(関関同立・MARCH向け) 【筆記試験が絶望的?】そんな君でも目指せる、有名企業を教えよう

・第3章―筆記対策編―

f:id:until30y:20180416195232j:plain

 

書いた人:タナカユウ(@tanakayu30

 

目次:大手企業10社から内定を得た私が考える「就活で必要な50のこと」

 

 

今日は、筆記試験できなくても面接を受けられる企業を紹介したいと思います。

 

(*私の就活の経験と友人からの話から選んでいます。つまり主観です。)

 

就活で最初に課されるであろう筆記試験。てこずっている人が多くいると思います。

就活になれば必ず以下のような人がいます。

筆記さえ通過すれば、
面接にさえいければ、なんとかなるんだよ

と思っている人。

しかし、勉強が嫌いでやりたくないんだよ!みたいなね

 

これ、就活時の私です。

 

筆記試験の勉強ってつまんないんですよね。
わかります。その気持ち。

なので、今回は筆記はできないけれど人間的魅力がありまくるあなたのために
筆記試験のハードルが低い企業を紹介してあげようではないかと思います。

筆記落ちまくって病んでいるそこのあなた!

任せろ!ここを受ければ、君は面接に行ける。

それではいってみましょう。

【筆記試験が絶望的?】そんな君でも目指せる、有名企業一覧

 

①リクルート

②キーエンス

③双日・丸紅

④楽天・サイバーエージェント

⑤金融(特に証券会社の営業)

三菱UFJモルガン・スタンレー証券、SMBC日興証券、みずほ証券、大和証券、野村證券

 

①リクルート

まずはリクルート!

リクルートはマジで筆記試験が関係ないです。
もっといえば、学歴関係ないです。関関同立・MARCH、産近甲龍・日東駒専でも内定が出ます。

 

筆記試験の良し悪しではなく、性格検査の傾向を重視しているみたいで、
SPIを受けた人ほとんどと面談をしてくれます。

 

私自身も、リクルートグループ(リクルート住まいカンパニーとか、リクルートキャリアと)を受けましたが、面接まではいけました。

企業と相性が合えば、筆記できなくても内定がもらえる会社の1つです。

 

②キーエンス(平均年収1500万円)

キーエンスも、学歴・筆記が関係ありません。
関関同立・MARCH未満の学生でも、面接に進めます。

 

平均年収は高い事でも有名です。

しかし、激務であることでも有名です。

気合と根性がある方におすすめです。

 

③双日・丸紅(平均年収1000万円越え)

 

次は総合商社の2つ、双日と丸紅です。

総合商社と言えば、筆記試験のハードルも高そうですが、
上記の2つはそこまで難しくはありません。

 

双日の場合では、偏差値50程の大学であっても内定者がいます。

 

三菱商事・住友商事・三井物産など財閥系ではないことも関係しているのだと思いますが、高学歴だけではなく、色んな大学から採用しています。

 

良かったら受けてみてください。

 

 

④楽天・サイバーエージェント

 

ミーハーの就活生にオススメなのが、この2つの企業です。

社員の10割がイケイケなことで有名な企業達ですが、
筆記試験のハードルは高くないです。

 

楽天に至っては超大量採用しますので、
とりあえず受けてみてはいかがでしょうか。

ワンチャンありますよ。

 

⑤金融(特に証券会社の営業)(平均年収1000万円越え)

三菱UFJモルガン・スタンレー証券、SMBC日興証券、みずほ証券、大和証券、野村證券

 

最後になりますが、金融系の営業です。
ここは、学歴・筆記関係ないです。気合と根性がある方大歓迎の企業です。

 

友達で、上記企業の営業職で働いている方がいるのですが、
相当仕事はきついみたいですね。

 

金融系の営業では顕著なのですが、大量のソルジャー枠の採用があります。

1年で半分辞めるとかもざらなので、1000人とか採用します。

なので、学歴・筆記のハードルはそこまで高くなくても内定を得ることは可能だと思います。

 

ただ、入社後続くかは別の話ですが、続けば福利厚生も良く、給与水準も高いので良い職場になるのではないでしょうか。

  

その他大手企業を目指したいなら、筆記は勉強しよう

 

 

参考までにですが、私自身の事を書いていきます。

私は、上記以外の企業を受けるのであれば、筆記は勉強した方がいいと思っています。

 

実際、私は筆記でめっちゃ落ちました。
なので、あなた方に偉そうに言える立場では決してありません。

 

私は29社の筆記試験を受け、11社筆記試験で落とされました

 

私は、勉強が嫌いで、筆記試験対策に全然気が乗らないタイプで、

 

数学の方の対策は、公務員試験向けの「数的推理」という本を買って、1日に1問だけ解いていくという勉強をやっていましたが、

国語の方の対策は、国語が嫌いだったので、一切やらなかったです。

すると、上記のような結果になりました。

 

あなたがもし入社難易度が高いところ、
外資の有名企業や、3大商社を受験するなら筆記対策は一所懸命にやった方がいいです。でないと、バンバン落ちます。

 

私は、正直なところ、さぼった側の人間なので偉そうには言えません。
ただ、筆記試験の対策はあなたの将来の選択肢を広げてくれます。

 

また、実はESや面接は周りの人に手伝ってもらいながら短期で質の向上を図ることはそこまで難しいものではありません。

 

関連記事:武庫川女子大学の就活生を「博報堂」のES選考に通過させてみた。

 

しかし、筆記試験の点数は1,2週間の対策のみで一気に上がるものでは無く、
地道な努力と時間を要するものです。

なので、やったほうがいいかなと私は思います。

 

ただ、どうしてもめんどくさいよ。

という人に限っては、先ほどあげた大手企業でも筆記の足きりの基準値が高くないところもあるので、そこを中心に受けてもいいと思います。

 

まあ、どんな、企業を受け、どんな対策をするのかはあなたの人生なので、 

筆記が難しいところは受けない。といった決断もありです。

自分の良さは筆記試験の点数じゃない。と割り切って面接対策に時間を費やすのもありです。

 

就活生が知っておくと良い話

 

最後になりますが、あなたに知っておくと良い話をしておきますね。

 

それが、就活の形は変わりつつあるということです。

 

私が就活をしていた時期は、

説明会に足を運び、筆記を受け、ESを書き、面接を受ける→内定というプロセスを経ることが当たり前でした。

 

しかし、時代はどんどん変わってきています。

 

例えば、キミスカ ニクリーチであれば、登録しておくだけで企業の人事からスカウトが届き、スカウトが届けば、他の学生と違ったプロセスで選考を受けることができます。

 

 

極端な話、

通常の就活をしなくても、内定がもらえる時代がやってきつつあるのです。

 

ちなみにですが、

ニクリーチでスカウトが来た場合は、人事の方が焼肉を奢ってくれますので、

就活を進められる+お腹が満たされると良いことづくしなので、チェックして見てくださいね。

 

また、就活ノート であれば、先輩の選考体験を見られますし、

ねっとで合説 であれば、企業の業務内容から社風まで動画で見ることができます。

 

今時は、何度も合同説明会に足を運ぶのではなく、

自宅で時間を節約しながら情報が手に入れられる時代なのです。

 

使えるツールは賢く使用して、効率よく就活を進めてくださいね。

 

 

*「そもそも、就活の進め方・これからのキャリアをどうしていいかわからない」という方は、

 

同じ大学出身の先輩に話が聞ける OB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」 で、先輩たちのぶっちゃけ話を聞くのもオススメです!

 

何か参考になったことがあれば幸いです。

 

今回は以上です!では!

 

 

関連記事

「大手企業社員が推薦する」大学生のうちに読んでおきたい本9選

就活生は「ハロー効果」について理解しておこう

 

就活関連はこちらでまとめてあります。

大手企業10社から内定を得た私が考える「就活で必要な50のこと」