20代大手企業社員の頭の中

組織に依存せずに生きていける力を身に付けよう

僕は今日、会社の飲み会にいかなかった。

www.tanakayu30.com

f:id:until30y:20180504153445j:plain

 

「会社の飲み会に行くこと=仕事なの?

 

皆さんどうもこんにちは。タナカユウ(@tanakayu30)です。

 

自分は「どう生きていくべきなのか」「今の生き方が正しいのか」ということに四六時中頭を悩ませている今日この頃なのですが、

 

どうでしょうか。あなたの日常は。

 

あなたは今幸せですか?

 

ていう、メンヘラ気質な私ですが、

今日の話題は「会社の飲み会は参加した方がいいのか否か」です。

 

現在、新入社員の方や、2年目や3年目の方、もしかしたら10年目以上の方もいるかもしれませんね。

 

皆さんの中にはそういった会社の同僚と行われる飲み会が好きな方もいると思いますし、

 

反対に、参加してはいるけれど正直行きたいくないと思っている人もいるかもしれません。

 

もっと言えば、会社の飲み会はいかないと心に決めている人もいるかもしれませんね。

 

今日は、会社の飲み会に行く意義とか、行く奴は偉い、

 

反対に行かない奴はだめだとかそんな話ではなくて、

 

もしあなたが会社の飲み会に行きたくないのに、行っている方なのだとしたら

 

「行かなくてもいいんだよ。」ということをお伝えしようと思います。

 

 

ではいってみましょう。

 

 

私は会社の人との飲み会には行きません。

なぜならお金を払ってまで行きたくはないからです。

 

「お金をもらう行為=仕事で、

「お金を使う行為=自分をより幸せにする行為

だと私は思っています。

 

仕事であれば、相手の満足の先に対価を得るわけですから

相手本位で考えなくてはいけないこともあると思います。

 

だから、仕事全てが自分本位でできるわけではない、つまり楽しいことばかりではない。と言えると思います。

 

なので、人々はお金という対価がもらえるから、会社に行ったりするなどして、

時には苦しい思いもしながらも働くんだと思います。

 

しかし、会社の飲み会は違います。

 

会社の飲み会に行く=お金を使う行為、またはお金を得ていない行為

 

つまり、会社の飲み会は仕事ではないのです。

 

なので、その行為に幸せを感じられないのであれば無理して行く必要はないと私は思っています。

 

もっと「自分本位で考えていい場面なんです。

 

少しわかりにくいと思いますので、例をあげてみましょう。

 

 

なぜ、あなたはアイスを買い、食べるのでしょうか。

 

それは、お金を払ってアイスを食べた方が、幸福度が現在よりも向上すると考えているからだと思います。

 

アイスに価値を感じているから、お金を払って食べているんだと思います。

 

アイス食べたくないけど、無理やり食べる。という人は少ないと思います。

 

では、なぜあなたは会社の飲み会に行くのでしょうか。

 

会社の飲み会にお金を払って行った方が、幸福度が現在より向上すると考えているからですか?

 

あなたは飲み会に参加した後、幸せな感覚に浸れますか?

 

会社の飲み会に参加した後のあなたは、お風呂上がりにアイスを食べた以上の幸せを感じられていますか?

 

感じられているのであれば、全然問題ないと思います。

 

しかし、もし会社の飲み会に行くことに幸せを感じられていないのなら、

 

つまり、やりたくもないことにお金や時間を使っているのであれば、やめてもいいと思います。

 

いかなかったら、会社の人になんか言われそうとか、

 

人間関係が悪くなりそうとか、思うかもしれませんが、そんなのどうだっていいんです。

 

会社の人にあなたの人生を決められている場合じゃないんです。

 

会社の人に死ね。と言われたら死にますか?死にませんよね。

 

ならなぜ、「会社の飲み会にこいよ。」には従うのでしょうか?

 

 

どっちも嫌な行為なはずなのに。

 

 

会社には、仕事をしに行っているんだと思うんです。

 

会社では、人柄とか私生活とかそんなん全部抜きにして、仕事だけで評価するべきだと思うんです。

 

 

 

だから、会社の飲み会には無理していかなくてもいい。

 

そう私は思っています。

 

大丈夫。

 

「会社の飲み会に行かないあなた」を私は肯定します。

 

 

今回は以上です!

 

では。 

 

 

もしあなたが、「会社、いきたくないな。」が口癖の方なのだとしたら、 

こちらの本がおすすめです☆

 

良かったら読んでみてくださいね。