20代大手企業社員の頭の中

組織に依存せずに生きていける力を身に付けよう

「イケダハヤト」や「ヒカル」に学ぶべき「リスクをリスクじゃ無くす思考回路」

www.tanakayu30.com

書いた人:タナカユウ(@tanakayu30

 

 

世の中に賢い人って沢山いますよね。

自分もあんな風になれたらいいのになと私は思っているわけですが、

 

今回は、私が最近この人たちは「賢い」と感じた「イケダハヤト」さんと「ヒカル」さんについて、私がそう考えた理由について書いていけたらと思っています。

 

それではいってみましょう。

 

 

「イケダハヤト」や「ヒカル」は賢いと私が思う理由

 

 

それはリスクがリスクでない環境を創りだしているから。

 

そもそも「イケダハヤト」「ヒカル」って誰?

 

 2人のことを知らない人はあまりいないとは思いますが、念のため、

イケダハヤトさん=1000万円で仮想通貨を買った人です。

 

詳しく知りたい方は、以下のブログを見るなり、ネットで検索してください。

www.ikedahayato.com

 

ヒカルさん=1000万円で宝くじを買った人です。

同じく、詳しく知りたい方は、以下の動画を見るなり、ネットで検索してください。

 

高額当選連発?1等7億円の年末ジャンボ宝くじを1000万円分買った結果

 
 
一日で、資産が半分になったりする仮想通貨に1000万ものお金を投入したり、
期待値が元金の50%程とも言われる宝くじに1000万ものお金を投入するのをみると
「アホなの?」と思われる方もいるのではないでしょうか?
 
ですが、上記の行動をみて私は「賢いな」「凄いな」って感心しました。
 

彼らはリスクを取っているようで取っていない

私はそう思うから、彼らを賢いと感じています。

 

いやいや1000万円もお金使っているんだから大きなリスク取っているでしょ。

と思われる方も多いと思いますが、その認識は誤っています。

 

良くわからない人ほどよく聞いてくださいね。

 

・イケダハヤトさんの場合

 

イケダハヤトさんは、「仮想通貨」を購入すると同時に、ブログで発信しています。

仮想通貨というほとんどの人が聞いたことのない事を取り上げるわけですから、

アクセスがバンバン集まります。

 

結果、口座開設などのアフィリエイトで月300万円ほどの収入を得ているわけです。

アフィリエイト売上が300万円を超えたよ!まだサラリーマンで消耗以下略 : まだ仮想通貨持ってないの?

これが1000万円を仮想通貨に投入するリスクヘッジになるわけです。

 

分かり易くするために、数字で計算してみますね。

 

「仮想通貨=元金から50%下落する可能性のあるもの」と定義すると、

1000万円仮想通貨に投入する。=500万円損する可能性がある。

1000万円仮想通貨に投入することをブログに書きアクセスを集める=300万円の収益が発生する。

 

ゆえに、-500万円(1000万円仮想通貨に投入する。ことに対するリスク)+300万円(仮想通貨についてブログで発信することで得られる利益)=-200万円

 

イケダハヤトさんの収入を300万円/月とすると、

彼が抱えているリスク(失うかもしれない金額)は200万/300万円

 

つまり、月収の2/3なわけです。

 

月収30万円の私の感覚で言うと20万円です。

ね?大したことないでしょう?失っても全然痛くないわけですよ。

 

・ヒカルさんの場合

 

ヒカルサンの場合は、宝くじに1000万円投入することを、youtubeで発信しています。

宝くじを1000万円分購入する人なんてまずいませんから、世の中が注目するわけです。

 

結果、その再生数は一つ当たりざっくり300万再生とかあるわけです。

1再生あたり、0.1円広告収入が発生すると言われていますからそれだけで30万円得られます。

 

結果、広告収入で900万円得られます。(月に30動画投稿するとして、30万円×30個=900万円)

これが宝くじに1000万円投入するリスクヘッジになるわけです。

 

分かり易くするために数字で表しますね。

 

1000万円分の宝くじを購入することで、得られる利益は元金の50%です。

つまり、1000万円の宝くじを購入する=500万円損するリスクを負う。

1000万円で宝くじを購入するなどの動画をあげ、広告収入を発生させる=900万円の収入が発生する。

 

ゆえに、-500万円(1000万円の宝くじを買うことで負うリスク)+900万円(1000万円で宝くじを買う動画をあげることで得られる利益)=400万円

 

つまり、宝くじで損してもなお、トータルでプラスになるわけです。

 

結局何がすごいか

 

損しても、損しない状態を生みだしていることです。

これがすごいんです。

 

ただ、1000万円仮想通貨に投資して、全資産失ったり、

1000万円を宝くじで溶かすなんてのは「アホ」です。

 

ただ、そういった「アホ」な行為、つまり誰もやらないようなことを

ブログ、youtubeで世に届けると「全資産失ったとしてもそれが価値になる」んです。

 

このように、自分が失敗してもよいような状況を作り出すことで、

更に大きな挑戦をして、世を沸かせることができるんです。

 

だから、そういった状態を作り出したこれまでの行動はさすがだなと思います。

 

自分のリスクヘッジは何か考えてみた

 

私は現在信用取引で、200万円借金しています。

資産200万円しかないにもかかわらず、計400万円の資産を運用しているということです。

 

私が投資している企業(オルトプラス、ファステップ、ピクセルカンパニーズ)全てが、倒産すれば、200万円の借金を背負うことになるわけです。

 

月収が30万円ですから、6倍以上のリスクを負っているわけです。

ですが、私自身も先ほどの二人と同じようにリスクを取っていないと私は思っています。

 

私にとっての、200万円の借金をしても良いと思える理由、

つまり、「失敗しても良い理由」や「大きな挑戦を後押ししてくれるもの」をあなたに伝えられたらと思います。

 

・若さ

仮に平均寿命までいきるのであれば、60年程あると思います。

200万円を60年で割れば、3万3000円です。月2700円です。

 

2700円/30万円=9/1000

その程度のリスクなら余裕だなって私は思えます。

 

・経験になる 

 信用取引って、株についてネットで調べると「絶対ダメ」って書いてあって、

誰かに絶対ダメって言われて止めてたら、なんにもやらない人生になっていくと思っていて、

 

つまり、200万の借金を背負っても、「自分がやりたいと思えたことに、きちんと挑戦してみた」とか「新しい経験が増えた」とかプラスになる面がいっぱいあって、

 

人生において、「世界が否定しても自分がやりたいことをやる」というのは私にとって重要なことでもあるので、それが守れるなら200万円は守るほどのものでもないなという感覚です。

 

・ブログで記事になる

これは「イケダハヤトさん」や「ヒカルさん」と同じです。

今は30人/日くらいのアクセス数で、発生した収益は計1500円ほどです。

 

全然リスクヘッジの役割を果たしていないブログですが、

近い将来そうなることを願って、書いていきますね。

 

「信用取引で200万の借金背負ってみた」という記事がかけるかもしれません。(笑)

 

まとめ

 

長くなってしまいましたが、最後にまとめておきます。

 

イケダハヤトさん、ヒカルさんを賢いと思う理由は、

 

イケダハヤトさん→ブログ

ヒカルさん→youtubeという場所での「発信」を通じて、

「損しても損しない状況を生みだしているから」でした。

 

わたしも2人のようになっていけたらなと思います。

 

今回は以上です。では。