【会社が辛い人必見!】会社を辞めたいなら、月13.5万円の不労収入を創造しよう。

f:id:until30y:20180328010548j:plain

 

書いた人:タナカユウ(@tanakayu30

 

目次:新入社員がお金の勉強をしたいと思ったら知っておくべき30のこと

 

 

会社辞めたい

 

現在私は30歳までに会社を辞めることを目標に生きています。

で、そのためには月13.5万円の不労収入が必要と考えています。

 

なので、今回は、なぜ私が会社を辞めたいと考えているのか、

そして会社を辞めるためになぜ、月13.5万円の不労収入が必要なのか、また具体的にどういった方法で月13.5万円の不労収入を得ようとしているのかについて書いていきます。

 

私のように就職したはいいけど毎日つらいと考えている方も多くいると思いますので、
そういった方には役に立つ情報があるかもしれません。

 

良かったら見ていってくださいね。

 

私が30歳までに会社を辞めたい理由とその実現方法について

 

会社を辞めたい理由=つらいから

その実現方法=月々13.5万円の不労収入の創造

月々13.5万円の収入で充分だと考える理由=物価の安い途上国に移住するから

 

それではまず、なぜ私が会社をやめたいのかについて書いていきたいと思います。

 

なぜ私は会社を辞めたいのか 

 

シンプルに嫌だからです。

 

私は、就職活動を経て、現在の会社に入社しました。
もちろん、自分自身で入社したいと思い、エントリーシートを書き、面接で入社させてください!と頼み込んで、入社できた会社です。

 

当時は、内定がもらえてうれしかったはずなのです。

 

ですが、毎朝起きないといけないこと、休みが自由にとれないこと、給与が固定給であること、上司に偉そうにされること、働く時間を自分で決められないこと、何をするにも上司の承認が必要なことなど

 

会社に属することで、背負うべきものが私にとって負担すぎて、どんどん嫌になっていきました。

 

100%の自分勝手に人生を歩むのであれば、明日会社に行きたいか?と問われると明確にNoだったので、であれば辞めようと思いました。

 

ですが、皆さんもお気づきかと思いますが、そこには乗り越えるべき壁があるのです。
そう「お金」の問題です。

 

会社を辞めるためには、「お金」が必要なんだ

 

わたしと同様会社に行きたくない方は多くいることでしょう。
もしかしたらあなたもそうなのかもしれません。

 

ですが、そこには生きていくためのお金が必要なのです。

 

このお金が十分にないと、生きていくことができず
会社で働いていた方がましな人生になるかもしれません。

 

多くの人が、そのお金の部分でつまずき、会社を辞める決意ができないのだと思います。私もそのうちの一人です。

 

ですが、私は入社時にあと40年間ここで同じ生活を続けられるか?と考えたときの答えが、明確にNoだったので、具体的にお金がいくらあれば、またどんな状態であれば、お金に不自由なく暮らせるのか考えてみよう思いました。 

 

物価の安い国なら、5人家族でも月々13.5万円の収入でなんとかなる(条件:フィリピンに移り住む)

 

私は、月々13.5万円の不労収入の創造に成功すれば、会社を辞め、フィリピンをはじめとする途上国に移住しようと考えています。

 

そうすれば、一生働かなくて生きていけると考えているからです。

 

色々、疑問点があるとは思いますが、まずはなぜいきなり途上国と言うワードが出てきたのかについて説明していきたいと思います。

 

3億円稼ぐのは無理だと思った

 

なんといってもこれです。

 

退職や、アーリーリタイヤに必要なお金の情報はネットに沢山転がっていると思います。

 

ですが、5000万円だとか、1億円だとか、3億円必要だとか言う情報もあって、
生涯年収に近い3億円ものお金を30歳までに用意するのは、不可能に思えました。

 

なので、もう少し少ないお金で働かなくていい状態になるにはどうしたらいいのか考えた結果が、日本で暮らすことを辞め、物価の安い国に移住するということでした。

 

日本で暮らすのに3億円かかるのであれば、物価が2分の1の国であれば、1億5千万円で済みます。物価が3分の1の国であれば、1億円で済みます。

 

このように、物価の安い国基準で、必要なお金を考えることで
現実的な目標に落とし込もうと考えました。

 

フィリピンであれば、月5.2万円の収入があれば生きていける。(5人家族の場合)

 

で、調べる中でフィリピンであれば、月5.2万円の収入で暮らしていけると知りました。

 

ちなみに、私は、将来3人の子供が欲しいと思っていて、そうすると5人家族になります。5人が暮らしていくために必要な金額を、日本の場合とフィリピンの場合で比べてみましょう。

 

日本

 

日本の世帯年間平均所得は546万円、世帯平均人数は2.47人です。
(*平成28年版(2016年版)の「国民生活基礎調査の概況」より)

 

大体「所得=収入×75%」ですので、年間の収入=546万円÷0.75=728万円となります。

 

つまり、年間の収入が728万円で、世帯人数が2.47人であれば私は日本の平均的な生活ができるということになります。

 

私は結婚をして、子供を3人欲しいと考えています。
なので、未来の私の世帯は私、奥さん、子供3人の5人となります。

 

日本の平均世帯人数は2.47人≒2.5人なので、

546万円×2=1092万円/年の所得(1456万円の年収)が無いと日本の平均的な生活を送れないということです。

 

 

では、反対にフィリピンを見てみましょう。

 

フィリピン

 

フィリピン統計庁(PSA)が発表した2015年の家計調査(FIES)で、全国平均の世帯年収は約26.7万ペソ(約57.4万円)です。

 

また、世帯平均人数は4.6人です。5人÷4.6人=1.08695652173913なので、57.4万円×1.08695652173913=62.39130434782609≒62.4万円

 

フィリピンの税率は5%~32%(*NIRC発表のデータより)ということなので、同じく25%と仮定すると、平均所得は62.4万円×75%=46.8≒47万円

 

つまり、47万円の所得(62.4万円の年収)があれば、フィリピンの平均的な生活を送れるということになります。

*ソース:Michael Bauer Research(2016年)

 

これが、月5.2万円(年間62.4万円)の収入があればフィリピンで生きていけるという根拠です。


ずいぶんと楽に感じたのではないでしょうか。

なので私はこの生活を目標に頑張っています。

 

 

3人の子供を大学に通わせるとすると、必要な額は月13.5万円になる

 

読者の方の中には、途上国に住むことも考えられないという方もいるだろうし、
大学はきちんと先進国の大学へ行かせてあげたいと考えられる方もいると思います。

 

私自身は、子供は特に大学に行かなければいけないとは思ってはいないのですが、
大学進学以外にも何か子どもがやりたいことがあれば、出してあげられるだけのお金は持っていたいので、

 

子ども3人を日本の私立大学の理系学部に入れるぐらいのお金は用意しておこうと思っています。

 

なので、大学に子供を3人いれるためにはいくらかかるのか計算してみました。

 

進学先別 入学費用のめやす                                                                                           

国公立・私立大別に見た入学費用(子ども1人あたりの費用)

 

f:id:until30y:20171105130737p:plain

 

 

受験費

入学料

在学費

合計

国立大

51.5

28.2

214.32

294.02

公立大

40.3574

39.343

215.124

294.8236

私立大・文系

71.6421

24.258

361.696

457.5964

私立大・理系

93.8564

26.244

495.519

615.619


*受験費=受験したすべての学校・学部の「受験料」および「受験のための交通費・宿泊費」
*在学費=(1年間の授業料+施設設備費)×4
出典:日本政策金融公庫「教育費負担の実態調査結果」(平成28年度)
・文部科学省「平成28年度学生納付金調査」
・文部科学省「平成26年度私立大学入学者に係る初年度学生納付金平均額調査」。

 

上記のデータによると、 
私立大・理系の費用=615.619万円なので、

 

3人分の費用は
615.619万円×3人=1846.857万円≒1847万円

 

3人が2年のずれで大学に入学すると仮定すると、
26年間で上記の金額を貯めないといけません。

 

よって、1年間で貯金するべき金額は
1847万円÷26年=71.03846153846154万円≒71万円

 

ゆえに、年間47万円+71万円=118万円の所得があれば、フィリピンの平均的な生活ができ、かつ3人の子供を日本の大学に通わせることができるということになります。

 

つまり、118万円÷75%=157.3333333333333≒157万円の年収があればいいということになります。

これを月に換算すると、

年収157万=157÷12ヶ月=月収13.08333333333333≒13.1万円

 

つまり、月々13.1万円の収入が得られる何かを創造すれば、働かなくても生きていけるということになります。

数字が細かいので、13.5万円にしましょう。

 

月々13.5万円を創造する手段が、「ブログ収入」と「資産運用収入」と考えた

 

で、月々13.5万円をフィリピンで暮らしながら得るにはどうしたら良いのかと考え、
思いついたのが上記の2つです。

 

ブログで月々13.5万円を目指す

 

ブログであれば、月々13.5万円以上稼いでいる方はごろごろいるでしょう。

 

私が30歳になるまでにはあと5年半ほどありますが、5年半頑張れば、13.5万円という数字はありえない物ではないと思っています。

 

5400万円の資産運用で月々13.5万円を目指す

 

投資信託などの資産運用であれば年利3%を平均で得られます。

 

5400万円×3%÷12か月=13.5万円となり、
金融資産5400万円を築くことができれば、13.5万円が働かずして入ってくる状態を生みだすことができます。

 

そのため現在は、株式投資などに力を入れています。

 

金融偏差値を高めたいあなたがとるべき3つの行動

 

どうでしたか?

少しは新たな発見や参考になることが書いてありましたでしょうか?

 

今回は、会社を辞めるためにはどの程度の不労収入が必要かをテーマに取り上げましたが、他にもお金に関しての知識で知っておいた方が特になることはたくさんあります。

 

例えば、

持株制度利用するか

生命保険には加入するかしないか

確定拠出年金の運用商品は何にするかなどでも、

 

平気で数百〜1千万円の差が出てきます。

 

 

その時々で、賢い選択ができればあなたはそれらの制度を恩恵を受けることができますが、反対に言えば、知らないだけで気づかぬ間に大きな損失を被ってしまうことだってあるのです。

 

だからこそ、早い段階で正しい選択をできるように知識を身につけることが必要なのです。

 

な・の・で

ここでは、少しだけおすすめの金融知識の身につけ方を紹介しておきますね。

 

①このブログを読もう

 

まず、このブログを読みましょう。

お金に関しては、【新入社員向け】お金の勉強をしたいと思ったら知っておくべき30のことにまとめてあるのですが、

 

こちらを読めば一通り知っておくべきお金にまつわること知識を身につけることができます。

 

②読書しよう

 

次は、お金に関するものであれば、何でもいいです。

本を読みましょう。

 

あなたにも日々の中で疑問に思うことがあるはずです。

 

先ほども述べましたが、

持株制度って何?

生命保険には加入するべきなの?みたいな

 

その際は、是非本を手に取って見てください。

 

ネットでもいいのですが、本の方が体系的に学べるので同じ分野の本を2冊以上読んでおくとより深く理解が進みます。

 

【新入社員向け】お金の勉強を始めるにあたって読んでおくべき本9選

おすすめの本をまとめてありますので、チェックして見てくださいね。 

 

③人に話を聞きに行こう

 

最後はですね、

 

「賢い人に話を聞きに行きましょう。」

 

やはり、これが1番楽だと思います。

 

周りにお金について詳しい人ってなかなかいないですよね。

勉強したい、けどやり方がなかなかわからない。

 

そんな思いを抱えることも無理ないと思います。

 

そんな時におすすめなのが、セミナーという場を利用して賢い人に直接話を聞くということです。

 

ファイナンシャルアカデミー「お金の教養講座」(無料)は講義形式のセミナーなのですが、私が入社1年目に行った際には、

 

節約の仕方〜資産運用の仕方まで丁寧に解説してくれました。

 

なかなか自分で調べたり、本を読んだりするのはハードルが高いと思いますので、

そういった方はサクッと話だけでも聞きにいって見ましょう。 

 

もちろん無料ですので、1度足を運んでみてくださいね。 

 

無料でファイナンシャルアカデミー「お金の教養講座」に参加してみる

 

 

 

長くなりましたが、最後にまとめておきます。

まとめ:私が30歳までに会社を辞めたい理由とその実現方法について

会社を辞めたい理由

→朝起きたくない、上司が嫌だ、行動に許可がいる等

その実現方法は?

→物価の安い国に移り住むこと

→月々13.5万円を得ること

 

そのために今何をしているのか

→ブログ収入で月13.5万円を目指す

→株式投資で5400万円の創造を目指す

 

こんな感じです。

何か参考になったことがありましたら幸いです!

今回は以上です。では。

 

 

関連記事

【新入社員向け】投資初心者にオススメな証券口座を教えるよ

【新入社員向け】大手企業社員のあなたにオススメなクレジットカード3選 

新入社員のあなたが、お金の勉強を始めるにあたって読んでおくべき本9選

 

目次:新入社員がお金の勉強をしたいと思ったら知っておくべき30のこと