20代大手企業社員の頭の中

組織に依存せずに生きていける力を身に付けよう

【TOEIC900保持者が語る】英語を話せるようになるために必要なたった1つのこと

www.tanakayu30.com

f:id:until30y:20180522184902j:plain

 

f:id:until30y:20170914114739j:plainf:id:until30y:20170914114723j:plain 

 

 

皆さんこんにちわ。タナカユウ(@tanakayu30)です。

今日は、英語を話せるようになる上で最も大事にすべきことをお伝えしたいと思います。

 

英語を話せるようになりたい。

 

外資系の企業で働きたい、外国人と仲良くなりたい、海外を旅をしてみたい

そんな思いから、英語を話せるようになりたいと思われる方は多いと思います。

 

英語が話せるようになれば、外国人に道を聞かれてもスラスラっと答えられるし、

外国にだって1人でいけちゃうじゃん!みたいな

誰もが1度は思うことはあるのではないでしょうか。

 

ですが、英語を学ぶにあたってまず最初にすることはなんなんだ?って考えたことはありませんか?

 

英検の勉強?それともTOEIC?単語の暗記?海外映画を観ること?などなど

英語を学ぶためのツールは色々あるけれども、 英語を話せるようになるために、何をすべきなのかわからないのが、1番最初につまづくところだと思います。

 

なので今回は、

 

TOEIC945保持

5分間の英語スピーチコンテスト優勝

英語面接で通過経験あり 、かつ日常的に業務で外国人とのやり取りあり

 

の帰国子女ではない日本人としては、英語ができるね。と言って貰える私が考える英語を話せるようになるために最も大切な1つのことをあなたに伝えられたらと思います。

 

 

英語を話せるようになりたい。

英語を勉強しているけどなかなかうまくいかない。

 

そんな方には少しは役に立つ情報が入っているとは思います。

 

それではいってみましょう。

 

 

 英語を話せるようになるために必要なたった1つのこと  

 

 

それは「英語を話すこと」です。

 

英語学習であなたが1番悩んでいるであろう、英語を話せるようになるために必要なことは英語を話すこと。ただそれだけなのです。

 

え?そんな単純なの?もっと具体的に教えてよ。話せないから困ってるんでしょ?話せないのに、話せってあなた何言ってんの?

 

そう思われる方も多いと思います。

 

ですが、英語を話せるようになるために必要なことは英語を話すことなのです。

それ以外にはありません。

 

なので、もしあなたが「英語を話せるようになるため」に洋画を観たり、単語を覚えたりすることに時間を使っていたり、

 

あなたの1日が24時間ある中で、日本語を話す時間>英語を話す時間なのだとしたら、英語を話せるようにはなりません。

 

英語を話せるようになりたいなら、まず英語を話せ。

 

今日伝えたいことはこの1つだけです。

 

といわれても、強引だなあと思われる方が多数だと思いますので、詳しく説明していきますね。

 

話す力は話した回数に比例する

 

そもそも何で、アメリカ人、イギリス人、オーストラリア人が英語を話せて、私たち日本人が話せないか考えたことがありますか?

 

それはアメリカ人が英語を毎日話し、私達は話さないからです。

 

もっと言えば、私達が日本語が話せ、アメリカ人が日本語を話せないのは

私達は日本語を毎日話し、彼らは話さないからです。

 

もし、自分がアメリカ人だったら?イギリスに生まれたのなら?

英語を話せないと思いますか?

 

思いませんよね。英語圏に生まれ、英語を話すことが当たり前の環境に身を置けば、誰でも英語は話せるものなのです。これは日本語、ドイツ語などどの言語でも変わりません。

 

話しまくれば、話せるようになるのが言語というものなのです。

 

現在2足歩行できるのもあなたが毎日歩いているから

 

この毎日何かを行うということは、何かを進歩させるにあたって最も大切です。

それはあなたにとって当たり前である「歩くこと」を例にしても言えます。

 

生まれたときから歩けた人はいないと思います。あなたも生まれてからしばらくは手を使ってハイハイをしていたでしょう。

 

で、なぜ現在2つの足で歩けるのかと言うと、あなたが小さい頃から歩いたまたは歩こうとしたからです。

 

歩くという行為を何度も繰り返したから、体を支える上で必要な筋力、バランス感覚が身に付いていき、結果歩けるようになったのです。

 

もし仮にあなたが、1度も歩くことなく10歳になり、初めて2本足で歩こうとしても歩くことはできないでしょう。なぜなら、それに必要な筋力や、バランス感覚が身に付いていないからです。

 

つまり、歩けない赤ちゃんの状態でもあなたは歩こうと試行錯誤した結果、現在歩けるようになったのです。

 

それは英語も同じなのです。

 

英語が話せないながらも話すから、話せるようになる 

 

自身の日常を振り返ってみてください。何回英語を使い、誰かと会話をしましたか?

hello,how are you doing?なんでもいいですが、1日の会話の何割が英語を使ったものでしたか?

 

1度も話してないよ。9割以上は日本語を使っていたなあ。

というのが大半の意見だと思います。

 

だからです。

 

あなたが英語を話せない原因はただ1つ。

英語を話していないからです。

 

これをまず第一に頭に入れておいてください。

 

で、英語を話したいのに話していない原因は、英語を話すことから逃げることに一所懸命だからです。英語が話せない人の全てが、英語を話さないことに一所懸命なのです。

 

今から英語を話すことから逃げている典型例を挙げていきたいと思います。

 

TOEIC、単語の暗記、洋画を観るはただ話すことから逃げているだけ

 

英語の勉強をしよう!と思い経ったときにまず何をしますか?

多くの方は以下のようなものに時間を割きます。

 

TOEICの勉強、単語の暗記、洋画を観る、英語の本を読む、などなど

 

英語学習と言えば、上記のようなものに取り組む方が多いと思います。

これらに共通することが、話さなくてもできるものということです。

これらはすべてインプット(練習)にあたるものだからです。

 

上記全てに、英語を話すうえで最も大事な英語を話すという作業が含まれていません。

 

周りから見たら、熱心に単語帳を開き、毎日洋画を観ているあなたは「真面目」で

一所懸命に英語学習を頑張っている」人にみえるでしょう。

 

ただ、少しきつい言い方になってしまいますが、

 

私が思うのは、あなたは一所懸命」に単語を覚えているのではなくて

一所懸命英語を話すことから逃げているのです。

 

上記のようなものに時間を費やすことは、

サッカーがうまくなりたいのに、1度もボールを蹴らず、

Jリーグの試合ばかり観たり、サッカーのルールをひたすら暗記しているのと同じです。

 

一度もボールを蹴ったことが無いのにサッカーはうまくならないでしょう?

 

サッカー選手のビデオばっか見て、ルールばかり丸暗記して、有名選手の名前ばかりを覚える。しかし、ボールは全然蹴らない。試合に出たこともない。

 

そんな人がサッカーがうまくなることは決してありません。

ボールを蹴って、蹴って、蹴って、蹴りまくった後で、ビデオで研究したりするんです。まず大事なのは、ボールを蹴ることなのです。

 

英語も一緒なんです。

英語を話していないのに話せるようになるわけないんです。

 

まず試合(実際に英語で会話する)に出ましょう。

空振りしたり、いっぱい失敗しましょう。

 

そしたら、ちょっと練習(単語覚えたり、洋画見たりして英語の表現を覚える)して、

また試合(実際に英語で会話をする)に出ましょう。

 

その繰り返しです。試合(実際に英語を使う時間)なしに、上達はありません。

 

英語を話せるようになりたいなら、英語を話すことが当たり前の環境を手に入れろ

 

とは言われても、なら具体的にどうすれば英語を話す環境を手に入れられるの?

と思われる方も多いと思います。

 

話せるようになるから話す。言いたいことはわかるけど、それができないから苦労してんだよ!そう思われる方も多いと思います。

 

なので、私が個人的におすすめする英語を話せる環境の得方を3つお伝えしたいと思います。

 

①留学する

 

まずはド定番ですが、留学です。

4年間大学に通う正規留学、交換留学、語学留学、ワーホリなど何でもいいと思います。周りの方が英語を話す環境に身を置きましょう。

 

1週間でも意味あるぞ

 

あなたが学生であれば、つべこべ言わずさっさと海外に行って来いと言えるのですが、

会社員の方だと長期の休みを取ることが難しいのが現状だと思います。

 

そんな方は1週間でもいいから、留学に行って欲しいと思っています。

 

一般的に1週間、1ヶ月の短期留学は英語力向上に貢献しないと言われていますが、そんなことはありません。

 

たった1週間でも、英語を使って誰かと話したという経験は、言葉を学ぶことで広がる世界を教えてくれます。

 

次の会話ではもっと、相手の事を知られるようにしたい。

もっとうまく自分の事を伝えられるようになりたい。

 

その思いは、英語を学んでいく上で非常に大事になってきます。

1週間という期間は、そのモチベーションを養成するのに十分で

その経験があるかないかで、英語に取り組む姿勢は変わってきます。

 

なので、1週間、1ヶ月なんて意味ないなんて言ってないで、取りあえず行ったらいいんじゃないの?というのが私の意見です。

 

フィリピン語学留学であれば、1週間程の留学も可能で、

MMBSサウスピークがいいかなと思います。

 

*筆者はMMBSで半年間の留学の際、TOEIC340→900になりました。参考までに

関連記事:「半年でTOEIC340→900」を達成したから、実施したことを伝えるよ

 

*サウスピークはフィリピン留学の中で、スパルタ教育で有名です。

 バリバリやるのが、好きな方にはいい環境だと思います。

 

②外国人の恋人を作れ

 

次におすすめなのが、英語を話す恋人を作ることです。 

学生であれば、大学に留学生は沢山いるでしょう。なので、留学生と同じ授業を履修してみたり、留学生のたまり場?のような場所に足を運んでみましょう。

 

会社員の方であれば、中々外国人の方と出会う機会は少ないと思いますが、

Meetupという海外発祥のアプリなのですが、外国人の方々が交流会などを催しているので参加してみるといいと思います。

 

他にも、ネットで「外国人 交流 住んでいる場所」など検索すれば、バーや、イベントなど沢山出てくるはずです。

そこに足を運びましょう。日本に住んでいる外国人は日本人の事が好きなので、すぐ仲良くなれると思います。(恋人になるのが、楽かなあ。男女は言葉でうまく会話できなくても、ノリでなんとかなる部分も大きいのでおすすめです。)

 

③オンライン英会話を受講する

 

 上記の2つは少しハードルが高いと感じる方にオススメなのが、オンライン英会話です。

 

英会話力向上のために必要なのが、話すことだと言ってきました。

オンライン英会話であれば、1日25分毎日英語を話すことができます。

 

オンライン英会話教室で有名なのが、

DMM英会話(体験レッスン2回無料)レアジョブ(体験レッスン2回無料) です。

 

私はどちらでも受講経験があるのですが、DMMの方が国籍が多様で(セルビア、アメリカ、など)様々な国の先生と話せるので、楽しかったです。

 

(レアジョブは、フィリピン人の先生が中心ですが、料金はDMMより安いです。)

 

対面式の英会話教室であれば、週に1度で10万を取られることなんてざらですが、

オンライン英会話では、DMM5980円/月(1回あたり193円)、レアジョブ5800円/月(1回あたり187円)です。

 

マンツーマンレッスンですので、下手な英語を話しても全然恥ずかしくありません。

先生達もやさしいので、笑いながら指摘してくれますよ。

ただただ、英語で雑談をしているような感覚です。

 

2回の無料レッスンを受けられますので、是非1度体験してみてくださいね。

 

DMM英会話で無料体験レッスンを受けてみる

レアジョブで無料体験レッスンを受けてみる

 

 

最後に

 

どうですか?少しは役立つ情報がありましたでしょうか。

 

あなたにも英語を話せるようになるためにできることは

沢山あるはずです。

 

明日朝一番最初に言う言葉が「おはよう」ではなくて「Good Morning」に変えられれば少しは未来が変わってくると思いますよ。

 

今回は以上です!では!