20代大手企業社員の頭の中

30歳までに会社からの卒業を目指すブログ

(20代会社員向け) 若手社員が残業するとかマジでアホだと言える3つの理由

f:id:until30y:20180413192353j:plain

こんばんわ。タナカユウ(@tanakayu30)です。

今回は、「若手社員の残業がいかに無意味か」書いていきたいと思います 。

会社員として働いていると、

上司が残業してるし、
定時で帰るの気まずいし、

みたいな理由で周りに流されて、残業をすることがあると思います。

あなたが残業が好きでやっているのであれば、どんどんやればいいと思いますが、
もし周りの雰囲気にのまれて嫌々やっているのであれば、即効でやめるべきです。

なぜなら、20代で残業するのは時間の無駄だからです。

 

なので、今日はなぜ若手社員の残業が無駄と言えるのか3つ理由を述べることで、
明日からあなたが「定時退社」できる勇気を持つきっかけになれたらなと思います。

それではいってみましょう。

 

若手社員の残業が無駄と言い切る3つ理由

 

①会社生活の中で20代が最も労働単価が低いから

②20代の自由時間>40代の自由時間だから

③残業よりも、自分でビジネスをした方が得だから

 

①会社生活の中で20代が最も労働単価が低いから

まずはこちら!20代は時給が低いからです。

日系企業で働いていくにあたって、基本的に給与は年功序列です。
(そうでない会社に勤めている方は、ガンガン働きましょう。)

つまり、20代より30代、30代より40代の方が給与は高いわけです。

だったら、今たくさん働くよりも、40歳になってからたくさん働いた方がよくね?って話です。

良くわからない方もいると思いますので、一緒に計算してみましょう。

20代で年収400万円(時給2000円)、40代で年収800万円(時給4000円)の場合

これは非常にシンプルで、100万円を稼ぐとすると、
20代の時は、500時間(100万円÷2000円/時間)
40代の時は、250時間(100万円÷4000円/時間)かかります。

 

その差何と、250時間です。1日7時間労働と仮定すると、約36日です。

だったら、今働くよりおじさんになってから働いた方が得ですよね。

時間単価が低い今残業して、たくさん働くのはコスパ悪いのです。
やめましょう。

 

②20代の自由時間>40代の自由時間だから

年齢が上がれば時間単価が高くなるので、自分が40歳を超えてからどんどん残業したらいいということはわかったと思います。

次は、余暇の時間の価値について書いていきたいと思います。

ハッキリ言って、40代で遊ぶのと、20代で遊ぶのであれば、後者の方が絶対楽しいです。

だから、20代は残業なんてせず、合コン行って、女の子といちゃいちゃして女の子といちゃいちゃしましょう。

って、言われても主観的すぎるので、具体例を少しあげておきます。

20代の方が、40代よりもモテる

これは女性の場合の方が顕著だと思いますが、
あなたがもし20代であれば現在のあなたは、あなたがこれから歩むであろう人生の中で一番かわいいです。だから、そのかわいさを使わないのはもったいないのです。

もし、ここに20代のあなたと、40代のあなたがいたとしましょう。
あなたに好きな人ができて、告白するとします。

20代のあなた「好きです」40代のあなた「好きです」

世の男性ならわかると思いますが、100%の男性は前者を選びます。

なので、残業するくらいなら、若いうちにちやほやされてちやほやされてちやほやされた方がいいです。合コンで男をたぶらかしましょう。デートで奢ってもらいましょう。

かわいいあなたに世の男はお金をじゃんじゃん使います。残業なんてせず、男にお金をださせましょう。

男性の場合も一緒で、20代のあなたが100人の女性に声をかけて連絡先を聞ける確率と40代のあなたが連絡先を聞ける確率であれば、前者の方が絶対高いです。

だから、残業なんてせずに、女の子に声をかけましょう。

40代のあなたは全力で走れない

先ほどは見た目を主に取り上げましたが、体力も20代の方が40代よりも上です。

20代であれば、体力もまだあるので、仕事後にフットサルやテニスなど汗を流すこともできるでしょう。全力で走ってもまだ平気なはずです。

しかし、40代になると違ってきます。
体力も20代の頃とは比べものにならず、全力で走ろうものなら死ぬ可能性だってあります。

つまり、残業するくらいなら、いましかできないスポーツなど体力のあるうちにしかできないことをやった方が得なのです。

40代のあなたはお金は稼げますが、思いっきり走れません。
だから、働くより、思いっきり遊んだ方が得なのです。

 

会社での地位は40代の方が上かもしれませんが、一歩会社の上に出れば、20代のあなたの方が上なことは多くあるのです。その時間を大切にしましょう。

 

③残業よりも、自分でビジネスをした方が得だから

 

最後になりますが、残業するくらいなら、その時間で自分のビジネスに時間を割いた方が得だよねという話です。

ここで質問ですが、
若手社員のあなたはその会社に一生居続けるつもりですか?
会社辛くないですか?やめられるならやめたくないですか?

だったら、やめられる力を身に付けるために時間を割いた方が良いのです。

 

一つの収入源に依存するのは危険

残業をして、身に付くのは会社内で生きていくためのスキルです。
一度会社を離れれば、その多くは役に立ちません。

つまり、いくら会社で役に立つスキルを身に付けようとも、あなたは明日も明後日も1年後も10年後も会社にはいかねばならないのです。

なぜなら、社内で役に立つスキルしかもっていないからです。

そこで、一生生きていくつもりならかまいませんが、もしそうでないのであれば、
会社以外の場所から収入を得る力を20代の内から身に着けていく必要があります。

もし、会社以外の場所から月10万円の収入があれば、転職だって気軽にできるでしょう。もしかしたら、独立だってできるかもしれません。もちろん、会社に残ったって構いません。

ですが、そういった複数の選択肢を持てるのは、会社以外の収入が確保されてからです。

なので、20代の間は、人生の選択肢を増やすために残業をせず、自分のビジネスに時間を割きましょう。

 

私は、ブログと株式投資に力を入れている

例えばですが、ブログを書いてもいいと思います。

私は現在このブログから月3000円ほどの収入を得ています。
これからどうなるか分かりませんが、1万円10万円となれば、もっと自由に人生を選択できるようになると思います。

ブログを書くのはお金もかかりませんので、試してみてもいいと思います。

また私は他にも株式投資にも時間を割いていて、暇なときは情報収集をしています。
株式投資も、うまくなれば会社員で稼ぐよりも一瞬で多く稼げるので
試してもいいと思います。

 

 

周りにそんなことやってる人がいないって?
いいや、やっている人はやっています。あなたが知らないだけです。
やりましょう。

 

最後にまとめておきます。

まとめ:若手社員の残業が無駄と言い切る3つ理由

①会社生活の中で20代が最も労働単価が低いから

②20代の自由時間>40代の自由時間だから

③残業よりも、自分でビジネスをした方が得だから

 

今回は以上です。何か参考になったことがあれば幸いです。では。