20代大手企業社員の頭の中

組織に依存せずに生きていける力を身に付けよう

【帰れ。】会社の飲み会が嫌でたまらない入社1~3年目の君へ伝えたいこと

www.tanakayu30.com

f:id:until30y:20180317115302j:plain

おはようございます!

昨日の18時→今朝3時まで寝て、早朝からブログを書いているタナカユウ(@tanakayu30)です。

 

今日は「会社の飲み会の幹事になったとしても飲み会なんて参加しなくてもいいよ。」って話です。

興味がある方は読んでいってください。

 

先日、私の記事に対して、肯定的な意見と、否定的な意見が寄せられました。

 

元記事

 

絶対「定時退社」できるマインドセット


 

肯定的

 

否定的

f:id:until30y:20180317113758p:plain

 

* こちらのツイートした方を批判する記事ではありません。

ツイートした方と私は仲睦まじい関係です。ある意見には賛成も反対もあるという例として用いているだけですので、ご理解ください。

  

私はそういうのは馴れているので、なんとも思ってはいません。

 

しかし、誰かから否定されたり、世の中には多数派でないからと言って行動しないとい

う選択をする方が沢山いると思うので、あることをすれば必ずそれを否定する人がいる

ということは知っておいた方がいいと思うので、今回はまとめておきます。

 

飲み会が嫌でたまらないのに毎回参加してる君や

嫌なのに幹事を任されているから、飲み会で頑張ってる君には参考になることが書いてあると思います。

 

それではいってみましょう。

 

 

会社の飲み会が嫌でたまらない入社1~3年目の君へ伝えたいこと

 

「帰れ。」

誰が何と言おうと「帰れ。」

 

嫌われたり、陰口言われても

「帰れ。」

 

飲み会に参加しない君を悪く言う

幹事だから帰れない?

 

その程度の事で、自分が取りたい選択肢を選べてないのなら

君は一生「大勢の人が支持する選択肢」を選び続けることになる。

 

だから、

会社の周りの人が君を悪く言うかもしれない

少し人間関係がぎくしゃくするかもしれない。

 

けど、いやだからこそ

 「帰れ。」

 

 

あなたが何かをやろうとすると、それを否定する人は必ずいる。

これは当たり前かもしれませんが、覚えておいた方がいいです。

 

人は、生まれた場所、育った環境、出会った人、時代色々なものに影響され「価値観」というものを形成していきます。

 

その価値観の違いから、たとえば2つの道があっても、右に行きたい人もいれば、左に行きたい人もいるのです。

 

なので、どちらが間違っていてどちらが正しいというモノではありませんが、

あなたが右に行きたいのであれば、右に行けばいいのです。

たとえ、あなた以外の全員が左に進もうとも。

 

あなたには、自分の道を選ぶ権利があるのです。

 

正答率1%の問題があるように、支持者の多さは答えの正しさを担保しない。

 

これも覚えておいた方がいいと思っていて、基本的に「多数決」って意味ないんですよ。

 

現に正答率1%の問題だってあるじゃないですか、つまり、99人がこれが正しいに決まってる!間違いない!と言っている答えが間違っていて、1人が信じた答えが正しい場合があるってことです。

 

つまり、何がいいたのかと言いますと、

大勢の人が正しいということが正しいとは限らないということです。

 

今回で言えば、大勢の人が「飲み会に行くこと=善」と考えているわけですが、

その意見の支持者の多さが、その正しさを担保するわけではないのです。

 

君には君自身の正解がある。

だから、皆が違う答えを出しているからって君の選択を変えるなんてもったいないですよ。

 

君が全員から受け入れられているのは、君が何も発していないから。

 

おそらく、この記事を読むあなたは

会社の飲み会に行くのは嫌だけれども、周りの空気を壊したくないから参加していると

いう、他者を思いやる気持ちのある協調性のある方なのだと思います。

 

そんなあなたは周りから好かれ、会社の人たちとこれからもうまくやっていけると思います。

 

ですが、覚えておいてほしい事があります。

 

空気を読んでいれば、空気を読むあなたが好きな人があなたの周りには集まってきます。

そこには空気を読まず、本心で行動するあなたを好きになってくれる人は存在しません。

 

反対に、空気を読まずにいれば、空気を読まないあなたが好きな人が周りには集まってきます。

そこには、本心で行動するあなたを好きな人が存在するのです。

 

現に私は定時でそっこー帰宅する人が好きですよ♡ 

 

批判に馴れると行動できる範囲が大きくなる

 

これは本当にそうで、私も批判されると人並みに傷ついたりはするのですが、

そんなこと関係ねぇって、そうやって何度も行動してきました。

すると、誰かから認めてもらえなくても自分の判断で行動できる力が付いてきます。

 

こういった行動を起こすと、この程度の批判があって、こんな結果になるのか。

このくらいのデメリットなら全然耐えられるわ。どんどんやろう。って。

 

そうなると、勝手に自分自身でやってはいけないものというハードルを設けていたもののハードルがどんどん低くなっていって、手を伸ばせるようになっていきます。

 

これってもの凄いことで、多数決に流されないようになると

自分の気持ちに正直になることができて、かつ「物事の本質はなにか」って常に考えよ

うとする癖がつくんです。

 

結果、自己肯定感というか、「人生は自分で決められる」んだって思えるようになって

いくんですよね。

 

僕はいつも誰かから批難されてきた

 

私は、生まれたころからですが、ずっと怒られてきました。
 

火遊びは絶対するなと親に言われていたけれど、隠れて友達とやりまくっていたし、

高校生の時、学年1のインキャなのに校内1の年上アイドルに告白したし、

 

大学では、周りの97%はゼミに入ったけれど自分は入らなかったし、

働き始めてからも、皆は飲み会に行ったり、残業をするけれども私はしないし、

 

あれほどやってはいけないといわれる信用取引(借金して株式投資をすること)をやりまくるなど。

 

これまで周りがとらない行動を取り、結果沢山の人から批難され、怒られてきました。

 

けど、だからこそ多数派が正しいとは限らないと知った

 

もちろん、周りの他者が良く思わないことをやってきたから、それなりに失敗もしたりしました。けど、だからこそ皆が得られていない結果も得られることもありました。

 

周りの人はお前にあいつは無理だと言ったけど、アタックして

学年1のインキャだったけれども校内1の先輩アイドルとつき合えたし、

 

みんなは集中投資(お金の常識では分散投資が正義とされている)はやめとけと言った

けれど、全資産を3つの個別銘柄に投入して、結果利率100%以上の利益を得たりもしました。

 

 

つまり、皆にやめろと言われて、アイドルへの告白を止めてたら、

あの子と過ごしたあの時間は存在し得なかったし、

 

お金の常識がそうだからと言って、分散投資をしていたら、

50万円の資金で50万円以上の利益を得ることなんて決してできませんでした。

 

だから、多くの人が否定することの中にも正解は必ずあって、そのことに気づくことが

できたのは、皆に否定されて、嫌われて、それでも挑戦したという経験があるからです。

 

だから、あなたにも自分が属しているコミュニティーの少数派というだけの理由で、自

分が本当に取りたい行動をあきらめてほしくはないのです。

 

やりたいことがあるならやれ!

やりたくないことがあるならやるな!

どうしてもやらなくてはいけないことがあるのなら、原因を明確にして、その改善に時間を割け!

だから、心からワクワクできることに時間を割いて欲しい

 

結局は、その選択に自分はワクワクするのかって話なんですよ。

 

飲み会に心からのワクワクを感じられますか?感じられるならどうぞ行ってください。

むしろ毎日行きましょう。

 

ですが、あなたの場合は違うと思っていて

あなたは「会社の飲み会行きたくない」「つらすぎワロタ」「時間をもっと有意義に使

いたい」そう思うから今この記事を読んでいるんですよね?

 

つまり、会社の飲み会に一切ワクワクを感じてないわけですよ。 

 

だったら答えは一択。

さっさと飲み会なんて行くのをやめてワクワクできることに時間を割きましょう。

 

私がなぜ飲み会に参加しなかったり、定時退社を徹底しているのかと言うと

自分がワクワクできることに割ける時間の総量を多くしたいからです。

私は、いつもワクワクしていたいんです。

 

飲み会や残業するはずだった時間で、

ブログを書いたり、投資の勉強に割いたり、

かわいいことデートしたり、かわいいことLINEしたり、かわいいこの妄想したり、そんなことです。

 

会社の飲み会行ってたら、今この記事書いてないですからね?

あなたにこの記事を届けられてないですからね?

 

会社の飲み会に行ってたら株価が2倍になった銘柄なんて買えてないですからね?

 

私は、このブログを通じて月10万円以上の収益を狙っています。

実際、そういう人がごまんといるわけですから不可能ではないわけです。

 

自分もそうなれるかもしれないと思うと、ワクワクするじゃないですか?

 

株式投資も同じで、株価って不安定で、明日どうなるのか分かりません。

けど、1か月後10倍になってる可能性もそこにあるわけで、人生を変えられる可能性が

そこにあるわけで、それにはものすごくワクワクするわけです。

 

だから、その可能性を少しでも高めるために本を読んだり、情報収集をするわけです。 

 

だから、本当にシンプルで

「会社の飲み会への参加にワクワクはあるか?」と言う問いに対して

答えがYESなら行けばいいし、Noなら行かない。ただそれだけの事なのです。

 

最後に言いたいこと

 

私は、飲み会に行かない君を肯定する。

幹事なのに、飲み会に行かない君を肯定する。

だからびびってないで、「帰れ。」

 

大事なのは「自分がどうしたいかなんだよ。」

日和ってんじゃねーよ。

周りが否定してくることこそ、やれ!

君にはもっとワクワクできることがある。

 

今回は以上です。では。