【大手企業社員向け】新入社員が30歳までに会社を辞めるために必要な3つの具体的行動

f:id:until30y:20181004202753j:plain

 

書いた人:タナカユウ(@tanakayu30

 

 

具体的にどんな行動をすれば会社やめれるんだ?

 

 

日々、会社行きたくないと嘆く会社員の方であれば、思うことがあるはず。

やはり組織で働くということは、窮屈に思えることも多々ありますよね。

 

でも、

 

そのまま社会とはこういうものなんだ。

そうやって文句を言いながら会社に行き続けることが自分の人生なんだ。

 

そう思いながら、過ごすにしては38年間(22歳→60歳)という期間はあまりにも長いですよね。

 

ってなわけで、今回は新入社員の方が30歳までに会社を辞めるためにとるべき具体的な行動をお教えします。

 

 

 

【新入社員向け】30歳までに会社を辞めるために必要な3つの具体的行動

 

まず、結論から言えば以下になります。

 

①10万PVのブログを作る(月10万)

②1600万円の貯金を作る(月4万)

③田舎に引っ越す(生活費を下げる)

 

 

とは言われても、

意味不明だと思いますので、1つづつ説明していきますね。

 

 

①10万PVのブログを作る(月10万)

 

まずはこれ。ブログを頑張りましょう。

ブログは、アクセスに応じて広告収入が得られます。

 

本当にざっくりですが、月10万回の閲覧=月3万円の収入となりますので、

月に10万回読まれるサイトを作れば、月10万円の収入が発生します。

 

なので、あなたはこの月10万PVというものを1つの目標として取り組んでほしいのです。

 

(*マネタイズ(お金の儲け方)が上手な方は、もっと稼げると思いますが、凡人は何も考えずアクセスの数に集中しましょう。)

 

ブログは、匿名・顔出し無しでやれますので、会社員には取り組みやすいものですし、

時間の制限もないので、終業後や休日に取り組んでみましょう。

 

大手企業の方であれば、就職活動の経験であったり、

高学歴な方も多いでしょうから、効率的な勉強の仕方などの記事をかければ、アクセスを集められると思います。

 

どのくらいの時間がかかるの?

 

じゃあ、どのくらいの労力でその10万PVとやらは到達できるんじゃい。

 

と思われると思いますので、説明しますと、

 

凡人であれば、2年ほどはかかると見てください。

 

22歳から始めれば、24歳。

23歳から始めれば、25歳。

24歳から始めれば、26歳です。

 

というのも、私はこのブログを運営して約1年経過しているのですが、月に5万回記事が読まれるようになり、月の収益は5万円(確定ベース)を超えるようになりました。

 

書いた記事は200記事ほどで、だいたい1記事5000字ほど書いています。

また、かきあげるのに、1記事当たり5時間ほどかかっていますので、

1000時間ほどはブログに時間を割いてきたことになります。

 

なので、それなりの時間をかけ、

5000文字の記事を400記事書くことができれば、10万PVは到達できるであろうという話です。

 

結果、月10万円は広告収入が得られるようになるというわけなのです。

 

 

②1600万円の貯金を作る(月4万)

 

 

次がこちら。貯金を頑張ろうという話です。

1600万あれば、年利3%ほどのインデックス型の投資信託を購入すれば、年間48万円の収入を得ることができます。これは月額に換算すると、月4万円の収入となります。

 

(1600万×3%=48万円/年、 48万円÷12ヶ月=4万/月)

 

1600万円は大きい金額ですが、少しの工夫で30歳までに達成できる金額です。

だからあなたにはそこを目指して欲しいのです。

 

これから詳しく説明していきますね。

 

 

ボーナス全額を貯蓄に回そう(1080万円)

 

 

大手企業社員であれば、ボーナス全額貯蓄に回せば、年100万円の貯蓄をすることは難しくないはずです。

 

仮に1年毎に10万円ずつボーナス支給額が上がると仮定すれば、30歳時点で1080万円の貯金が可能です。

 

23歳:100万円

24歳:210万円

25歳:330万円

26歳:460万円

27歳:600万円

28歳:750万円

29歳:910万円

30歳:1080万円

 

で、これをいかにに1600万円に近づけるのか書いて行きますね。

 

ボーナス全額で自社株を購入しよう。(持株制度)(60万円)

 

新入社員説明会で説明された方も多いと思いますが、あなたの会社にも持株制度とよばれるものが導入されているはずです。

 

詳しい説明は省きますが、こちらの制度で自社株を購入すれば5%〜10%ほどの奨励金を得られることが多いです。

 

なので、あなたに行って欲しいのはその1080万円で自社株を購入することです。

 

つまり、ボーナスはすぐ受け取るのではなく、全額自社株買いに当てて欲しいのです。

 

仮に7%の奨励金を得られる場合、

 

1080万円×7%×80%(20%の課税)=60万円の利益を得ることができます。

 

これで、1080万円→1140万円になりました。

 

 

関連記事:【新入社員必見】持株会をうまく活用すれば「1400万円が得られる」って知ってた?

 

 

②節約しよう(504万円)

 

あとは簡単です。節約がんばりましょう。

 

・家賃は、1人暮らしであれば月6.5万円ほどが平均ですが、

月2万円の賃貸に住めば、年間54万円(4.5万円×12万円)の節約になります。

 

・また、大手キャリアと契約しているスマホ(月8000円)を格安SIM(2000円)に乗り換えれば、年間7万2000円の節約になります。

 

・最後は、日々の支払いを全てクレジットカードにしましょう。

月15万円の支出があるのであれば、年間180万円です。

還元率1%のカードであれば、現金払いと比べて年間1.8万円

 

3つを合わせると、年間63万円の節約(貯蓄に回せる額)ができ、8年間継続すれば504万円貯蓄に回せる額が増えたということになります。

 

 

関連記事:お金が無い新入社員がやるべき、効果抜群な節約術5選 

 

 

よって、全てを合計すると、

 

8年間分のボーナスを全額貯金=1080万円

1080万円で自社株買いを行うことで得られる奨励金=60万円

8年間の継続した節約によって生み出された金額=504万円

 

約1600万円です。

 

1600万円の金融資産があれば、年利3%ほどの資産運用で年間48万円の収入が発生します。

 

月額に直すと、月4万円ほどとなります。

 

 

つまり、月10万回閲覧数のあるブログを作り、貯金1600万円あれば、

働かなくても、月14万円くらいは口座にお金が入ってくる状態が作れるわけです。

 

 

ここまで、くると、で?14万円の収入じゃ生きてけないよね?どうするの?

と思われると思いますので、最後の項目を説明して行きますね。

 

 

③田舎に引っ越す(生活費を下げる)

 

 

最後はこちら!簡単ですね。

 

生活費の安いところに場所を移動しましょう。

 

田舎であれば、家賃が1万円代のところなんてうじゃうじゃあります。

家賃が2万円程度であれば、月14万円もあれば、生活はできるはずです。

 

途上国であれば、年間の収入が30万円とかの国も多くありますから、

海外に拠点を移すというのも選択肢としてはありですね。

 

あと、失業者は国民年金を申請すれば、免除してもらえますし、

 

海外転出届と呼ばれるものを提出すれば、国民健康保険も脱退することができ、支出を下げることができます。

 

(海外で医療保険に加入するか、クレジットカードの保険を利用できるのか調べましょう)

 

 

まとめ:【大手企業社員向け】30歳までに会社を辞めるために必要な3つの具体的行動

 

①10万PVのブログを作る(月10万)

②1600万円の貯金を作る(月4万)

③田舎に引っ越す(生活費を下げる)

 

 

どうでしょうか?

 

会社つらいなと思うことが増えてきたら、

上記の行動を取ってみると何にも縛られない生活に一歩近づくかもしれませんよ!

 

一緒に頑張りましょう!

 

もし、今の環境を変えたいと思ったなら?

 

もし、 もっと自分にあった企業の仕事内容や待遇を知りたいと思ったら、

dodaマイナビジョブ20'sをチェックしてみてくださいね。

業界大手が運営されているので幅広い業種の企業の紹介をしてくれています。

 

まだ転職を本格的に考えられていない方は

自分自身の経験やスキルを入力するだけで予想年収を教えてくれる

MIIDAS(ミイダス)で自分の市場価値を認識したり、

 

グッドポイント診断を通じて

自分の行動特性や強みを把握し、どんな仕事・働き方が向いているのか

明確にすることに時間を割いてみてください。

 

マーケティングがやりたい方は、

電通・リクルート・LINEなどマーケティング職の転職に強い

マーケター特化型転職エージェント「シンアド転職エージェント」 は必見です!