年後も安定的な収益を発生させる

 

どうでしたか?少しは参考になる内容があったでしょうか?

少しでも役に立つ内容が提供できたのであれば、幸いです。

 

今回は以上です。では。