20代大手企業社員の頭の中

欲しいものには手を伸ばしていこうよ。

【新入社員向け】「家財保険(火災保険)」は絶対「不動産屋」で契約するな。

f:id:until30y:20181015203939p:plain

 

書いた人:タナカユウ(@tanakayu30

 

 

目次:新入社員がお金の勉強をしたいと思ったら知っておくべき30のこと

 

 

家財保険(火災保険)は不動産屋と契約するな!

 

 

本日伝えたいことは以上です。

 

と、いきなり言われても戸惑うと思いますので、少し解説させてくださいね。

 

 

新入社員の方であれば、一人暮らしをすることになる方が多いと思います。

賃貸を契約するために、不動産屋に行って、どんな場所で、どんな価格帯の賃貸にするのか色々悩んだりしますよね。

 

そんな時、家財保険と呼ばれるものの契約を不動産屋の方にされると思うのですが、

この契約は不動産屋としてはいけません。

 

なぜなら、不動産屋で契約する家財保険(火災保険)は価格が高く、かつ保証範囲が狭い場合が多いからです。

 

とは言われてもよく分からないと思いますので、今回は「そもそも家財保険(火災保険)とは」というところから、

 

不動産屋とそれ以外で契約した場合どの程度価格に差が出るのかお伝えしていこうと思います。

 

 

 

 

 

【新入社員向け】「家財保険(火災保険)」は絶対「不動産屋」で契約するな。

 

 

そもそも家財保険(火災保険)とは

 

火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

引用:火災保険 - Wikipedia

 

  

簡単に言えば、

火災や災害が起こった際に、自分自身の家財の損害や借り物である賃貸物件の破損に

備えるための保険です。

 

もっと簡単に言えば、

火事になったら色々やばいから、保険をかけておこうねって話です。

 

また、多くの場合、加入は義務付けられています。

 

 

不動屋さんよりも「会社やネット」で契約した方が費用を抑えられ、補償も厚い

 

賃貸を契約するとき、不動産屋に家財保険(火災保険)の加入は義務になっているんですよー。

 

と言われて、多くの方がすんなり加入しているのですが、

そこで一歩立ち止まってください。

 

契約は、不動産屋ではなく、会社かネットで行いましょう。

 

それで、年間1万6500円程度変わってきます。

 

 

家財保険(火災保険)は不動産屋で契約しなくても良い

  

契約上で、家財保険の加入する義務があると定められているのであれば、

もちろんあなたは加入する必要があります。

 

しかし、

それは不動産屋でなくても良いのです。

 

私は会社で契約することで、月1万6000円費用を削減できた

 

私は賃貸を契約する際、不動屋さんに家財保険は加入義務があるので1500円/月 

家賃以外に支払ってくださいねー。と言われました。

 

その時は何の知識も無かったので、「は、はい。」とだけ答え、

2カ月間は1500円を支払っていました。

 

しかし、ふと気になって同様の補償内容をネットで調べてみると、約330円/月(4000円/年)であると知りました。

 

年に換算すると1170円×12か月=14040円の削減となります。

 

(1500円-330円=1170円)

 

お部屋を借りるときの保険で契約すれば年間4000円ですみます。

 

 

また、同程度の補償内容で会社の福利厚生を利用すると、

月々125円(年間1500円)で契約できると知り、最終的には会社で契約することにしました。

 

つまり、不動産屋と比べると、1375円×12か月=16500円/年の削減です。

(1500円ー125円=1375円/月)

 

会社の福利厚生を利用した方が、価格が抑えられる場合が多いので、

1度確認してみましょう。

 

5年間では、8万2500円の差になる

 

ここまで、聞いていると、

変わると言っても年間1万6500円だけでしょ?と思われるかもしれません。

 

しかし、もし仮にあなたがその賃貸に、5年間は住むとすれば、

その差は8万2500円にもなります。

 

大きくないですか?

 

私としては、

スーパーで、10円100円安いものを探すくらいなら、

家財保険の契約を見直す方が楽だと思っています。

 

 

金融偏差値を高めたいあなたがとるべき3つの行動

 

どうでしたか?

少しは新たな発見や参考になることが書いてありましたでしょうか?

 

今回は、家財保険(火災保険)をテーマに取り上げましたが、

新入社員であるあなたにはこれから様々なお金に関する選択が求められます。

 

例えば、

持株制度利用はするべきなのか?

生命保険には加入するべきなのか?

確定拠出年金の運用商品は何にすべきなのか?などなど

 

何を選択することが正しくて、何を選択することが間違いなのか

自分自身で判断していかなくてはならないのです。

 

簡単に言えば、

持株会を利用するか、

保険に入るか入らないか、確定拠出年金の運用商品を何にするかなどでも、

平気で数百〜1千万円の差が出てきます。

 

その時々で、賢い選択ができればあなたはそれらの制度を恩恵を受けることができますが、反対に言えば、知らないだけで気づかぬ間に大きな損失を被ってしまうことだってあるのです。

 

だからこそ、20代という早い段階で正しい選択をできるように知識を身につけることが必要なのです。

 

な・の・で

ここでは、少しだけおすすめの金融知識の身につけ方を紹介しておきますね。

 

①このブログを読もう

 

まず、このブログを読みましょう。

お金に関しては、【新入社員向け】お金の勉強をしたいと思ったら知っておくべき30のことにまとめてあるのですが、

 

こちらを読めば一通り知っておくべきお金にまつわること知識を身につけることができます。

 

②読書しよう

 

次は、お金に関するものであれば、何でもいいです。

本を読みましょう。

 

あなたにも日々の中で疑問に思うことがあるはずです。

 

先ほども述べましたが、

持株制度って何?

生命保険には加入するべきなの?みたいな

 

その際は、是非本を手に取って見てください。

 

ネットでもいいのですが、本の方が体系的に学べるので同じ分野の本を2冊以上読んでおくとより深く理解が進みます。

 

【新入社員向け】お金の勉強を始めるにあたって読んでおくべき本9選

におすすめの本をまとめてありますので、チェックして見てくださいね。 

 

③人に話を聞きに行こう

 

最後はですね、

 

「賢い人に話を聞きに行きましょう。」

 

やはり、これが1番楽だと思います。

 

新入社員の時って、周りにお金について詳しい人ってなかなかいないですよね。

勉強したい、けどやり方がなかなかわからない。

 

そんな思いを抱えることも無理ないと思います。

 

そんな時におすすめなのが、セミナーという場を利用して賢い人に直接話を聞くということです。

 

ファイナンシャルアカデミー「お金の教養講座」(無料)は講義形式のセミナーなのですが、私が入社1年目に行った際には、

 

節約の仕方〜資産運用の仕方まで丁寧に解説してくれました。

 

なかなか自分で調べたり、本を読んだりするのはハードルが高いと思いますので、

そういった方はサクッと話だけでも聞きにいって見ましょう。 

 

もちろん無料ですので、1度足を運んでみてくださいね。 

 

無料でファイナンシャルアカデミー「お金の教養講座」に参加してみる

 

まとめ:【新入社員向け】「家財保険(火災保険)」は絶対「不動産屋」で契約するな。

 

・そもそも家財保険(火災保険)とは

→火災や災害が起こった際に、自分自身の家財の損害や借り物である賃貸物件の破損に

備えるための保険

 

・不動産屋ではなく、会社(またはネット)で契約することで、年間1万6500円の差が生まれる

 

・スーパーで安い食材を探すくらいなら、家財保険(火災保険)の契約を見直すべき

 

 

世の中はあなたを搾取してこようとするので、

 

こういったことはきちんと知っておいてくださいね。

 

 

関連記事

新入社員が、お金の勉強を始めるにあたって読んでおくべき本9選

お金が無い新入社員がやるべき、効果抜群な節約術5選

 

目次:新入社員がお金の勉強をしたいと思ったら知っておくべき30のこと