20代大手企業社員の頭の中

30歳までに会社からの卒業を目指すブログ

利率70%越えなのに40万の利益「株式投資で元金の小ささは致命的」

f:id:until30y:20180305193049j:plain

こんばんわ。引きこもり会社員のタナカユウ(@H9NXp7VN0SZ3Tng)です。

最近、「タナカ君ってインキャだよね。」と言われました。完全同意です。

 

よし今日も頑張っていきまっしょい。ってことで書いていきますが、まずはこちらのツイートを見てください。

 

私は、株式投資を行っているのですが、その株価が70%以上上昇しました。

 株価が短期間で70%上昇する事はなかなかあることではありません。

(世界経済の成長率は約3%と比べても20数倍ということがわかります。)

 

しかし、得られた利益は40万円ほどです。(利確するつもりは全くありませんが)

 

今回は、株価が大きく上がっても、小さな利益しか得られなかった、今日の経験から学んだことをシェアしようと思います。

 

現在、株式投資をしている方、これからしようと思う方にとって、

少しはためになる情報があると思います。

 

 

株式投資は元本の大きさが全て

 

ツイートにもかいてありますが、

 

1万円の10倍は10万円

10万円の10倍は100万円

100万円の10倍は1000万円

1000万円の10倍は1億円

 

最初、1万円と10万円には9万円の差しかありませんが、

株価が10倍になってから比べると、そこには90万円の差が生まれます。

 

また、100万円と1000万円の差は900万円ですが、

株価が10倍になってから比べると、そこには9000万円の差が生まれます。

 

株価が100%上昇しても、

10万円は10万円(20万円)の利益しか生みませんが、

 

株価が20%の上昇でも、

1000万円は、200万円(1200万円)の利益を生みます。

 

元本の大きさは全てを覆すのです。どんなに株価が上昇したって、

1万円では、大した金額を得られないのです。

10万円では、莫大な富は築けないのです。

 

できるだけ早く、少しでもいいから元金を大きくしよう。

 

 

私は、以前資産が160万円でした。しかし、株価の下落や100万円近くのクレジットの支払いが重なり、50万円程度の資産になってしまったのです。

 

もし、160万円の資産で株を保持していたのであれば、

160万円×1.74(74%株価上昇)=278.4万円(118.4万円の利益)です。

 

しかし、50万円程度に原本を少なくしてしまったので、

54万円×1.74(74%株価上昇)≒94万円(40万円の利益)となってしまったのです。

 

78万円の差です。大きいですよね。

 

だから、1万円でもいい。10万円でもいい。

ほんの少しでもいいから、投資に回しましょう。

 

1万円なら、飲み会2回断るだけで得られるでしょうし、

10万円なら、家賃を2万円下げれば5か月で回収できます。

 

100万円投資に回せたら、人生がひっくり返る可能性がうんと上がります。

100万円が10倍になったら1000万円です。

 

100万円では人生は変えられませんが、1000万円くらいになってくると、

人生を変えうる金額になってきます。

 

だから、少しでも若い時に、リスク取って、お金を投資に回していきましょう。

リスクを取らない姿勢は大きな機会損失を生むのです。

 

 

今回は以上です。では。