20代大手企業社員の頭の中

30歳までに会社からの卒業を目指すブログ

【気付いてしまった】会社を辞めたい人が最初にやるべきことは「会社を辞めること」

f:id:until30y:20180429224143j:plain

こんばんわ。タナカユウ(@tanakayu30)です。

 

今日は、会社を辞めたい人が、最初に実行すべきことは会社を辞めることだと考える理由について書いていけたらと思います。

 

「会社辞めたい」

 

会社員であれば誰もが1度は思ったことがあるでしょう。

 

で、その会社を辞めるという目標に対して人は様々なことをします。

たとえば、以下のようなものです。

 

・優位に転職活動を進めるために、資格勉強に励む

・一攫千金を狙うために、株式、仮想通貨などの投資に手を出す

・副業を始め、個人で稼ぐ力を徐々に築いていく

 

私自身は、現在下の2つに取り組んでいるのですが、

ふと、あれ?私がまず最初にやるべきことは、株式投資でも、ブログをはじめとする副業でもないのではないかと思うことがありました。

 

なので、今回は私の気づきをシェアすることで、

現在会社をやめるために奮闘している世の会社員の方に「今すべきことはなんなのか」考えてもらうきっかけをつくれたらなと思います。

 

それではいってみましょう。

 

会社を辞めたい人が最初にやるべきことは「会社を辞めること」

 

きっかけはこのツイートだった

 

 

思わず「いいね」してしまったのですが、このイケダハヤトさんが言っていることは的を得ていると感じてしまいました。

 

多分自分自身でも気付いてはいたのですが、その事実から目を背けていたのだと思います。このツイートをみた瞬間「やっぱりそうだよね」と思ってしまったのです。

 

なぜか。これから詳しく説明していきますね。

 

英語を話せるようになるために、最初にするべきことは英語を話すこと

 

私は以前、TOEIC945保持者が語る「英語を話せるようになるため」に一番大事なことという記事を書きました。

 

その中で、私は以下のようなことを述べました。

 

英語が話したい?だったら日本語話してんじゃねぇよ。

英語話したいなら、下手でも、伝わらなくても、わけわからなくても、英語で話せ!

英語を話したいのに、日本語話してるとかアホなの?

 

これは本当に真実で、英語を話せるようになるために大事なことは英語を話すことで、

英単語を記憶することでも、TOEICの点数を上げることでもなく、英語を使って、誰かに自分の気持ちを伝えてみることなのです。

 

で、伝えて初めて、あ、おはようって英語でなんて言うのかな?

good morningって言うのか。よし、次はきちんとgood morningって英語で言おう。

英語を話すために必要な何かを探し始められるようになるのです。

 

定時で帰りたい人が最初にやるべきことは「定時で帰ること」

 

私は以前、以下の2記事を書きました。

【残業経験なしの会社員2年目直伝】定時退社に必要な3ステップ 

絶対「定時退社」できるマインドセット 

 

あなたももう察しているとは思いますが、

その中で、私は定時で帰りたいのであれば、まず定時に帰ろう。ということを述べています。

 

これも真理だと思っていて、

 

定時で帰られないのは、時間が無限にあると考え、集中力の低いまま仕事に取り組んでいるからです。

テストの前日猛烈に勉強ができるのは、今やらなければいけないことだと決まっているからです。期限=明日と明確に設定されているからです。

 

定時で帰ることも一緒なのです。

 

定時で帰るとさえ決めてしまえば、いかに定時までに仕事を終わらせるかという思考回路に切り替わります。

 

無駄な会議はでないようにしよう。

他の人に仕事を振り、自分にしかできない業務に集中しよう。

 

と、定時に帰るために必要な行動を自然ととれるようになるのです。

 

だからこそ、定時に帰りたい人は何よりも先に定時で帰るべきなのです。

 

だったら、たぶん、いや確実に、会社を辞めたい人が最初にやるべきことは「会社を辞めること」

 

ってなりますよね。つまりそういう事なのです。

 

現在私は、株式投資をしたり、ブログを書いたりなど、

会社以外の場所から収入を得る行為に力を注いでいます。

 

ただ、ぶっちゃけ株式で損しようが、ブログからの収入が0になろうが生きていけるんですよ。だって会社から給与がもらえているから。

 

つまり、ガチじゃないんですよ。サッカーで言えば公式戦ではなくて、練習試合、

受験で言えば、本番ではなく、模試、就活で言えば、本試験ではなくて、インターンの選考みたいな。

 

やっぱり、練習試合と公式戦には差があるし、

練習で結果を出す作業と、公式戦で結果を出す作業は似て非なるものなのです。

緊張感とか、「その日に決めなければいけない」という重要さが異なるからです。

 

だからこそ、早く本番の空気になれることが必要で、それは個人で稼ぐ力を身に付けるということでも一緒なのだと思います。

 

個人で稼ぎたい?だったらまずは個人になれ。

つまり、会社に雇われていないで、いますぐ1人で稼ぎ始めろ。

ということです。

 

最後に

 

そういうことなのです。ああ、私は会社を辞めたいのなら、すぐにでもやめるべきなんだ。そうかそうなのか、でもなー、稼げる自信ないなー。給与0かああ。

 

えーどうしよう。

誰かー。え?本気でどうしたらいいの?やめる?やめない?←いまここ

 

今回は以上です。では。

 

関連記事:

【あなたはいくつあてはまる?】1年働いて分かった「大企業に向いてない人の5つの特徴」

あなたの会社依存度は何%?会社から自由になるために取るべき行動