【TOEIC945保持者が語る】TOEIC900を取得して得た3つのメリット

f:id:until30y:20180527211705j:plain

 

f:id:until30y:20170914114739j:plainf:id:until30y:20170914114723j:plain 

 

書いた人:タナカユウ(@tanakayu30

 

 

TOEIC900

 

英語の勉強をしよう。

そう決めたときに一つの目標となる数字ではないでしょうか。

 

いったい皆さんはTOEIC900という数字にどんな印象を抱いていますか?

 

「英語ペラペラ」

「海外で働いていける。」

「なんかすごそう。」

 

色々な意見があるとは思います。

 

私も、大学2年生の時に本気で英語を学んだ時期があり、半年の語学留学期間を経てTOEIC340→900を達成しました。

 

関連記事:「半年でTOEIC340→900」を達成したから、実施したことを伝えるよ 

 

ただ、

 

何のためにTOEIC900を目指すのか。

TOEIC900を取得することで何を得たいのか。

 

というところは勉強を始める前までに考えることは重要だと思っています。

 

なぜなら、

 

あなたがTOEIC900を通じて得たい要素は他の何かで埋められる可能性がありますし、

TOEIC900があなたが欲しいものを与えてくれないこともあるからです。

 

なので今回は、TOEIC900を取ることでどのような変化が起こるのか、明確にして行きます。

 

TOEICを勉強しようと考えている方

TOEICの勉強を継続するか迷っている方にためになる情報が書いてあると思います。

 

それではいってみましょう。

 

 

TOEIC900を取得して得た3つのメリット

 

①他人からの評価(TOEIC900の肩書としての力)

②日常に英語を使用する頻度の増加

③意識が海外へ向くようになったこと

 

それぞれ説明して行きますね。

 

 

①他人からの評価(TOEIC900の肩書としての力)

 

 

まずは、これ。

TOEIC900を取ることで他者からの評価が得られるということです。

 

純粋に英語を話せるようになりたいだけであれば、試験なんて受けなくてもよいはず。

でも多くの人がTOEIC900という数字を目標に試行錯誤するのは、その数字がある程度社会的に効力を持つからです。

 

学歴、職歴、実績、など人を評価する指標となるものは多くありますが、TOEIC900もその一部だと思います。

 

私も、TOEIC900を取ったことで評価されたと思うことがいくつかあるので紹介していきますね。

 

1.大手企業10社から内定を得た

 

 

関関同立から大手企業に内定が得られる確率は5%未満です。

しかし、TOPIX100をはじめとする大手企業10社から内定を得ることができました。

 

それはTOEIC900を保持していたからこそなし得たことです。

 

え?どうせ体育会系で、ビジネスコンテスト参加して、長期インターンとかでもやってたんでしょ?と思われると思いますが、

 

私は決して出来の良い学生ではありませんでした。

 

 

GPAは1.2(4が最高)だったし、

学校行きたくなかったし、卒論が手間だったからゼミには入らなかったし、

コミュ障でバイトも大学1年以降やってなかった

大学の卒業も卒業単位(124/124単位)ギリギリでした

 

そんな大学生の鏡?のような私が内定を頂けたのは、TOEIC900を持っていたからです。

 

外資系コンサルティング、金融系の会社は別ですが、 

TOEIC900を持っている学生はそんなに多くはありません。

(特に関関同立・MARCHの偏差値の学生の中では)

 

だからこそ、TOEIC900=すごいという認識が面接官の中であり、 

 

面接でも、TOEICの勉強頑張りました!!!というと「目的意識をもって学生生活を送ってきた学生」と錯覚され、なぜか選考が進んでいきました。

 

TOEIC900というハッタリがあったからこそ、ES・筆記・面接を通過できたのです。 

 

色んな場面で当てはまりますが、何か1つ極めたものを持っておく(めっちゃかわいいとか、めっちゃお金持ちとか、)相手が勝手にいい印象を抱いてくれます。

 

すると、あとの工程は多少失敗はあっても相手は寛容になってくれます。

 

そんな、相手に自分が凄い人材であると錯覚させる、良い印象を抱かせる

ものの1つとしてTOEIC900はある程度の力が現段階ではある印象です。

 

 

関連記事

(関関同立・MARCH向け) TOEIC900取ったら、大手からの内定なんて余裕だよ。

(関関同立・MARCH向け)就活生は「ハロー効果」について理解しておこう

 

 

2.英語に関しての仕事、相談が回ってくる

 

 

日本では、TOEIC900というのは物凄くわかりやすい指標で、

TOEIC900を持ってるだけで、英語ができる人という認識を持ってもらえます。

 

(実際の英語力がそうでなくても、です。)

 

実際に仕事でも海外支店とやり取りをしていますし、

メール、海外法人とのテレビ電話会議なら1年目から自分に回ってきました。

 

そういった英語に関わる仕事ができる環境を得られたのも、TOEIC900のおかげかなと思います。

 

また、周りの方にも英語の学習方法で悩んでいる方も多くおられるので、そういった相談に乗って欲しいと言われることもあります。

 

今この文章をあなたに向けて書くことができているのも、複数の人が目標にするTOEIC900を取得したおかげなのです。

 

 

②日常に英語を使用する頻度の増加

 

 

2つ目はこちら!

当たり前かもしれませんが、TOEIC900を取れば少しは英語ができるようになります。

結果、ふとした瞬間に英語を使う機会が増えます。 

 

私は、英語の学習をはじめたての時はTOEIC340だったので、

そこからTOEIC945の今の生活にどんな変化があったのかシェアして行ければと思います。

 

1.映画は洋画を好んでみるようになる

 

次に、TOEIC900を取得して変わったのが、

洋画も好んで観るようになったということです。

 

 

もちろん、TOEIC900を取得したと言っても、英語力としてはまだまだですので、

洋画を字幕なしで理解できるかできないかで言えば、できないです。

 

24 」や「Resident evil(バイオハザード)」、現地のテレビ番組やYoutubeの動画など、

会話がより自然な英語に近づいていけば行く程、字幕無しだと何を言っているのか理解できなくなっていきます。

 

しかし、

 

Titanic(タイタニック)」や「The Notebook(君に読む物語)」など使われている単語が少なく、かつ比較的はっきり発音してくれているものであれば、

8割くらいであれば字幕なしでも理解できるようになりましたし、

 

英語字幕付きであれば、

邦画を観ているのと同じくらいに海外ドラマ/映画を楽しめるようになりました。

 

日本語吹き替えではなく、役者本人の声を理解できたり、

英語独特の言い回しに直接触れられた瞬間は、TOEIC900を取ってよかったなと思う瞬間です。

 

 

2.英語しか話せない外国人とでも割と普通に会話できる(友達になれる)

 

 

TOEIC900取ることができれば、まず普通に英語で会話できます。

 

もちろん、発音とか、表現の幅とかは完全には程遠いですが、

取得以前よりもずっと英語、外国人に対する抵抗が取り除かれます。

 

学生であれば、大学にはたくさん外国人がいるでしょうし、

働き始めてからでも仕事場・飲み屋などで外国人と出会う機会は少なくないはず。

 

そんな時TOEIC900取得していれば、

会話できたり、相手の発言を理解できるようになるので、国籍問わず交流を深めることができるようになります。

 

もちろん、ネイティブが複数集まる場では、会話のテンポが一気に上がるので、まだまだついていけないのですが、

 

 

一対一であれば、相手も私のレベルに合わせてゆっくり話してくれたり、

 

理解できにくい言葉があってもお互い質問を通じて理解しあうことができるので、言葉を通じた交流を外国人とできるようになります。

 

私自身も、大学時代も外国人留学生と同じ授業を受講していましたし、

働き始めた今でも、台湾人・イギリス人・中国人・韓国人・アメリカ人など

多国籍な方々と一緒に仕事をしています。

 

 

働く相手や友達の中に国籍が違う人が混じっているのは、TOEIC900の取得を通じて、

ある程度英語ができるようになったからなのだろうなと思います。 

 

 

3.スピーキング力の向上に時間を割く

 

 

TOEIC900を取ったら英語の勉強が終わり!ということは決してなく

ある程度のインプット(会話に必要な基礎知識)が完了したというイメージです。

 

TOEICはreading,listening(現在はspeaking,writingもあるみたいですが)のテストですので、会話力の向上を図れるわけではありません。

 

そのため、TOEIC900取得後は、

自身のスピーキング力不足を強烈に自覚するのでその改善に時間を割き始めるようになります。

 

具体的には以下の方法で、話す力を向上させていました。

 

 

・海外へ1人旅

 

大学時代は、休み期間など時間に余裕がありました。

なので、1人で海外へ足を運ぶということも行なっていました。

 

具体的には、フィリピン、ベトナム、カンボジア、タイ、シンガポールなど東南アジアを回ったりしました。

 

旅する中で、自然と英語で会話する機会を得られました。

 

 

・SNS経由で外国人と会う 

 

次に行っていたのが、SNSなどを利用して外国人の方と出会う機会を作っていました。

 

主に利用していたのが、MeetupHelloTalkです。

少し説明して行きますね。

 

Meetupは日本語では、「簡単な集まり」のような意味で、共通の趣味を持つ方々が簡単に出会えるアプリです。

 

海外発のアプリなので、外国人の方の利用が多いです。

飲み会やフットサル、語学交流会など様々なイベントが開催されているので、是非試してみてくださいね。

 

HelloTalkは、様々な国籍の言語学習者が集うアプリです。

日本語を学びたいフランスの方だったり、中国語を勉強しているアメリカ人であったり、いろいろな方がいます。

 

言語学習者の中にも、日本在住の方がおられるので、

そこで連絡を取り合って遊びに行ったりもしました。

 

アプリ経由で電話なども気軽にできますので、1度試してみてくださいね。

 

 

・オンライン英会話

 

また、留学後の半年間続けていたのが、オンライン英会話です。

 

オンライン英会話教室で有名なのが、

DMM英会話レアジョブなのですが、私はこういったツールを利用して

TOEIC900で培ったインプットを、アウトプット力(スピーキング)に昇華させるために時間を割いていました。

 

日本で対面式の英会話教室に通うとなると、週に1度で10万を取られることなんてざらです。

 

しかし、オンライン英会話では、

DMM5980円/月(1回あたり193円)、レアジョブ5800円/月(1回あたり187円)で、

毎日25分英語を話すことができます。

 

2回の無料レッスンを受けられますので、是非1度体験してみてくださいね。

 

DMM英会話で無料体験レッスンを受けてみる

レアジョブで無料体験レッスンを受けてみる

 

今は、通勤や寝る前の3分間を有効活用できるスタディサプリ ENGLISHもオススメです。

 

 

③意識が海外へ向くようになったこと

 

 

少し抽象度が高いですが、

やはりTOEIC900を取得することで、意識が海外に向くようになったなと感じることがあります。

 

意識が海外に向くとは?と思われると思いますので、少し説明して行きますね。

 

小さな話ではあるのですが、たとえば、以下のようなことです。

 

・タイ→カンボジア→ベトナム→シンガポールに1ヶ月間の一人旅

・大学では外国人留学生用の授業に参加(全て英語で開催)

就職活動の際にも、英語を使用できるチャンスのある企業中心に選考に参加

海外ノマド生活目指して、ブログ運営するようになった

 

など、英語を使って何かできないかという考えを自然とするようになりました。

それは、英語を勉強していなかったら無かった行動だと思います。

 

このように、これまで英語ができないことが原因で行動を起こすことをためらっていたことでも、実行できるようになりました。

 

英語ができる。と自分自身に自信がつけば、

働く企業、付き合う友達、働く場所・働き方など、人生の選択肢が無限に広がります。

 

そのきっかけを、TOEIC900の取得は与えてくれました。

 

 

おすすめな勉強法まとめ

 

どうでしたか?

少しは参考になる情報が書いてありましたでしょうか?

 

この記事を読んで、TOEIC900の取得を目指すと決めた方もいると思います。

 

しかし、TOEIC900を取得するにはそれなりの労力と、時間がかかります。

そこが唯一のデメリットです。

 

私自身は、半年という時間を要しました。

 

関連記事:【TOEIC945保持者直伝】「半年でTOEIC340→900」にするために必要な7つのこと

 

 

時間は有限ですので、できるだけ効率よくTOEIC900の取得を目指したいものですよね。

 

な・の・で 

 

最後に、オススメのTOEIC勉強法をまとめておきますので、参考にして見てくださいね。

 

①留学へ行こう

 

TOEICの点数をあげたければ、

英語に触れる時間を増やして行くことが最も大切なことです。

 

その中で、1番手軽でストレスの少ないことが場所を海外に移すことです。

 

日本では、日本語に触れる機会が多く、英語に触れる機会を取得するのにも努力とコストを要します。

 

なので、学生など時間の制約が少ない方はできるだけ、海外に行くことをオススメします。

 

中でも、フィリピン留学が最もオススメです。

 

フィリピンでは、1ヶ月で10万円程度で留学でき

アメリカ・イギリスなどにないマンツーマンレッスンを受けることができます。

 

実際、私もフィリピンに半年間留学し、その結果半年でTOEIC340→900という結果を残すことができました。

 

覚えた単語を、言葉で話すことは英単語の記憶に非常に効果的なので、

是非留学しながらTOEICの勉強にも励むという形がベストです。

 

4倍速で英語が身に付く!フィリピンのセブでマンツーマン留学

 

関連記事

【TOEIC900保持者が超ド本音で語る】フィリピン語学留学の4つのメリット

【TOEIC900保持者が超ド本音で語る】フィリピン語学留学の6つのデメリット

 

②留学が難しい方はオンライン英会話

 

留学行けとは、言いましたが、

既に働き始めている人は、なかなか時間の確保が難しいはず。

 

会社員だと1週間の休みの確保も難しかったりしますよね。

 

単語は、見て暗記するだけではなく、言葉にすることで記憶が定着します。

なので、1日に少しでも良いので英語で話す時間を確保しましょう。

 

そんな時に、アウトプット場所としておすすめなのが、オンライン英会話です。

 

オンライン英会話は、月額5000円程度で毎日25分外国人と会話できるシステムです。

 

おすすめなのは、DMM英会話レアジョブ英会話です。

それぞれの特徴を簡単に説明しておきますね。

 

・DMM英会話

 

筆者は半年間DMM英会話を利用していたのですが、

 

DMMは講師の国籍が多種多様(アメリカ、オーストラリア、フィリピン、セルビアなど)で、

英語の学習以上に、世界中の国の人の考えや風習に触れられたことが非常に楽しかったです。

 

いろんな国の人と話して見たい!という人にはDMM英会話がおすすめです!

 

*料金:5980円/月(1回あたり193円)

 

・レアジョブ英会話

 

次におすすめなのが、レアジョブです。

 

特に、多国籍な人と会話することに興味がなく、単純に英語をアウトプットする場が欲しい方はレアジョブ英会話がおすすめです。

 

レアジョブは、講師はフィリピン人の方が中心となっており、

料金は、5800円/月(1回あたり187円)と、DMM英会話よりも費用を抑えることができます。

 

できるだけ費用を抑えたいという方は、レアジョブ英会話がおすすめです。 

 

両者とも無料体験ができますので、是非1度体験して見てくださいね。

 

DMM英会話で無料体験レッスンを受けてみる

レアジョブ英会話で無料体験レッスンを受けてみる

 

 

③今時はアプリで、通勤・通学など隙間時間を有効活用しよう

 

次は、アプリです。

通学や通勤などふと隙間時間ができることって多くありますよね。

 

その隙間時間は積み重ねれば大きな時間になります。

つまり、その時間でTOEIC対策をするかしないかで結果に大きな差が出ます。

 

そんな隙間時間を有効活用したい方におすすめなのが、スタディサプリです。

 

スタディサプリでは、通勤や寝る前の何気無い3分間をTOEIC対策の時間に変換させてくれます。

 

実際に、このアプリの利用で2ヶ月で200点以上スコアを伸ばされている方もいます。

 

3分を積み重ねられるか、積み重ねられないかは、やはり大きな結果の差を生むのです。 

 

1週間無料体験できますので、1度試してみてくださいね。

 

スタディサプリを1週間無料で体験してみる

 

 

④がっつり、人からの指導を乞うのもあり

 

「人に教えを乞う」というのも非常に有効的です。

 

英語学習ってどうすることが正しいのかわかりにくいのですよね。

また、やろうと思っているんだけどなかなかやる気が出ないということも、TOEICを勉強する上でよくある事だと思います。

 

そんな時は、誰かに勉強計画を管理してもらうことが非常におすすめです。

 

スタディサプリENGLISH パーソナルコーチプランでは、1日に何をすべきなのか、今時間を割くべきなのはどのパートなのか

具体的な勉強計画と、勉強方法まで専属のパーソナルコーチが徹底的にサポートしてくれます。

 

こちらも、1週間は完全無料で使用できますので、是非一度試してみてくださいね。

 

→ 1週間無料で、パーソナルコーチプランを体験してみる

 

 

まとめ:TOEIC900を取得して得た3つのメリット

 

①他者からの評価

②外国人と容易に友達になれる

③意識が海外に向く

 

 

 

頑張って行きましょうね!

 

今回は以上です。では

 

関連記事

【TOEIC945保持者直伝】「半年でTOEIC340→900」にするために必要な7つのこと

【TOEIC945保持者が語る】英語を話せるようになるために必要なたった1つのこと