【こんな社会作ろーよ】ゆとり世代が考える最高の会社の7つの特徴

f:id:until30y:20180801201930j:plain

書いた人:タナカユウ@tanakayu30

 

ゆとり

 

 

・やる気ない

・定時で帰る

・飲み会参加しない

・好きなことしかやらない

 

ゆとりと言えば、上記のようなイメージを挙げられると思います。

 

そんな若者と普段接していると、

 

これだから最近の若い奴は、、、

仕事への姿勢がなってないな、、、

 

そう思われることもあるかもしれません。

 

 

私自身も現在会社員2年目なわけですから、ゆとり教育の真っただ中で育ってきて、絶賛上司らから意味不明だなと思われている人間です。

 

 

今回は、そんな入社2年目の私がこんな会社であれば働きたいと思える企業の特徴を5つ上げてみました。

 

今時の若手社員はどんな考えを持っているのか、参考にしてみてください。

 

現在40歳~60歳くらいの方にとって、

 

ゆとり世代のド本音で話せば、

どんな会社であればいいと考えているのか、

いうなれば、これからどんな社会を作っていこうと考えているのか

垣間見れるきっかけになると思います。

 

 

 

ゆとり世代が考える最高の会社の7つの特徴

 

①出勤義務がない(在宅勤務導入済)

 

②働く時間自分で決められる(1日1時間働いたり、10時間働いたりなど)

 

③休暇取得日は個人で決定(週休2日ではなくて、年120日以内であれば1ヶ月の休暇もあり)

 

④服装は、パンツ1枚履いてさえいれば、何でもOK(スーツいらない)

 

⑤プロジェクトベースで仕事ができる

 

⑥毎日取り組む仕事が変わる

 

⑦週3勤務

 

1つ1つ一緒にみていきましょう。

 

①出勤義務がない(在宅勤務導入済)

 

1番最初はこれですよね。出勤無くせたらいいよねって話です。

 

1日当たり1424億円の経済損失が日本で生まれていると言われています。

(引用:日本の通勤地獄が労働生産性を下げている? 経済損失の試算は1日あたり1424億円 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

 

通勤にかけているその1,2時間で仕事が出来たらもっといい未来が待ってると思いませんか?思いますよね。

 

そしたら、住む場所も固定されないし、

北海道の人と沖縄に住む人が一緒に仕事ができるし、

 

海外に住んでいたって良くなります。

 

コンピュータ一つあれば、いまどき仕事はどこだってできると思うんです。

 

情報漏えいのリスクとか、社員がきちんと仕事するか分からないとか、いろんなことがあるんだろうけどさ。

 

テレワークいいと思うんだよねぇ。

 

②働く時間自分で決められる(1日1時間働いたり、10時間働いたりなど)

 

2眼はこちら!働く時間自分で決めさせてって話です。

 

いやあこれは個人的な話なんですが、私朝めっちゃ弱いんですよね。

 

高校で年50回くらい遅刻して、親呼び出されたり、反省文とか死ぬほど書いていました。

 

ってくらい朝弱いわけですよ。

 

そんな私に、朝働けって言うのは少し違うんではないかということですよ。

 

というのも、

人間には朝方の人や夜型の人もいるし、

毎日コツコツやる人もいれば、めっちゃ休んで、短期間で一気に仕上げるのが好きな人

もいるわけじゃないですか。

 

やる気が出ないときもあれば、死ぬほどやる気がある瞬間も絶対にある訳ですよ。

 

だから、誰もが自分自身でいつ働いて、いつ働かないか決めてもいいじゃんって思うわけですよ

 

 

③休暇取得日は個人で決定(週休2日ではなくて、年120日以内であれば1ヶ月の休暇もあり)

 

 

ねぇねぇ聞いてくださいよ。

何で土日休みなの?って思ったことはありませんか?

 

意味わかりませんよね。説明しますね。

 

私の会社では

月火水木金→仕事

土日→休みなわけです。

 

これ、

月水金土日→仕事

火木→休みでもよくないですか?

 

週ごとに休みの曜日を変えてもいいと思いますし、

 

月20日連続で働いて、8日連休にするとか、

 

240日連続で働いて、120日連休みたいな。

 

そんな、自分自身で休みを取る期間であったり、タイミングって決められたらいいなと思うわけですよ。

 

別に本気出したら、30日くらい連続で働けるよね?

その後10日連休貰えるんだったら、たまにはそんな働き方もありだよね?

 

ね! 

 

④服装は、パンツ1枚履いてさえいれば、何でもOK(スーツいらない)

 

どんなかっこで仕事したっていいよね?

 

スーツじゃなくても、

オフィスカジュアルみたいにちゃんとしテルっぽい奴じゃなくても、

 

サンダルと短パンで仕事したっていいよね?

全然いいよね?

 

 

⑤プロジェクトベースで仕事ができる

 

会社、特に大企業の仕事って、

 

終わりが見えないんですよ。

 

何のために、どんくらいの熱量でやればいいのか分かんないんですよね。

 

ある一部分をやれば、勝手に流れていくんですよね。

 

 

1か月後の試合で勝つとか、

 

1か月後のなんとかでこういった結果を出す。

そのためにやろうぜ!みたいな。

 

ある目的を達成するためには、こういった能力があるヤツと、こんなことができる奴が欲しい。。でそのために人が集まる。

 

で、その目的を達成したら、じゃっまたな!みたいな

 

で、また何かあるごとに再び終結みたいな。

 

そんなのがいいよね!

 

 

⑥毎日取り組む仕事が変わる

 

 

人がなぜ、ディズニーランドや旅行に楽しみを覚えるのかと言えば、

そこに「非日常」が広がっているからです。

 

日々触れるものが、変わっていけば、常にワクワクしていられる生物が人間というものなのです。

 

今日は、ケーキ屋さんやって、明日はサッカー選手で、その次は記者、先生、ゲーマー

みたいな、1日単位でなくても、1カ月単位で丸っきり仕事内容が変わるっていいよね。

 

そういう意味では、youtuberとかは動画を取るという行為は固定だけど、どんな動画を取るのか、動画内で何をするのかは自由で決めていいわけです。

 

また、私が現在書いているこのブログも、書くという行為は固定ですが、

取り上げる内容、どんな風に書くのかは日々変えてよいのです。

 

やっぱ、取り組む内容が固定だとつまんないですよね。

毎日仕事が変わる会社!いいね!

 

⑦週3勤務

 

週5日も働くってしんどくないですか?

 

うんうん。しんどいよね。わかるー。

 

ってなわけで、週3日しか働かない社会を作っていきましょう。

 

週3日なら、会社の仕事でも頑張れると思うんですよね。

たぶん、週5日のわたしよりも、週3日の生産性高いはず。(しらんけど)

 

まとめ

 

①出勤義務がない(在宅勤務導入済)

 

②働く時間自分で決められる(1日1時間働いたり、10時間働いたりなど)

 

③休暇取得日は個人で決定(週休2日ではなくて、年120日以内であれば1ヶ月の休暇もあり)

 

④服装は、パンツ1枚履いてさえいれば、何でもOK(スーツいらない)

 

⑤プロジェクトベースで仕事ができる

 

⑥毎日取り組む仕事が変わる

 

⑦週3勤務 

 

自分で最高の会社の特徴挙げてみたけど、

たぶんね、たぶんだけど、この要素全部含んだ会社ってある。

 

よし、ちょっと探してきます!

(みつけたら教えて下さい。ほんとに)