20代大手企業社員の頭の中

30歳までに会社からの卒業を目指すブログ

私が「時間を守るために行っている頭おかしい行動10選」Part①

f:id:until30y:20180303201808j:plain

はあい。こんばんわ。洗濯って無駄でしかないよなと日々思うタナカユウ(@H9NXp7VN0SZ3Tng)です。

 

てなわけで、今日も書いていきたいのですが、以前私はこんな記事を投稿しました。

 

www.tanakayu30.com

 

俺はブログ記事一杯書くよ。という対して内容の無い記事なのですが、

(私って体育会系(バカ)だよなあ。って読み返すとしみじみ思います。)

こういった宣言をしたばっかりに1日で1.4記事以上書くことがノルマになってしまいました。。

 

けれども、私は会社員、毎週5日会社に行っております。そして1人暮らし。自分の事は自分でせねばなりません。

 

ということは時間が無い!!のです。

だからこそ、何も考えていないと失われていく時間に対して人一倍敏感であるということは自負しています。時間を守るために必死なのです。

 

「え?そんなとこまで気にしてるの?気持ち悪。」くらいのレベルには。

 

読者の方の中でも、時間が無いな、なんかうまいこと時間を創る方法はないかなと考えておられる方もおられると思いますので、そういった方にとって小さな気づきを与えられればなと思っています。

 

それではいってみましょう。

 

私が「時間を守るために行っていること10選」

 

①残業しない

 

まずは、これから。当たり前ですよね?もちろん早朝出社もしませんよ。

誰よりも一番遅く出社し、誰よりも早く帰ります。

 

私の同期に毎日5時間残業している人がいますが、彼を例にそこで失われている時間を計算してみましょう。

 

5時間×20日(1ヶ月)×12か月(1年)=1200時間

1200時間÷24時間(1日)=50日/日

 

新入社員22歳→定年60歳までの38年間残業を継続した場合

 

50日×38年間=1900日≒5年

 

ご、ご、5年????????????

 

自分で計算しましたけど、驚きました。

1日5時間の残業で、こんなにも時間が失われているとは。

 

気を付けましょう。

 

②飲み会に参加しない

 

これも、私の記事を読んでいる方であれば何度も聞いていると思います。

ですが、初めての方もおられると思いますので、もう一度。

 

私は、新入社員という身分で、幹事を任されたにもかかわらず帰宅したという伝説を持っています。(会場を予約し、会費は集めましたが、当日の支払いは他の方にお願いしました)

 

勿論その後も、そのような姿勢は継続しており、

「忘年会の出欠確認、、、」のようなメールがこようものなら、

誰よりも早く即リプです。飲み会への断りメールで私より仕事が早い人は会社にはまだ現れていません。

 

てなわけで、ここも計算してみましょう。

飲み会:3時間、頻度:月に1度とします。

 

3時間×12か月(1年間)=36時間

36時間×38年間(22歳→60歳まで勤務と仮定)=1368時間

1368時間÷24時間(1日)=57日

 

57日?????

 

これもまあまあ大きいですね。約2カ月ですので、

それだけの時間があったら世界1周できちゃいますね。

 

凄い大きな時間だ。絶対飲み会行かずにいよう。(笑)

 

③勤務時間中に食事を取る

 

ここらへんからちょっと高レベルになっていきますね。

 

勤務時間中に食事を取る??けしからん!!!!そう思われた方もいると思いますので、きちんと説明しますね。

 

私は、昼休みに食事を取らずに、ブログの更新をしています。

昼休みは1時間ですから、その貴重な時間を私は守りたいのです。

 

勤務中に食事を取るなんてありえないと思われる方も居られるかもしれませんが、案外大丈夫です。なんとか会社員を続けていられていますので。

 

具体的にはカロリーメイトと野菜生活!

 

 

これらであれば、全然余裕です。

業務が一息ついた時や、メールを見ながらであっても食べれますし、飲めます。

注意されたこともないので、大丈夫。(だと思っています)

なので、そうしています。

 

こちらも計算してみましょう。

 

昼休み(1時間)×20日=20時間

20時間×12か月(1年間)=240時間

240時間×38年間(22歳→60歳まで勤務と仮定)=9120時間

9120時間=380日≒1年

 

これもまあまあ、大きいですね。昼休みという小さな時間でも

積もれば大きな時間になります。1年という時間があれば何が出来ると思いますか?

 

偏差値30から東大へ合格できるかもしれないし、

80キロから60キロへのダイエットも可能でしょう。

1年間片思いの末に、あの子と一緒にいられる可能性もあるでしょう。

 

何が言いたいかと言いますと、1年は人生を変えうる。ということです。

よし、次行きましょう。次。

 

④会社まで片道10分のところに住む

 

これも、私の中では当たり前なのですが、

まだまだ大量にいますね。満員電車に揺られながら通勤に往復2時間かけている人。

 

もし、あなたがそうなら注意が必要です。通勤なんかに時間を奪われていてはもったいないですよ。

 

こちらも計算すると、2時間×20日×12か月=480時間/年

480時間×38年間(22歳→60歳まで勤務と仮定)=18240時間

18240時間÷24時間=760日≒2年

 

これも凄い大きい。

 

会社の近くは家賃が高いという反論へ

 

変わるといっても、3.4万円でしょう。

それを高いまたはケチってしまうのはあなたが貧乏だからです。

そのまま時間を消耗していれば、あなたの単価はそのままです。

 

その2年と言う時間をあなたの生産性を上げる行為に使っていきましょう。

3.4万円なんてすぐ回収できるようになりますよ。

 

10選全て公開すると、長くなりすぎてしまうので、一旦ここでおしまいにします。

どうでしたか?参考になる情報はありましたでしょうか?

 

皆さんも是非やってみてくださいね!

今回は以上です。では。

 

次はこちらです!

私が「時間を守るために行っている頭おかしい行動10選」Part② - 20代大手企業社員の頭の中