20代大手企業社員の頭の中

組織に依存せずに生きていける力を身に付けよう

【実践済】明日から実践できる!苦手な会社の先輩を黙らせる6つの言動

www.tanakayu30.com

f:id:until30y:20180420232616j:plain

こんばんわ。タナカユウ(@tanakayu30)です。

 

今日は、むかつく会社の先輩を黙らせる方法について書いていきたいと思います。

あなたの会社にもいると思います。

 

うざくて、うざくて、うざくて、うざくてむかつく先輩社員が。(笑)

 

関連記事:

退職を決意した「先輩社員のうざすぎる言葉5選」

What do you mean?会社の先輩が良く使う理解不能なビジネス用語ベスト5 

 

いますよね?

ですが、先輩ということもあって対処の仕方に困っている方も多いと思います。
うまくやらないと仕事に支障が出るし、会社行きづらくなるの嫌だし、みたいな。

 

なので、今回は
できるだけ今後の仕事への影響を抑えながらも、効果抜群の会社の先輩を黙らせる方法方法を紹介していこうと思います。

 

先輩がうざすぎてストレス満タンのそこのあなたにぜひ読んでいってもらいたいと思っています。

それではいってみましょう。

 

明日から実践できる!むかつく会社の先輩を黙らせる6つの言動

 

①心を無にする

まずはこちらです。

一見先輩を黙らせる上で関係なさそうですが、根本の考え方なので紹介しておきます。

先輩社員って、
言ってないことを「それ前言ったよね?」と怒ってきたり、
質問したら、自分で考えろ。自分で考えていたら、分からなかったらすぐに聞け。など
意味不明なことをネチネチネチ言ってくるでしょ?

 

そういう事を真面目に聞いていると、精神病むんですよ。しんどいんですよ。
だから、何を言われても心を無にすることが必要なのです。

 

具体的には、説教中は心の中で「金のため金のため金のため」と呟くのです。

 

先輩「ねぇ、それ前に言ったよね?自分で考えろよ。分からなかったらすぐ聞いてって言わなかった?」

わたしの心の中「金のため金のため金のため」みたいな。

 

会社では素晴らしいことに、先輩のうざい説教の時間にもお金が発生しているのです。
そう思えたら、少しは楽になると思いますよ!

 

なので、まず先輩の説教に動じないメンタリティを身につけましょう。

 

次からは徐々に実践的にしていきますね。

②話しかけられても一切顔を観ない

次はこちら!難易度で言えば初級です。

 

目を合わすと、めちゃめちゃうざいですが、
顔を見ずに説教だけだと、めちゃうざいくらいになります。

 

人は、文字から(メール)7%、口調や声のトーン(電話)から38%、眼(直接)から55%影響を受けるというデータもありますから、(メラビアンの法則)

目を見ないというだけで、55%の情報を遮断できるのです。

 

つまり、それに伴ってあなたが受けるストレスも半分近くになるのです。

これは本当に効果ありなので、是非試して欲しいと思います。

 

③雑談中も一切笑わない

 

次はこちら!こちらも難易度としては初級です。

 

うざい先輩も機嫌が良い時は、雑談をしてきたりもするでしょう。
昨日さあこんなことがあってさあ。(笑)(笑)

みたいな。

 

そんな時に愛想笑いは決してしてはいけません。
「そうですね。」と真顔で応対しましょう。

(ありったけの、興味の無さ、冷酷さを目と声に詰めるとなおよしです)

 

相手がチョケてきている瞬間は、相手はこちらに心を開いている時間です。
なので、そこに冷たい対応攻撃をかましてやりましょう。

 

相手は油断しているので、思ったよりもダメージを食らうはずです。

 

④1回無視する

次はこちら!難易度は中級です。

シンプルに無視をする。です。

 

小学校、中学校では無視することはイジメです。
絶対してはいけません。と教えられてきたとは思いますが、

あなたの先輩うざすぎワロタ状態という緊急事態を目の前にすれば、話は別です。

 

思いっきり「無視しましょう」

 

で・す・が

あなたももう立派な大人なので、ずっと無視することはしない方がベターです。
なので、一回、一回だけ声が聞こえなかった体を装いながら無視するのです。

 

良くわからないと思いますので、具体例を見ていきましょう。

 

むかつく先輩「タナカ君、ちょっといい?」
わたし「・・・・・パソコンカタカタカタ」

むかつく先輩「ちょ、タナカ君!!!
わたし「はい??」

 

これを複数回繰り返すのです。1回だけでは意味ないです。
たまたま聞こえなかったと思われてしまいます。

 

1日おきぐらいにやると丁度良いかなと思います。

 

むかつく先輩「タナカ君、ちょっといい?」
わたし「・・・・・パソコンカタカタカタ」

むかつく先輩「ちょ、タナカ君!!!
わたし「はい??」

 

1日後

むかつく先輩「タナカ君、ちょっといい?」
わたし「・・・・・パソコンカタカタカタ」

むかつく先輩「ちょ、タナカ君!!!
わたし「はい??」

 

2日後

むかつく先輩「タナカ君、ちょっといい?」
わたし「・・・・・パソコンカタカタカタ」

むかつく先輩「ちょ、タナカ君!!!
わたし「はい??」

 

このくらいのペースで無視すると、明確に意図してやっていることが
やんわりとではありながらも、先輩社員に伝わります。

 

正面切って先輩に対して「あなたが嫌いです」とはなかなか言えないとは思いますが、
徐々に伝えていくと言う方法であればできなくはないと思います。

 

あなたが先輩を嫌いという意思が伝われば、確実に先輩の攻撃力は弱まります。

がんばりましょう。(笑)

 

⑤もう1回言って貰っていいですか?を2回繰り返す

次はこちらです!難易度は、、中の上くらいですかね。(笑)

まあ、このくらいであれば気合でなんとか実行できるレベルだとは思います。

 

この段階では、やんわりとではなく、一発で「あなたが嫌いですよ」ということを先輩に対して伝えていきます。

 

もう1回言って貰っていいですか?と言う言葉を2回繰り返すという単純な作業ですが、まあまあ相手はむかつくので、試してみてもよいと思います。

 

こちらも実際の実践方法を見てみましょう。

 

先輩「〇〇はこれこれで、なになには△△なんだよ」
わたし「すみません。全く聞こえなかったので、もう一回言ってもらっていいですか?」

先輩「だからあ、〇〇はこれこれで、なになには△△なんだよ」
わたし「私が頭悪いのか、先輩の説明が下手なのかわかりませんが、理解できないのでもう一回言って貰っていいですか?」

 

ここまで言えば、相手はもういいわ。となり、それ以上は言ってこなくなる可能性は大きいでしょう。

 

また、このセリフを言ってのけられる人なら、もう先輩にどう思われてもいいというメンタリティが形成されているので、もう何を言われてもやっていけると思います。

 

で、す、が、
私の先輩はうざさレベルが中学の生活指導のバスケ部顧問くらい高いので、
この段階までは余裕で乗り越えてきました。

 

なので、次は最終兵器なので、できれば使用は避けた方がいいのですが、
どうしても腹が立つ、黙らせてやりたいという方はやってみましょう。

 

⑥ガチで切れる

非常にシンプルですね。「切れる」

むかついたら、うざかったら一回正面切ってキレるという行為をしてみましょう。

 

それが最も効果があります。

なめんなよ。ふざけんじゃねぇよ。社会人らしからぬ言葉遣いと言われる言葉達ですが、気合入れて使っていきましょう。

 

あなたの会社生活を左右するのです。今使わずしていつ使うのでしょうか。
ってなわけで、こちらも実践の場を覗いてみましょう。

 

先輩「タナカ君さあ、〇〇ってこないだ言ったよね?なんで勝手にやるわけ?」

わたし「いや、言ってませんけど、私先輩が言われたことメモしてるの知ってますよね?どこのページですか?昨日?一昨日?2日前?書いてませんけど?いつどこで何を言ったんですか?すぐ調べますので」

 

先輩「・・・・・・・・・・・」

わたし「ていうか、先輩って私がミスすれば、ここぞとばかりに説教してきますけど、先輩もミスしてますからね?一昨日のアレとか、昨日のそれとか、今日だって。。。
後輩だから言わなかったですけど、あのミスの方が後処理大変でしたよね?

先輩なんだったら、もっと頑張ってくださいよ。見習うんで。」

 

このくらい言えば、2人の関係は崩壊です。
私の先輩とわたしは隣の席に位置していますが、会話の回数は5分の1ほどになりました。

と同時に私のストレスも10分の1になりました。ぱちぱちぱち―!!!!

 

まとめ:むかつく会社の先輩を黙らせる6つの言動

①心を無にする

②話しかけられても一切顔を観ない

③雑談中も一切笑わない

④1回無視する

⑤もう1回言って貰っていいですか?を2回繰り返す

⑥ガチで切れる

 

色々紹介してきましたが、一番大切なことは「嫌われる勇気」を持つことです。

 

皆に好かれ、皆に愛されるということはありえません。
皆に好かれ、皆に愛される人を嫌う人もいるからです。

 

皆に好かれようとして、嫌いな人からも好かれようとしていれば、
一番大切にしなければならないはずの「自分」から嫌われてしまいます。

 

嫌いな人(先輩)から良く思われ、大事な人(自分)を苦しめているのってもったいないとは思いませんか?

なので、時には戦うということもしてみましょう。
大丈夫。先輩に嫌われても給料下がんないし、死なないから☆

 

今回は以上です。では

 

関連記事:

【あなたはいくつあてはまる?】1年働いて分かった「大企業に向いてない人の5つの特徴」