20代大手企業社員の頭の中

組織に依存せずに生きていける力を身に付けよう

【TOEIC900保持者が超ド本音で語る】フィリピン語学留学の6つのデメリット

www.tanakayu30.com

f:id:until30y:20180526080946j:plain

 

f:id:until30y:20170914114739j:plainf:id:until30y:20170914114723j:plain 

 

 

こんにちわ!タナカユウ(@tanakayu30)です。

 

今日のテーマは、フィリピン留学のデメリットについてです。

 

安い!

マンツーマン授業が受けられる!

リゾート地がたくさん!

 

のように最近フィリピンへの語学留学は注目を浴びてきましたよね。

 

ですが、そんな良い所ばかり聞かされると

 

どうせ悪い所もあるんでしょ?

美人やイケメンは結局、性格悪いんでしょ?

 

のように、反対の良くない部分も知りたくもなるというのが人間というものでは無いでしょうか。

 

その気持ち=完全同意

 

なので、今回は大学2年生の頃に半年間のフィリピン語学留学に行ってきた私が、

滞在して感じたデメリットを書くことで、より実態を知っていただけたらなと思います。

 

このデメリットが許容可能なのであれば、

フィリピン語学留学も選択肢の一つに加えて頂ければと思いますし、

 

嫌だなと思ったのであれば、

それはそれで選択肢を絞れたということでプラスに捉えてよいことだと思います。

 

うるせぇ。はやくデメリット教えろ。と言われそうなので、さっそくはじめていきたいと思います。

 

それではいってみましょう。

 

関連記事:【TOEIC900保持者が超ド本音で語る】フィリピン語学留学の4つのメリット

 

 

TOEIC900保持者が「超ド本音」で語る「フィリピン語学留学の6つのデメリット」 

 

①ネイティブの英語に触れられないこと

 

フィリピンは英語が母国語の国ではありません。

 

なので、ネイティブのようにきれいな英語に触れて、きれいな英語を話せるようになりたいのであれば、フィリピンは適切な場所ではありません。

 

私が滞在したターラックという地域では、タガログ語という言葉が話されており、

 

日常の中でフィリピン人が英語を使って話す機会はまれでした。

 

なぜなら、「フィリピンの普通の人」は英語は話せないからです。

 

普通に高校に行き、大学に進学した方であれば、英語を高いレベルで話すことができます。

 

しかし、フィリピンでは普通の教育課程を経ていない方が沢山います。

 

なのでいくら、地元民と英語でコミュニケーションを取ろうとしても、不可能に近いです。

 

まあ、気合で身振り手振りや、簡単な言葉であれば、

 

現地のフィリピン人も理解できるので、交流はできるとは思いますが、

 

それは英会話力とはまた別のものだと思います。

 

なので、

 

「普段の生活の中でも英語に触れたい。」

 

「日常の中で英語力を向上させたい。」と考えているのであれば、

 

それは難しい。」と私は思います。

 

もちろん、大学をきちんと卒業した、つまり教育をきちんと受けてきた人(語学学校の教師)は日本人よりも断然高い英語力を保持しているので、そこら辺は心配しなくても良いとは思います。

 

ただ、会話のスピード、なまり、知っているスラングの量はネイティブの方とは比べものにはなりません。

 

実際、フィリピンの方とは英語で会話できるけど、ネイティブの人とでは全然会話できない。

 

そういった方も周りではいました。

 

それは、先ほど述べたように、話すスピードや、イントネーションが非ネイティブとネイティブとでは異なるからです。

 

ここは理解しておいた方がいい点かもしれません。

 

補足

 

悪い事ばかり言うとフィリピンがかわいそうなので、すこし補足すると

 

①フィリピンの英語力はアジアの中では高いレベルにある 

 

フィリピンは英語が公用語の国で、英語力はアジア3位(ソース国別「2016年英語力ランキング」が発表!日本の順位は昨年よりダウン… | TABIPPO.NET [タビッポ])で、

 

かつTOEICスコアは平均711点(ソースTOEIC平均点まとめ!職種・年齢・国別の比較)です。

 

なので、日本で学ぶよりは、断然まし。ということは言えるでしょう。

 

②英語を話す人口の80%が非ネイティブ

 

また、現在、英語を話す人口の約8割が非ネイティブと言われています。

 

つまり、貴方が将来仕事や、私生活の中で英語を使用する相手は非ネイティブである可能性が非常に高いのです。

 

なので、ネイティブでなければだめなんだ。と視野を狭くするのではなくて、

 

なまりも受け入れつつコミュニケートする力もフィリピンではもしかしたら培えるのかもしれませんね。(笑)

 

②治安が悪いこと

 

これも心配されている方も多いと思います。特に女性の方は。

 

こちらの記事でも言われていることですが、フィリピンは治安が悪いと有名です。

フィリピンの治安は実際どうなの?マニラやセブは危険?2017年最新情報

 

フィリピン滞在中にも、友人たちがタクシーでぼったくられたというのは良く聞く話で、中には銃を突き付けられたという人もいました。(本当かどうかはわかりませんが。)

 

私自身も、マニラの中心部でタクシーに乗ったのですが、運転が荒く、もう二度と乗らないと決めましたし、

 

 

都市は確かに治安が悪い雰囲気がありました。

 

なので、事前に危険な場所は調べておいた方がいいかもしれません。

 

そこは気を付けましょう。(笑)

 

補足

 

ここまで、デメリットについて書いてきましたが、このままではかわいそうなので少し弁論をしていきますね。

 

私は危ない目に一切合わなかった

 

もちろん、「運転は荒いなあ。」という印象をマニラでは受けましたが、

半年間の滞在の中で危険な目にあったのはそのくらいでした。

 

ちなみに、私は夜中の繁華街を一人で歩き回ったり、オネェサンが沢山いるお店にも足を運びました。

 

なので、まじめに危険な場所にいかなかったから、危険な目に合わなかったというタイプの人間ではなく、いやそこは危険だから夜行くなよ。と言われているところでも足を運んでいました。

 

それでも何事もなく、遊び回れたので大丈夫っちゃ大丈夫。」だと私は思います。

 

②ネットの情報は盛られている

 

で、あなたに覚えておいてほしいのがネットの情報は事実とは異なるということです。

つまり、私の情報も事実とは異なる。

 

私は、フィリピンの他に、カンボジア、ベトナム、タイ、にも足を運んだことがあります。

これらを調べれば、ネットでの注意喚起の情報がわんさかでてきます。

 

危険

 

危険

 

危険!

 

みたいな。

 

でも実際は、全然そんなことない場合が多かったです。

 

日本で大きなニュースにになっていても、現地は一切変化が無かったり、

 

 

なので、その辺りは語学学校の方に問い合わせたり、現地に行ってから、

同じ留学生同士で情報を集めたりしてもいいと思います。

 

また、私は、マニラのターラックという場所で滞在していたのですが、そこはものすごく田舎です。人々ものほほーんとしている方が多いです。

 

なので、そういった場所をきちんと選べば、危険は非常に少なくなると思います。

 

結論は、「普通にしていたら、普通に大丈夫。です。(笑)」

 

 昼間歩くだけだったり、夜の街に繰り出していく気満々みたいな(わたしみたいなアホ)でなければ、大きな危険はないと私は感じました。

 

③学生の質が低いこと

 

こんなことを言うと、どこからか怒られそうですし、

こんなこと言うなんてあなたの人間としての質はどうなの?と言われそうですが、

 

未来のフィリピン語学留学の後輩になるかもしれない皆さんのために言います。

 

フィリピンにくる人の質は高くないです。

 

これは間違いないです。

 

具体的に言いますと、高学歴(旧帝大や早慶)の学生はまずいませんし、

関関同立やMARCHの学生であれば、トップレベルの学力であると言えます。

 

TOEIC100点代の人や、200点代の人なんてざらにいますし、

留学当時私はTOEIC340でしたが、クラスは真ん中よりも上でした。

 

 

で、なんでそういったことが起こるの?という話ですが

それは、フィリピン語学留学の費用が安いことが理由です。

 

親がお金を持っていたり、その人自身がきちんとした収入を持っていたのであれば、

先進国(アメリカ)に留学に、いきます。

 

本当に言い方は悪いのですが、

私を含めそういった金額を支払えない層がフィリピンには集まります。

 

30万円を払って留学に来る人

100万円を払って留学に来る人

300万円を払って留学に来る人

 

どれが良い悪いではないですが、それぞれ来る人の層は全く違います。

これは断言できます。 

 

夜行バス、電車、新幹線(普通席)、新幹線(グリーン車)、飛行機(LCC)、飛行機(ビジネス)、飛行機(ファーストクラス)

など、払う額によって受けられるサービスは変わってくるものは世の中に多くありますが、サービスが異なるのと同時にそこに集まる人間の種類も異なります。

 

同じ距離を8000円で移動する人と、50万で移動する人

全っ然、考えること、見ている世界は、異なることはイメージできると思います。

 

それは留学においても言えることなのです。

 

なので、周りに意識、実力共に高い留学生がいて、刺激を受けたい。一緒に高め合っていきたい。と思っているのであれば、フィリピンはそういった場所ではありません。

 

自分でやっていかなくてはいけない場所です。そこは覚えておいてほしいポイントです。

 

補足 

 

①バックグラウンドの異なる人の出会いは、考え方の幅を広げる

ここも、弁論ですが、

色んな人がいて、楽しいといえば楽しいです。

 

英語の勉強は全然できないけれど、夜の町での遊び方を知り尽くした人がいたり、

高校卒業後からオーストラリアやカナダなどを渡り歩いている人もいました。

 

つまり、自分と違ったバックグラウンドを持つ人との出会いは、私に新たな気づきを与えてくれました。

 

英語全然できないのに、外国人の友達がいっぱいいる人との出会いは、

もっとつたない英語でもどんどん話しかけに行こうと思える勇気をもらえたり、

英語よりももっと大事なことがあるのではないだろうかと考えさせられるきっかけをくれました。

 

また、海外を放浪している同世代の子からは、

大学にいかずに海外を放浪する人生も自分は選択できたのになぜしなかったんだろう。

自分のこれまでの生き方は正しかったのだろうか。

 

など自分のこれまでを振り返るきっかけを与えてくれましたし、価値観の狭さなどにも気付かさせてくれました。

 

つまり、色々学ぶ点も多かったです。

 

そこは人の考え方それぞれかもしれないですね。

 

 

④最先端の文化に触れられないこと

 

 

やはり、後進国ということもあって、

 

使われているもの、使用されている技術は数年前、十数年前に日本で見たようなものばかりでした。

 

スマートフォンを持っている人口も少なかったですし、

仮に持っていたとしても最新機種ではないことが多かったのです。

 

アメリカなどの先進国であれば、「うわっ。すっげー」みたいな、最先端の技術が使われたものが日常に溢れているとは思うのですが、

 

(アメリカに行ったことはないので、詳細はわかりませんが。大阪から東京にいったときみたいな感じかなと思いながら書きました。)

 

フィリピンにはそういった技術的に目新しいものは少ないです。

 

なので、世界最先端の文化を知りたい。みて、日本に持ち帰りたい。と思うのであればフィリピンはおすすめしません。

 

 

補足 

 

すこし、弁論すると

「日本の便利さ」や「自分が途上国に比べて豊かな生活ができていることが、肌で感じられる。」ということはいいことだと思います。

 

普段自分が恵まれている。

 

なんて日常の中で中々気づかないと思いますが、

 

途上国と呼ばれる国にいけば、少なからず日本の先進国さ加減が感じられる場に出くわすはずです。

 

1万円の価値がこんなにも大きいものなんだと、フィリピンでの生活を経て強く感じました。

 

そう思える場に一度は出向いてみるのもいいのかもしれませんね。(笑)

 

⑤不衛生なこと

 

フィリピンは不衛生です。

 

フィリピン人の人が読んでいたら、すみません。

 

経験談ですが、留学生のほぼ全員が一度はお腹を壊します。

 

道路には大量にハエがいますし、料理を食べていれば必ずハエが料理にとまります。

 

また、路上で売られている食材には大量のハエがたかっていたりすることは「普通」です。

 

また、町で出された、ビンのお酒やフォークやスプーンはアルコールで消毒しないとお腹を壊したりします。

 

なので、潔癖症の人がフィリピンにいけば、多分死にます。

 

なので、綺麗好きの方にはおすすめしません。

 

 

補足

 

 

弁論させてもらうと、正直、しばらくすれば慣れます。

 

実際、留学生の割合であれば女性の方が多かったですが、皆楽しそうにやっていました。

 

初めは戸惑うことも多いかもしれませんが、数週間もたてば、ハエさんとも仲良くできるようになりますよ!

 

 

⑥日本人が多いこと

 

これも大きなデメリットかもしれません。

 

フィリピン語学留学は主に韓国人と日本人対象の留学制度です。

 

半々かやや韓国人の方が多いかなというくらいです。

 

なので、必然的に、

 

韓国人は韓国人とつるみ、日本人は日本人同士でつるむような人が多くなります。

 

なので、授業以外で、外国人と触れ合う時間はあまり多くなかったりします。

 

なので、24時間海外の人と触れ合って英語を学びたいと思っている方や、

多様な人種の方の触れ合いの中で、異なる文化を感じたいとか思われている方にはフィリピン語学留学は、不向きです。

 

フィリピンには日本人が沢山いますし、多様性はありません。

 

 

補足

 

これも、弁論ですが

 

それはどこの国に行っても一緒だということです。

 

英語を学べる国で日本人がいないところなんてほとんどありません。

 

なので、これはフィリピンだけのデメリットではないはずです。

 

環境を作るのは、あなた次第です。

 

フィリピンにはたくさんの白人が住む地域もあるので、放課後はそういった場所に足を運んでみるとか、できることはたくさんあるはずです。

 

また、私自身は日本人同士で仲良くすることは悪いことだとは思いません。

 

メリットの欄でもあげましたが、

TOEIC945保持者が「超ド本音」で語る「フィリピン語学留学の4つのメリット」

 

フィリピンはマンツーマンレッスンで、一日当たりの英語を話す時間は他の国に語学留学にいくより断然多いです。

 

なので、授業以外は勉強の愚痴だとか、日本語を話せる喜びとかに浸っても大丈夫だと思います。(それで次の日頑張れるのであれば。)

 

もし、日本語なんて、一切話さない!そう心に誓ったのであれば、

それはそれであなた次第なので、何の問題もないと思います。

 

 

最後に:休みが取れず、長期間の留学が難しいあなたヘ

 

こんなものですかね。(笑)

どうでしたでしょうか?フィリピン留学のデメリットを理解して頂けましたでしょうか?

 

主観たっぷり入れてあるので、すこし参考するくらいに留めて置いていただけるとありがたいです。

 

留学というものは語学力の向上だけでなく、いつもと違った日常を楽しむことができる良い機会だと思います。

 

なので、あまり慎重になりすぎず気になったのなら行ってみて欲しいというのが私の意見です。

 

で・す・が

 

現在会社員をしていたり、学生の方でも何らかの理由で留学できるほどのまとまった時間が取れないという方もいますよね。

 

そんな方には是非オンライン英会話を試してみて頂きたいです。

 

オンライン英会話教室で有名なのが、

DMM英会話(体験レッスン2回無料)レアジョブ(体験レッスン2回無料) です。

 

私はどちらでも受講経験があるのですが、DMMの方が国籍が多様で(セルビア、アメリカ、など)様々な国の先生と話せるので、楽しかったです。

 

(レアジョブは、フィリピン人の先生が中心ですが、料金はDMMより安いです。)

 

対面式の英会話教室であれば、週に1度で10万を取られることなんてざらですが、

オンライン英会話では、DMM5980円/月(1回あたり193円)、レアジョブ5800円/月(1回あたり187円)です。

 

マンツーマンレッスンですので、下手な英語を話しても全然恥ずかしくありません。

先生達もやさしいので、笑いながら指摘してくれますよ。

ただただ、英語で雑談をしているような感覚です。

 

2回の無料レッスンを受けられますので、是非1度体験してみてくださいね。

 

DMM英会話で無料体験レッスンを受けてみる

レアジョブで無料体験レッスンを受けてみる

 

you can say that again.(完全同意!)

 

exactly,definitelyと似た意味。

 

関連記事:

【TOEIC945保持者が超ド本音で語る】フィリピン語学留学の4つのメリット 

【TOEIC945保持者が語る】英語を話せるようになるために必要なたった1つのこと