コーポレートディレクション(CDI)に通過したES(エントリーシート)を公開しておくよ

書いた人:タナカユウ(@tanakayu30

 

目次:(関関同立・MARCH向け) 大手企業10社から内定を得た私が考える「就活で必要な50のこと」

 

下記が就活時私が書いたESです。良かったら参考にしてみてくださいね。

 

 

「あなたが学生時代に成し遂げたことについてお聞かせください。」(200文字)

 

「偏見からの脱却」を成し遂げた。
メディアの影響から中国人は悪い人など、国で判断していることがあり、
視野の狭い自分を小さく思い、改善しようと思った。
そのため、国際交流サークルに参加するなどして、世界60か国の人々と触れ合い、事実を知ろうとした。その結果、中国人に助けられた経験などから、間接的でなく、自分の目で確かめる大切さを肌で学んだ。
貴社でも、偏見を持たず、物事の本質を捉えることを大事にしたい。

 

 

「あなたがCDIで働くとしたら、どのような強みを活かせるかお聞かせください」(200文字)

 

適応力が活かせる。

貴社では企業の海外進出の支援に力を入れていると伺った。

その海外市場調査の際、異なる環境での適応力が必要だと考える。

私は、フィリピンで台風を経験し、インフラ使用不可、窓、屋根無しの状況で、体調を壊さなかった唯一の日本人だった。また、現地人と協力し、復興の支援をした。

つまり、私は環境の変化に強く、異なる考えを持った人とでも、物事を進める力がある。これは市場調査の際、活かせると考える。

 

就活生が知っておくと良い話

 

最後になりますが、あなたに知っておくと良い話をしておきますね。

 

それが、就活の形は変わりつつあるということです。

 

私が就活をしていた時期は、

説明会に足を運び、筆記を受け、ESを書き、面接を受ける→内定というプロセスを経ることが当たり前でした。

 

しかし、時代はどんどん変わってきています。

 

例えば、キミスカ ニクリーチであれば、登録しておくだけで企業の人事からスカウトが届きます。スカウトが届けば、他の学生と違ったプロセスで選考を受けることができるのです。

 

就活しなくても、内定がもらえる時代がやってきつつあるのです。

 

ちなみにニクリーチでスカウトが来た場合は、人事の方が焼肉を奢ってくれますので、

就活を進められる+お腹が満たされると良いことづくしなので、チェックして見てくださいね。

 

また、就活ノート であれば、選考体験を見られますし、

ねっとで合説 であれば、企業の業務内容から社風まで動画で見ることができます。

 

就職活動に何度も合同説明会に足を運んでいては時間が勿体無いです。

今時、足を運ばなくても情報は手に入れられる時代です。

 

是非有効活用してくださいね。

 

 

関連記事

Amazon Japan(アマゾンジャパン)に通過したES

Panasonic(パナソニック)(事務系)に通過したES

 

目次:(関関同立・MARCH向け) 大手企業10社から内定を得た私が考える「就活で必要な50のこと」