20代大手企業社員の頭の中

欲しいものには手を伸ばしていこうよ。

【TOEIC945保持者が語る】TOEIC900を取得して得たもの、失ったもの

f:id:until30y:20180527211705j:plain

 

 

f:id:until30y:20170914114739j:plainf:id:until30y:20170914114723j:plain 

 

TOEIC900

 

英語の勉強をしよう。

そう決めたときに一つの目標となる数字ではないでしょうか。

 

いったい皆さんはTOEIC900という数字にどんな印象を抱いていますか?

 

「英語ペラペラ」

「海外で働いていける。」

「なんかすごそう。」

 

色々な意見があるとは思います。

 

私も、大学2年生の時にふと本気で英語を学ぼうと思い、半年の語学留学期間を経てTOEIC340→900を達成しました。

 

関連記事:「半年でTOEIC340→900」を達成したから、実施したことを伝えるよ 

 

ただ、

 

何のためにTOEIC900を目指すのか。

TOEIC900を取得することで何を得たいのか。

 

というところは勉強を始める前までに考えることは重要だと思っています。

 

なぜなら、あなたが得たいものがTOEIC900の取得を必要としないものであることもありますし、TOEIC900があなたが欲しいものを与えてくれない可能性だってあるからです。

 

もっと言えば、TOEIC900取得によって得られるものがあると同時に、失ってしまうものがあるのです。

 

なので今回は、TOEIC900を取ることで、どのような変化が起こるのか、良い点悪い点それぞれを伝えていきます。

 

今後の英語学習の参考にしてみてください!

 

それではいってみましょう。

 

 

TOEIC900を取得して得たもの、失ったもの

 

得たもの

 

①他人からの評価(TOEIC900の肩書としての力)

 

まずは、これ。

TOEIC900を取ることで他者からの評価が得られるということです。

 

純粋に英語を話せるようになりたいだけであれば、試験なんて受けなくてもよいはず。

でも多くの人がTOEIC900という数字を目標に試行錯誤するのは、その数字がある程度社会的に効力を持つからです。

 

学歴、職歴、実績、など人を評価する指標となるものは多くありますが、TOEIC900もその一部だと思います。

 

私も、TOEIC900を取ったことで評価されたと思うことがいくつかあるので紹介していきますね。

 

①大手企業10社から内定を得た

 

外資系コンサルティング、金融系の会社は別ですが、

 

TOEIC900を持っている学生はそんなに多くはありません。

(特に関関同立・MARCHの偏差値の学生の中では)

 

なので、持っているだけで「英語ができる学生、かつ大学生活を目標を持って過ごしてきた学生」だと思ってもらえました。

 

私は学生時代TOEICの勉強をしました。くらいしか面接では話していませんが、

TOPIX100をはじめとする大手企業10社から内定を得ることができました。

 

関関同立、MARCHで総合職で上記企業に内定を得る学生5%未満と言われているのにも関わらず、です。

 

関連記事

「関関同立・MARCH出身」の私が就活を本気で行った結果の全て

関同立、MARCHのあなたが大手に内定できる確率 

 

GPA1.2(4が最高)、ゼミ無所属、コミュ障、バイトも大学1年以降やってなかった

大学生の鏡?のような私が内定を頂けたのは、シンプルにTOEIC900を持っていたからです。

 

TOEIC900を持っているから、筆記・ESの出来が悪くても通過し、

面接でも、TOEICの勉強頑張りました!!!というと「目的意識をもって学生生活を送ってきた学生」と錯覚され、なぜか選考が進んでいきました。

 

恋愛でもそうですが、何か1つ極めたものを持っておく(めっちゃかわいいとか、めっちゃお金持ちとか、)相手が勝手にいい印象を抱いてくれます。

 

すると、あとの工程は多少失敗はあっても相手は寛容になってくれます。

 

そんな、相手に自分が凄い人材であると錯覚させる、良い印象を抱かせる

ものの1つとしてTOEIC900はある程度の力が現段階ではあると感じました。

 

関連記事

(関関同立・MARCH向け) TOEIC900取ったら、大手からの内定なんて余裕だよ。

(関関同立・MARCH向け)就活生は「ハロー効果」について理解しておこう

 

②英語に関しての仕事、相談が回ってくる

 

日本では、TOEIC900というのは物凄くわかりやすい指標で、

TOEIC900を持ってるだけで、英語ができる人という認識を持ってもらえます。

 

(実際の英語力がそうでなくても、です。)

 

実際に仕事でも海外支店とやり取りをしていますし、メール、電話の対応くらいなら1年目から自分に回ってきました。

 

そういった仕事をこなす環境を得られたのも、TOEIC900のおかげかなと思います。

 

また、周りの方にも英語の学習方法で悩んでいる方も多くおられるので、そういった相談に乗って欲しいと言われることもあります。

 

今この文章をあなたに向けて書くことができているのも、複数の人が目標にするTOEIC900を取得したおかげなのです。

 

②日常に英語を使用する頻度の増加

 

2つ目はこちら!

当たり前かもしれませんが、TOEIC900を取れば少しは英語ができるようになります。

結果、ふとした瞬間に英語を使う機会が増えます。 

 

私は、英語の学習をはじめたての時はTOEIC340だったので、そこからTOEIC945の今の生活にどんな変化があったのかシェアして行ければと思います。

 

①映画は洋画を好んでみるようになる

 

洋画を字幕なしで理解できるかできないかで言えば、できないです。

 

「24」や「Resident evil(バイオハザード)」だったり、テレビ番組やYoutubeの動画など、会話のスピードが早いものより自然な英語に近づいていけば行く程、字幕無しだと何を言っているのか理解できなくなっていきます。

 

しかし、

「Titanic(タイタニック)」や「The Notebook(君に読む物語)」など使われている単語が少なく、かつ比較的はっきり発音してくれているものであれば、

8割くらいであれば字幕なしでも理解できますし、

 

英語字幕付きであれば、邦画を観ているのと同じくらいに楽しむことができるようになったので、英語で海外ドラマ、映画を楽しめるようになりました。

 

暇つぶしの選択肢に、邦画だけではなく洋画も入れられるようになったのは良かったなと思います。

 

②英語しか話せない外国人とでも割と普通に会話できる(友達になれる)

 

TOEIC900取ることができれば、まず普通に英語で会話できます。

もちろん、発音とか、表現の幅とかは完全には程遠いですが、以前よりもずっと英語、外国人に対する抵抗が取り除かれます。

 

(ただ、複数のネイティブの外国人 対 私 という状態だと、会話のペースが速くなり全然ついていけなくなりますし、やはり、ネイティブが複数人集まると、スラングを使用したり、テンポがいっきにあがるので、そこについていくレベルにはまだ全然辿り着けていない感覚があります。)

 

その分、一対一であれば、相手も私のレベルに合わせてゆっくり話してくれたり、

理解できにくい言葉があってもお互い質問を通じて、理解しあえます。

 

学生であれば、大学にはたくさん外国人がいるでしょうし、

働き始めてからでもお酒を飲む場などで外国人と出会う機会は少なくないはず。

 

すると、普通に会話して、遊びに行ったりするようになります。

 

(友達の創り方教えて?と言われると私も友達少ないので、、、となってしまいますが、(笑))

 

友達の中に国籍が違う人が混じっているのは、ある程度英語ができるようになったからなのだろうなと思います。 

 

③スピーキング力の向上に時間を割く

 

TOEIC900を取ったら英語の勉強が終わり!ということは決してなく

ある程度のインプットが完了したというイメージです。

 

TOEICはreading,listening(現在はspeaking,writingもあるみたいですが)のテストです。なので、会話力の向上を図れるわけではありません。

 

TOEIC900取得後は、スピーキング力がまだまだであると強烈に自覚するのでその改善に時間を割き始めるようになります。

 

例えば、

 

・オンライン英会話

 

私は留学後の半年間、オンライン英会話を使って毎日25分英語を話す機会を買っていました。

 

英会話力向上のために必要なのが、やはり英語を話すということで

オンライン英会話であれば、1日25分毎日英語を話すことができます。

 

オンライン英会話教室で有名なのが、

DMM英会話レアジョブなのですが、私はこういったツールを利用して

TOEIC900で培ったインプットを、アウトプット力(スピーキング)に昇華させるために時間を割いていました。

 

読める・聞ける→読めるし聞けるし、話せる!!みたいな。

 

 

日本で英会話教室に通うとなると

対面式の英会話教室であれば、週に1度で10万を取られることなんてざらですが、

オンライン英会話では、DMM5980円/月(1回あたり193円)、レアジョブ5800円/月(1回あたり187円)です。

 

なので、安価で英語を話せたのは良かったです。 

 

2回の無料レッスンを受けられますので、是非1度体験してみてくださいね。

 

DMM英会話で無料体験レッスンを受けてみる

レアジョブで無料体験レッスンを受けてみる

 

③意識が海外へ向くようになったこと

 

TOEICの勉強を始める前は、

グローバル?世界的な視野?(笑)って馬鹿にするタイプでした。

 

ただ、TOEIC900を取ったり、英語を学んでみることで意識が海外に向くようになったなと感じることがあります。

 

小さな話ではあるのですが、たとえば、以下のようなことです。

 

・タイ→カンボジア→ベトナム→シンガポールに1ヶ月間の一人旅

・大学では外国人留学生用の授業に参加(全て英語で開催)

・就職活動の際にも、英語を使用できるチャンスのある企業中心に選考に参加

 

など、英語を使って何かできないかという考えを自然とするようになりました。

それは、英語を勉強していなかったら無かった行動だと思います。

 

また、少し話はずれますが、

私は現在このブログで月5万円の収益を得ようと奮闘中です。(2018年6月現在:月6000円)

 

なぜ5万円?と思われると思うのですが、タイやフィリピンであれば、月収5万円程度でも生きられるということを知ったからです。

 

これも、TOEICを勉強したことをきっかけに、海外に実際に出かけてみて

現地の生活をしてみたからこそ理解でき、そういった生活を目指してみたいと思うようになりました。

 

関連記事:【ノマド・ブロガー必見】月5万円の収入で生きていきたいなら、フィリピンがオススメって話

 

なので、海外で暮らすとかそういったことを現実的に考え始めるのもTOEIC900がきっかけになったのだと思っています。

 

失ったもの

先ほどまでで、TOEIC900が私に与えてくれたものはおしまいです。

 

今度は反対に、TOEIC900の取得をしたことで失ったもの、またはデメリットだなと感じた点をお伝えしていけたらと思います。

 

①時間

 

あたりまえですが、TOEIC900を取得するためには時間がかかります。

たとえ、あなたがどれだけ優秀な方だとしても、です。

 

私はTOEIC340→900を達成するために、6カ月という時間を使いました。

 

しかも、1日2時間を毎日とかそういうレベルではなく、寝ている間もイヤホンで英語の音声を聴き、英語しか話さず、映画も洋画、好きなアイドルも外国人、スマホももちろん英語設定など、6カ月の全てをTOEIC900の取得に当てて、のことです。

 

しかも、これはTOEIC900を取得する期間としては短い方だと思います。

TOEIC900取得のために、1年、2年いや5年間以上をかけている人だって存在します。

むしろ大半でしょう。

 

で、そこで考えてほしいのがそれだけの時間をかけるだけのメリットをTOEIC900から感じられたのかということです。

 

何が言いたいのかと言いますと、TOEIC900にかける時間は、他の何かに使えたであろう時間です。

 

もっと、他に時間を割くべき重要なことがあるのであれば、そっちに集中すべきなのです。

 

うん!大丈夫!というのなら全然問題ありません。一所懸命に勉強に励んでください。いずれ、取得できると思います。以下の記事を参考にしてみてください。

 

関連記事:「半年でTOEIC340→900」を達成したから、実施したことを伝えるよ

 

 

ただもし、6カ月やそれ以上の時間を割くことに抵抗があるのであれば、

もっと他のことに時間を当ててもいいと思っています。

 

TOEIC900を取得する過程と言うのは、やはりしんどい部分も多いので(笑)

 

私としては、もう1度人生をやり直せるのであれば

 

ブログを半年集中して書けば200記事以上は書けるだろうなと思ったり、

TOEIC900の勉強に拘らず、半年間海外を自由に放浪してもいいなと思ったり、

ただただ、彼女といちゃいちゃしまくっても良かったなあ

 

とか、今の私は思ったりします。(笑)

 

最後に:やっぱり英語は話して何ぼだと思うよ

 

最後にまとめておきますと、TOEIC900を取得すれば、

①他者からの評価②外国人と容易に友達になれる③意識が海外に向く

の3つが得られ、それと引き換えに時間を失うというお話でした。

 

で、TOEIC900取得した先輩として意見を述べさせてもらいますと、

TOEICを勉強するにしても、スピーキング力も同時に向上させておいた方が絶対いいです。

 

会話ができたら、海外旅行の楽しさも数倍になるし、日本にいても様々な人種の方と交流することも抵抗なく行えるようになります。

 

TOEICの点数だけが高くても、話せないのはもったいないですし、TOEICの点数を向上させる上でも学んだ英語のアウトプット(話す)は、記憶の定着にも繋がったりするので、日常的に話す場は創りだしましょう。

 

 

で、私がオススメするのは先ほども述べましたが、オンライン英会話です。

 

オンライン英会話であれば、1日25分毎日英語を話すことができます。

たったの25分?と思われる方もいるかもしれませんが、そんな短時間であっても毎日英語を話す機会があるとないのとでは、話す力は大幅に変わってきます。

 

オンライン英会話教室で有名なのが、

DMM英会話(体験レッスン2回無料)レアジョブ(体験レッスン2回無料) です。

 

DMM:色んな国の人と会話できる(DMM5980円/月(1回あたり193円))

レアジョブ:料金が安い(5800円/月(1回あたり187円))

 

2回の無料レッスンを受けられますので、是非1度体験してみてくださいね。

 

DMM英会話で無料体験レッスンを受けてみる

レアジョブで無料体験レッスンを受けてみる

 

 

どうでしたでしょうか?

何か為になるお話を私はできたでしょうか?

何かあなたの疑問を解決できたのであれば、幸いです。

 

今回は以上です。では

 

関連記事

【TOEIC945保持者が語る】英語を話せるようになるために必要なたった1つのこと

「半年でTOEIC340→900」を達成したから、実施したことを伝えるよ