20代大手企業社員の頭の中

欲しいものには手を伸ばしていこうよ。

【残業経験なしの会社員2年目直伝】定時退社に必要な3ステップ

f:id:until30y:20180421204016j:plain

 

こんばんわ。タナカユウ(@tanakayu30)です。

 

今日は、いかに残業を減らして労働生産性の高い人になるか、という方法論を解いていきたいと思います。

 

色んな業務があなたに降りかかってくると思いますが、あなたはその仕事をいつまでに終わらせなければいけないか明確にできていますか?

 

また、どんな仕事が優先順位が高く、またどんな仕事は後回しにしてもよいのか理解できているでしょうか?

 

もし、目の前の仕事をただただこなしてるだけなのであれば、
あなたが毎日残業している理由は、そこにあるのかもしれません。

 

もしあなたが習慣になっている残業を今すぐにでも止めたいのなら、
何か為になる話が書いてあるかもしれません。良かったら見ていってくださいね。

 

それではいってみましょう。

 

 

会社員2年目私が伝える、定時退社するために必要な3ステップ

 

①定時に帰る

まずは超シンプルに行きましょう。

 

定時退社する上で1番大切なことは、「定時で帰ること」です。

 

なので、もし定時退社できるようになりたいのであれば、明日あなたがやるべきことは、定時になれば帰ることです。

仕事が終わっていなくても、周りから白い目を向けられようとも関係ありません。

 

まず、帰りましょう。

 

え?どうゆうこと?と思われる方も多いと思いますので、説明していきますね。

 

あなたがだらだら残業しているのは期限が明確でないから

多くの人の感覚として、これらの仕事が終われば帰ろうとか、
終電まではとりあえず終わらせられるとこまではやろうみたいな、

 

そもそも仕事を終える期限を決めてなかったり、残業前提で仕事をこなしているということがあると思います。

 

私としては、その仕事の期限が不明確なまま仕事をしていることが
残業が習慣になってしまっている原因だと思っています。

 

だって、期限が定まっていないのであれば、とりあえず時間をかけていればいつかは終わるからです。100個の単語を覚える時でも、

 

1時間1単語の暗記でも100時間費やせば100個暗記できますし、

2時間1単語の暗記でも200時間費やせば100個暗記できます。

 

どれだけ生産性の低い人でも、ありったけの時間を注げば仕事は終わるんです。
 

残業が習慣になっている人も上記のような状態です。
自分でリミットを決めていないから、単純な選択肢である時間を多く費やすを選ぶのです。

ただ、人生において時間は有限です。できるだけ消費せずにいたいと思いませんか?

 

テスト前日の集中力は、テスト1週間前の10倍

 

あなたにもあるはずです。

テスト前日まで全然勉強せず、一夜漬けで試験を乗り切った経験が。

 

その集中力は1週間前のそれとは比べものにならなかったはずです。

 

期限までに時間が1週間あれば、単語も覚える気にならないかもしれませんが、
反対に、3時間しかないのであれば、3時間で100単語記憶するためにはどうしたら良いかに意識が回るでしょう。

 

明日は試験なんだけど、赤点は免れたい。

数学と英語は得意だから何とかなる。ならやるべきは社会だ。

 

社会の全部を暗記していては時間が足りないから、過去問10年分解いて出題されているものだけは完璧にしておこう。みたいな

 

期限が定まっているからこそ、なにをやるべきで、なにをやらないのか
そして今できる最善の策は何か決断し、行動に移せたはずです。

 

テストが2週間後とか1週間後またまた、いつ行われるかも決まっていない状態では試験前日の集中力は発揮されません。だって今日やらなくても何とかなるから。

 

退社時刻を決めずに残業をしていることは、試験日が決まっていないながらも勉強するようなものです。そんなのやる気が出るわけないでしょう?

 

結果、残業残業残業となるわけです。

 

まず、定時退社する。それが定時退社するために1番大切なことなのです。

 

②今日終わらすべき仕事に集中する

次はこちらです。今日するべき仕事のみに集中するということです。
つまり、明日でいい仕事は明日手をつけ、1週間後で良い仕事は1週間後まで放っておけばよいのです。

 

そもそも仕事の期限を決めてなさすぎる

先ほども書きましたが、もう一度強調しておきます。
ほとんどの人はその仕事がいつの何時までに終わらせるべきなのか
把握していません。

 

そのため今日でなくて良い仕事にまで手をつけ始め、結果残業することになるのです。

なので、若手社員であれば仕事を振られることが多いと思いますので、
自分に仕事が回ってきた瞬間に「これはいつまでに終わらすべきですか?」と聞きましょう。

 

急ぎであれば、今日中で、

急いでないから手が空いた時にやってと言われれば、今週中で大丈夫でしょうか?と確認をしっかり取りましょう。

 

この仕事への期限決めができていないと、何から手をつけてよいのかわからず
パニックになります。

 

とは言っても優先順位の付け方なんてわからないよ。
という方もおられると思いますので、私が実践している仕事への優先順位の付け方を紹介していきますね。

 

「偉い人から頼まれたもの」はその日に仕上げる

まずはこれ、偉い人から降りてきた仕事は秒で終わらせましょう。
これまでの仕事の手を全部止めてかまいませんので、こちらに取りかかってください。

(ただし、今週いっぱいで大丈夫と言われたものに関しては「今日」でなくても大丈夫です)

 

なぜなら、偉い人が頼んでくる案件は緊急度、優先度共に高い可能性が高いからです。

 

社長>部長>課長>先輩社員です。

覚えておきましょう。

 

「他部署 or 社外の承認が必要なもの」はすぐ終わらせる

次は他部署や社外と協力して進めている案件の場合です。

こちらも優先度はあげましょう。なぜなら、進む速度が遅いからです。

 

物事を進めるためには、承認が必要です。
社内であっても、物事を決める際には自分、課長、部長とハンコリレーが必要だと思います。他部署や社外にも同様の事があって、関わる部署、社外が多ければ多いほど進む速度が遅くなるのです。

 

部署①(担当者、課長、部長)

部署②(担当者、課長、部長)

部署③(担当者、課長、部長)みたいな感じです。

 

なので、他部署、社外と関わりがある仕事はその日中に仕事を終わらせましょう。

 

「部署内 or 自分のみで進められる仕事」は後回しでいい

最後はこの仕事で、優先順位は低めです。


ただの事務的な作業であったり、期限が遠い先のもののことを指しています。
これはこれまでの仕事がひと段落ついた後や、集中力が無くなってきたらとりかかるようにしましょう。

 

上司から頼まれたものでもなく、他部署との関わりの発生しない仕事は
緊急性も低く、承認に時間がとられるものでもありません。

 

なので、自分さえ手を動かせば片付くものです。

期限さえ決めて、遠い先なのであれば、終わらせなくても大丈夫です。

 

とまあここまで、仕事の優先順位の決め方について書いてきましたが、
ここまでやっても時間が足りないんだよ。という方も少なくないと思います。

 

なので、ここからは時間が無い中でいかに時間を生み出すのかに焦点を当てて
書いていきたいと思います。

 

③会議に出ない、昼休みの1時間、始業前の1時間も働く

最後はちょっくら根性論が入ってきますが、定時で帰りたいのであれば実施すべきことたちです。一つ一つ説明していきますね。

そもそも若手社員は会議に出席しなくてもいい

もちろんこれも会議によるのですが、自分が主催者でないもの、
お偉いさん方が多くいる会議は一切参加しなくてもよいと私は考えています。

 

なぜなら、若手の仕事は作業を進めることにあり、判断の仕事は上層部の仕事だからです。会議の場はその判断するための場であり、主役は若手ではなく、課長、部長などの役職者です。

 

なので、もし必要な作業を進める時間が十分でないのであれば、
まずやるべきなのは会議の出席ではなく、手を動かし作業を終わらせることなのです。

 

あなたにも、1度も意見を発せずに終わる会議、ああ他の仕事したいなと思いながら参加している会議があるはずです。

 

もし、定時退社したいのであれば、その会議に参加する時間を仕事を進める時間に回しましょう。

 

多くの場合、誰にも文句は言われないはずです。 

 

昼休み、始業前の1時間を仕事にあてろ

ちょっとブラック臭が漂っていますが、本気で定時で帰りたいのであれば
昼休み献上して働き、始業1時間前から仕事を進めてもよいと思います。

 

こういうことを言うと、昼休みや、始業前は手当てが出ないじゃないか、
残業した方が給与が出るのだから得じゃないかと言う意見が出てくるのですが、
私は違うと思っています。

 

こまぎれの2時間よりも、まとまった2時間の方が価値が高い

シンプルに、早朝ってすることあまりないじゃないですか、寝るくらいしか
また、昼休みも完全に自由ではなくて、会社の食堂や良くて近くの店で食事をするということしかできない制約のある時間なわけです。

 

ですが、終業時間後の2時間は完全に自由な時間です。
カラオケに行こうが、彼女彼氏とデートしようが、本を読もうが、映画を観にいこうがかまわないのです。

 

つまり、終業後の2時間 > 始業前の1時間+昼休みの1時間で、だからこそ
手当てが出ないことを差し引いても、定時で帰るメリットは大きいのです。

 

だから、私としては昼ご飯を食べて、残業をしているくらいであれば、
食事しながら(カロリーメイトとか)仕事を勧めてはいかがでしょうかということを言いたいです。

 

もし、今の環境を変えたいと思ったなら?

 

もし、 もっと自分にあった企業の仕事内容や待遇を知りたいと思ったなら、 リクナビNEXT マイナビジョブ20'sチェックして見てくださいね、業界大手が運営されているので幅広い業種の企業の紹介をしてくれています。

 

また、 MIIDAS(ミイダス) では、自分自身の経験やスキルを入力するだけで予想年収を教えてくれます。自分の市場価値って一体どのくらいなんだ?と気になる方は是非チェックして見てくださいね。

 

ちなみに、リクナビNEXT 内のグッドポイント診断

は自身の行動特性からどんな強みがあり、何に適性があるのか示してくれるので

転職はまだ考えてはいないけれど、そもそもどんな働き方が自分には向いているのか知りたい方は是非使用して見ましょう。

 

IT・WEB関係に興味がある方は、レバテックキャリア がおすすめです。 

 

もちろん全て無料です!

 

さいごにまとめておきます。

 

まとめ:会社員2年目私が伝える、定時退社するために必要な3ステップ

①定時に帰る

②今日終わらすべき仕事に集中する

③会議に出ない、昼休みの1時間、始業前の1時間も働く

 

定時退社を始めたうちは、嫌味や周りからの白い目で苦労すると思います。
ですが、そんなものはすぐになれるので安心してください。

 

また、定時退社を文句言わせないくらいの仕事ができるように
精進して行けるよう頑張っていきましょう。

 

もし、どんなにあなたが努力しても残業せざるをえないのであれば、環境を変える。つまり転職も視野に入れましょう。

 

 

今回は以上です。何か参考になったことがあれば幸いです。では。

 

関連記事:絶対「定時退社」できるマインドセット