20代大手企業社員の頭の中

30歳までに会社からの卒業を目指すブログ

新入社員は「投資」を始める絶好の時期!君が知っておくべきお金の事実5選

f:id:until30y:20180411180110j:plain



こんばんわ。タナカユウ(@tanakayu30)です。

今回は、新入社員のみんな、投資始めようよ!っていう話です。

新入社員の皆さんは、会社に入り、毎日の一つ一つの出来事が新鮮で刺激的な日々を過ごしていると思います。

そんな中、より生活を充実するために何かを始めようと思ってはいませんか?
もしそうなら、私は「投資すること」をおすすめします。

会社で任される仕事は始めは簡単なもので、同期との給与にいきなり差がつくことはほとんどありません。

しかし、お金の知識は今身に付けることで、大きな差が一瞬でうまれます。
新入社員のあなたが、今力を注ぐべきことは、会社での仕事ではなく、お金の勉強です。

今回は、新入社員のあなたが知らないであろうお金の事実を伝えることで、
投資を始めるきっかけになればいいなと思います。

それではいってみましょう。

 

新入社員は「投資」を始める絶好の時期! 君が知っておくべきお金の事実5選

 

①アメリカ人と日本人の資産には10倍の差がある

②投資で1億稼ぐと残るのは8000万、労働で1億稼ぐと残るのは5000万

③5400万円の資産は、君を働くことから解放する

④時間は金になる

⑤銀行にお金を預ければ利息がもらえるのは、銀行があなたのお金で儲けているから

 

 

①アメリカ人と日本人の資産には10倍の差がある

 

まず知って欲しいのがこちら。アメリカ人は金持ちで、日本人は貧乏っていう話です。
その理由が、アメリカ人が投資し、日本人が投資していないという簡単な理由なのです。

実際、1995年~2016年の20年の間に、アメリカ人は6478兆円資産が増えましたが、日本人は633兆円しか増えていません。

そこには10倍以上の差があるのです。なぜそんなに差ができるのか。
アメリカ人の方が給与が高いから?生産性が高いから?

いいえ、それはただ単にアメリカ人が投資をしているからです。
だから、私はあなたにも投資を始めて欲しいのです。するかしないかで10倍の差が生まれるのが投資なのです。

ん?どうゆうこと?となる方がほとんどと思いますので、金融庁が発表した以下のデータを見てみましょう。

  

f:id:until30y:20180411181357p:plain

 

f:id:until30y:20180411181614p:plain

 平成28事務年度 金融レポートについて:金融庁

 

上記の図のポイントをかいつまんで説明していきます。

日本人は2割がリスク資産、アメリカ人は5割がリスク資産

まずはこちら!リスク資産が全資産に占める割合がアメリカ人の方が多いということです。日本人は50%が預金ですからね。そりゃお金増えませんって。

インデックス型投資信託であれば、年3%のリターンが見込めますので
もし日本人、アメリカ人共に1000万円持っていた時の資産の増加量の差を比べてみると、

日本人:リスク資産200万円(全体の2割)×3%=6万円

アメリカ人:リスク資産500万円(全体の5割)×3%=15万円

現金の割合を少なくし、投資に回すだけで9万円の差が生まれました。

総資産がもっと大きければ、より多くの差が生まれるのです。

 

確定拠出年金で、日本人は55%が元本保証型、アメリカ人は6%

新入社員の方は、強制的に確定拠出年金に入会させられた方も多いと思います。
そんな、確定拠出年金ですが、もしかして元本保証型の金融商品を選んでいませんか?

それはアホです。もしそうしてしまっているのであれば、変更できる期間が年に2度ありますので、変更しましょう。

先ほども述べましたが、インデックス型投資信託であれば年利3%が見込めます。

アメリカ人はお金をリスクに晒しているからこそ、大きなお金を得ることができているのです。日本人は損することに対してビビりすぎです。

どんどん、リスク取っていきましょう。

日本人は、収入の9割を労働で、アメリカ人は収入の25%を資産運用で

これも知っておくべき情報ですね。

単純に両者ともに年1000万円の収入があるのであれば、
日本人は900万円を労働から、残り100万円も資産運用から得ているということになります。

反対に、アメリカ人は750万円を労働から250万円を資産運用から得ているのです。

アメリカ人は自分で働くだけでなく、お金にも働かせているのです。
だから、楽に、しかも大きなお金を得ることができているのです。

 

②投資で1億稼ぐと残るのは8000万、労働で1億稼ぐと残るのは5000万

 

知っていました?
投資で稼いだお金への課税率と、労働で稼いだお金への課税率は異なるのです。

労働への課税は、あなたも聞いたことがあると思いますが、累進課税制度です。
ご存じだとは思いますが、累進課税制度とは収入が増加するたびに、課税率が上昇する制度です。

f:id:until30y:20180411200218p:plain

年収100万~2000万円の税金(所得税・住民税)を詳しく解説!|平均年収.jp

また、資産運用にかかる税金は約20%です。

 

なので、超シンプルに4000万円労働で稼いだ場合と、4000万円資産運用で稼いだ場合手元に残るお金を比べてみると、以下のようになります。

労働:2200万円{4000万円×(100-45)%}

資産運用:3200万円{4000万円×(100-20)%}

 

この結果わかる通り、同じ額を稼ぐのであれば資産運用で稼いだ方が得なのです。
あなたは働けば働くほど、税金を取られていきます。頑張れば頑張るほどしんどくなるのです。

なので、少しずつ資産運用から得る収入の割合を増やしていくことが大切なのです。

 

③5400万円の資産は、君を働くことから解放する

 

5400万円を年利3%で資産運用すれば、月々13.5万円の不労収入が得られます。

これは、フィリピンをはじめとする途上国5人暮らしの3倍近い収入で、
これだけあれば、子供三人を日本の大学に行かせても、なお死ぬまで暮らせる収入が継続的に発生します。

年100万円貯金すると仮定すると、5400万円が貯まるのは今から54年後です。
資産運用をすれば、その時間を短縮することができます。

 

私は30歳までに「会社を辞められる定義=月13.5万円の不労収入の創造」を目指してる。 - 20代大手企業社員の頭の中

 

 ④時間は金になる

 

新入社員の方であれば、多くは現在22歳でしょう。
君にはスキルも無く、お金もなく、人脈もない。

しかし、ただ一つだけそんなあなたでも大量に持っているモノがあります。 

それが「時間」なのです。
定年を60年とすれば、それまでに38年間あります。
38年という時間はお金になります。

時間はお金になりうるのです。
例を見てみましょう。

年利3%で資産運用した場合(インデックス型投資信託)

100万円を1年間運用すると103万円になります。

100万円を10年運用すると134万円

100万円を38年運用すると307万円になります。

つまり、運用する期間が長ければ長いほどお金は増えていくのです。
新入社員のあなたはその大量にある時間を有効活用すべきなのです。

 

 

⑤銀行にお金を預ければ利息がもらえるのは、銀行があなたのお金で儲けているから 

 

銀行にお金を預けていればお金がもらえる。
お金を保管させてもらってるのに、お金も追加でもらえるなんてお得なんておもってはいませんか?

あなたが銀行から、利息としてお金がもらえるのは、銀行があなたのお金を使ってそれ以上儲けているからです。

あなた:100万円を預ける

銀行:100万円を企業に貸す→105万円で返してもらう

あなた:銀行から100円もらう(100万100円)

つまりあなたが、銀行のようにお金を貸す側(投資)になることができれば、
もっと多くのお金を手に入れることができるのです。

お金は預けている場合じゃないですよ。世の中に貸していきましょう。

まとめ:新入社員は「投資」を始める絶好の時期! 君が知っておくべきお金の事実5選

①アメリカ人と日本人の資産には4倍の差がある

②投資で一億稼ぐと残るのは8000万、労働で一億稼ぐと残るのは5000万

③5000万円あれば、働かなくても生きていける

④時間は金になる

⑤銀行にお金を預ければ利息がもらえるのは、銀行があなたのお金で儲けているから

 

今回は以上です。では。