【新入社員向け】「残業して月10万稼ぐ」よりも「副業で月10万稼ぐ」方が、お得って知ってた?

f:id:until30y:20181224163534j:plain

 

書いた人:タナカユウ(@tanakayu30

 

目次:【新入社員向け】お金の勉強をしたいと思ったら知っておくべき35のこと

 

 

副業はコスパいいから、とりあえずやっとけ

 

 

会社の給与が少ない

昇進もなかなか見込めない

もう少し、手取りが増やせたらなあ

 

そう思うことってありますよね。

 

もし、あなたもそう思っているのであれば

やるべきことは残業ではなく、副業です。

 

なぜなら、副業でお金を稼ぐと、

税金、社会保険料の支払いを免れることができるからです。

 

反対に、残業をして会社から給与としてお金を受け取ると、

そこには必ず税金と社会保険料が課されることになります。

 

結果、稼ぐ金額が同じであれば、

副業の方が手元に残る金額が多くなるというわけなのです。

 

今回は、その辺を詳しく解説して行きますね。

 

 

「残業して月10万稼ぐ」よりも「副業で月10万稼ぐ」方が、お得って知ってた?

 

対象とする副業

 

まず、私が副業と定義しているものは、

ブログやyoutube(広告収入)であったり、note,電子書籍販売、

転売など、雇用されていない場合を指しています。

 

*居酒屋でのアルバイトなど、雇用されていると計算がまた変わってきます。

 

 

会社員の社会保険(厚生年金・健康保険・雇用保険)と税金(所得税・住民税)の計算の仕方

 

まず、そもそも税金とか、社会保険料ってどうやって計算するんだっけ?

というところだと思いますので、年収380万円の会社員を例に学んで行きましょう。

 

年収380万円の独身の方は、 税金・社会保険に年間70万円納める

  

まず独身の会社員の場合を考えてみましょう。

会社の給与からは以下の3つが引かれています。

 

・社会保険料(厚生年金・健康保険・雇用保険)

・所得税

・住民税

 

一体、年収380万円独身の場合、いくらこれらに払っているのでしょうか?

みていきましょう。

 

・社会保険料(厚生年金・健康保険・雇用保険)

=年収380万円×13.45%

=51.11万円

 

以下が保険料率の目安の表です。

f:id:until30y:20181224201316p:plain

*雇用保険料は2017年度参照

*健康保険料は組合健保加入の場合

*雇用保険は一般の事業の場合

 

こちらは簡単です。

給与(額面)(380万円)× 13.45%

=51.11万円

 

*年収380万円の方は、社会保険料として年間51.11万円納めているということがわかりました。

 

 

細かい計算方法や仕組みに関しては、【新入社員向け】4,5,6月は絶対残業するな!会社員が知らない社会保険料が決定する仕組みを参考にして見てくださいね。

 

・所得税(税率5%)

=課税所得(122.89万円) × 税率(5%) - 控除額(0円)

=6.1445万円

 

所得税は、以下の式で求められます。

「所得税 = 課税所得 × 税率 - 控除額」

「課税所得 = 給料 - 各種控除の合計」

 

詳しくは以下の表をご覧ください。

f:id:until30y:20181224172706p:plain

参照:源泉徴収の仕方:平成30年版

f:id:until30y:20181224203005p:plain

 

色々計算すると、以下のようになります。 

 

所得税控除額の合計

= 基礎控除38万円 + 給与所得控除168万円 + 社会保険料控除51.11万円

=257.11万円

 

所得税課税所得= 380万円 - 257.11万円 = 122.89万円

 

所得税(年収380万円)

=課税所得(122.89万円) × 税率(5%) - 控除額(0円)

=6.1445万円

 

*年収380万円の方は、所得税として年間6.1万円納めているということがわかりました。

  

 

・住民税 (税率10%)

課税所得(127.89万円) × 税率(10%) +均等割5000円 - 調整控除2500円

=13.039万円

 

住民税は以下の式で求められます。

「住民税 = 課税所得 × 税率 +均等割 -   調整控除」

「課税所得 = 給料 - 各種控除の合計」

 

詳しくは以下の表をご覧ください。

f:id:until30y:20181224172706p:plain

参照:源泉徴収の仕方:平成30年版 

 

色々計算すると、以下のようになります。

 

住民税控除額の合計

= 基礎控除33万円 + 給与所得控除168万円 + 社会保険料控除51.11万円

= 252.11万円

 

住民税課税所得= 380万円 - 252.11万円 = 127.89万円

 

住民税(年収380万円)

=住民税課税所得(127.89万円) × 税率(10%) +    均等割(5000円) - 調整控除(2500円)

=13.039万円

 

*年収380万円の方は、住民税として年間13万円納めているということがわかりました。 

 

社会保険料(厚生年金・健康保険・雇用保険)と税金(所得税・住民税)の合計

=51.11万円(社会保険料)+ 6.1445万円(所得税)+ 13.039万円(住民税)

=70.2935万円

 

*年収380万円だと、70万円くらい税金と社会保険に支払っていると知っていればOK! 

 

副業(雑所得・事業所得)することで受けられる2つのメリット

 

次に副業をすることで得られるメリットについて、詳しく見て行きましょう。

 

副業(雑所得・事業所得)のメリットは主に2つ!

 

・社会保険料の支払いが不要

→まずはなんといってもこれ!

会社員の方であれば、既に社会保険に加入しているため、

副業で収入があっても、追加で保険料を支払う必要がありません。

 

残業で給与が増えると、社会保険料も増えますが、

副業でいくら稼いでも社会保険料の負担は1円も増加しません。

 

20代で社会保険料を支払うのは損ですので、

できる限り支払う額を減らす行動をするのが賢い選択です。

 

これが、副業で稼ぐことの最初のメリットです。

 

関連記事

【ゆとり世代は年金を納めるな!】国民年金・厚生年金の負担額と支給額を比べてみた 

【新入社員向け】「健康保険」について20代会社員が知っておくべき8つのこと

 

 

・一定の所得まで非課税(所得税・住民税)

→次に、一定の金額までは非課税にすることができるのも副業のメリットです。

副業で稼ぐと20万円以下までは雑所得として扱われ、非課税となります。

また、青色申告と呼ばれる手続きをすれば、65万円以下の所得であれば非課税となるのです。

 

支払う税金の総額を減らすことができるのも、副業で稼ぐメリットです。

 

と言われてもよくわからないと思いますので、

一緒の計算してみましょう。  

 

①20万円以下の所得(雑所得)であれば、4.4万円お得!

 

まず、ブログなどの副業の所得(収入-経費)が20万円以下の場合は、

非課税です。 

・社会保険料(厚生年金・健康保険・雇用保険)

=400万円×13.45%

=53.8万円

 

・所得税(税率5%)

所得税課税所得

=400万円 - 265.8万円

=134.2万円

所得税

=課税所得(134.2万円) × 税率(5%) - 控除額0円 

=6.71万円

 

・住民税 (税率10%)

住民税課税所得

=400万円 - 260.8万円

=139.2万円

住民税

住民税課税所得(139.2万円) × 税率(10%) +均等割5000円 - 調整控除2500円

=14.17万円

 

社会保険料(厚生年金・健康保険・雇用保険)と税金(所得税・住民税)の合計

=53.8万円(社会保険料)+ 6.71万円(所得税)+ 14.17万円(住民税)

=74.68万円

 

負担額の増加金額(社会保険料+税金)

=74.68万円(残業20万円分:年収400万円)- 70.2935万円(残業0:年収380万円)

=4.3865万円

 

*年間20万円の収入であれば、副業で稼ぐと4.4万円支払う税金と社会保険料が安くなる!

 

 

②青色申告(所得65万円以下)すれば、14.3万円お得!

 

次に、少し手続きは手間ですが、

青色申告と呼ばれるものをすれば、所得65万円以下までは非課税にすることができます。

 

一緒にみてみましょう。

 

・社会保険料(厚生年金・健康保険・雇用保険)

=445万円×13.45%

=59.8525万円

 

・所得税(税率5%)

給与所得控除額

=445万円 × 30% + 54万円= 187.5万円

所得税控除額の合計

=基礎控除(38万円) + 給与所得控除(187.5万円) + 社会保険料控除(59.8525万円)

=285.3525万円

 

所得税課税所得

=445万円 - 285.3525万円

=159.6425万円

 

所得税

=課税所得(159.6425万円) × 税率(5%) - 控除額0円

=7.982375万円

 

・住民税 (税率10%)

給与所得控除額

=445万円 × 30% + 54万円

=187.5万円

住民税控除額の合計

=基礎控除(33万円) + 給与所得控除(187.5万円) + 社会保険料控除(59.8525万円)

=280.3525万円

住民税課税所得

=445万円 - 280.3525万円

=164.6425万円

 

住民税

住民税課税所得(164.6425万円) × 税率(10%) +    均等割5000円 - 調整控除2500円

=16.71425万円

 

社会保険料(厚生年金・健康保険・雇用保険)と税金(所得税・住民税)の合計

=59.8525万円(社会保険料)+ 7.982375万円(所得税)+ 16.71425万円(住民税)

=84.549125万円

 

負担額の増加金額(社会保険料+税金)

=84.549125万円(残業65万円分:年収445万円)- 70.2935万円(残業0:年収380万円)

=14.255625万円

 

*年間65万円の収入であれば、副業で稼ぐと14.3万円支払う税金と社会保険料が安くなる!

 

 

③月10万円副業で収入(年間120万円)を得ると、8.3万円お得!

 

 

・社会保険料(厚生年金・健康保険・雇用保険)

=500万円×13.45%

=67.25万円

 

・所得税(税率5%)

給与所得控除額

=500万円 × 30% + 54万円

=204万円

所得税控除額の合計

=基礎控除(38万円) + 給与所得控除(204万円) + 社会保険料控除(67.25万円)

=309.25万円

 

所得税課税所得

=500万円 - 309.25万円

=190.75万円

 

所得税

=課税所得(190.75万円) × 税率(5%) - 控除額0円

=9.5375万円

 

・住民税 (税率10%)

給与所得控除額

=500万円 × 30% + 54万円

=204万円

住民税控除額の合計

=基礎控除(33万円) + 給与所得控除(204万円) + 社会保険料控除(67.25万円)

=304.25万円

住民税課税所得

=500万円 - 304.25万円

=195.75万円

 

住民税

住民税課税所得(195.75万円) × 税率(10%) +    均等割5000円 - 調整控除2500円

=19.825万円

 

社会保険料(厚生年金・健康保険・雇用保険)と税金(所得税・住民税)の合計

=67.25万円(社会保険料)+ 9.5375万円(所得税)+ 19.825万円(住民税)

=96.6125万円

 

 

 

社会保険料 

=給与(額面)(380万円)× 13.45%

=51.11万円

 

所得税額(給与380万円+副業所得120万円)

={ 給与課税所得(122.89万円)+副業課税所得(120万円)} × 税率(5%) - 控除額(0円)

=242.89   × 税率(5%)

=12.1445万円

 

*平成49年まで所得税額の2.1パーセントが復興特別所得税として加算されますが、今回は省きます。

 

住民税額(給与380万円+副業所得120万円)

={ 課税所得(127.89万円) +副業課税所得(120万円)}× 10% + 均等割5000円 - 調整控除2500円

=25.039万円

 

税金(所得税・住民税)合計

=12.1445万円+25.039万円

=37.1835万円

 

社会保険+税金

=51.11万円+37.1835万円

=88.2935万円

 

負担額の増加金額(社会保険料+税金)

=96.6125万円(残業120万円分:年収500万円)- 88.2935万円(残業0:年収380万円+副業所得120万円)

=8.319万円

 

 

*年間120万円の収入であれば、副業で稼ぐと8.3万円支払う税金と社会保険料が安くなる!

 

新入社員が賢く生きるために知っておくべき4つのこと

 

どうでしたか?

少しは新たな発見や参考になることが書いてありましたでしょうか?

 

今回は、副業をテーマに取り上げましたが、

新入社員であるあなたには、他にもこれから様々なお金に関する選択が求められます。

 

例えば、

持株制度利用はするべきなのか?

生命保険には加入するべきなのか?

確定拠出年金の運用商品は何にすべきなのか?などなど

 

何を選択することが正しくて、何を選択することが間違いなのか

自分自身で判断していかなくてはならないのです。

 

簡単に言えば、

持株会を利用するか、

保険に入るか入らないか、確定拠出年金の運用商品を何にするかなどでも、

平気で数百〜1千万円の差が出てきます。

 

その時々で、賢い選択ができればあなたはそれらの制度を恩恵を受けることができますが、反対に言えば、知らないだけで気づかぬ間に大きな損失を被ってしまうことだってあるのです。

 

だからこそ、20代という早い段階で正しい選択をできるように知識を身につけることが必要なのです。

 

な・の・で

ここでは、新入社員の方が必ず知っておくべき4つのことをお伝えして行きますね。

 

①キャリア→格安SIMへ変更すると、335万円の節約になる

 

もしあなたが、au、docomo、softbankなど大手キャリアと契約しているのであれば、

格安SIMへ変更しておきましょう。

 

大手キャリアと契約していると、月々8000円ほどの支払いが平均的ですが、

格安SIMとの契約であれば、月々1500円で済ますことができます。

  

それだけで、節約額は以下のようになります。

月々:6500円

年間:7万8000円(6500円×12ヶ月)

43年間(22歳:新入社員→65歳:定年時):335.4万円

 

格安SIMへ変更するだけで、335万円もの節約となるのです。

 

格安SIMでは、 LINEモバイル がオススメです。

(*LINE ID検索ができるのが、格安SIMの中でLINEモバイル のみです。)

 

 

②現金払い→クレジット払いに変えるだけで、103万円も収入を増やすことができる

 

次にオススメなのが、現金払いをやめてクレジット払いにすることです。

 

クレジットカードを利用すれば、ポイント還元(1%)が受けられますので

現金払いよりもお得です。

  

もし、月々20万円の支払いをクレジットカードで行うと得する額は以下のようになります。

 

月々:2000円(20万円×1%)

年間:2万4000円(2000円×12ヶ月)

43年間(22歳:新入社員→65歳:定年時):103.2万円(2万4000円×43年)

 

クレジット払いにするだけで、100万円以上収入を増やすことができるのです。

 

新入社員の方であれば、三井住友VISAカード楽天カードがオススメです。

 

関連記事:【新入社員向け】大手企業社員のあなたにオススメなクレジットカード3選

 

③月々5万円を投資に回せば、43年後に5250万円になる(2670万円の運用益)

 

次は、投資です。

あなたが月々一定の貯蓄をしているのであれば、少しでも投資に回してみましょう。

 

新入社員(22歳)→定年時(65歳)の43年間で、

月々5万円を貯蓄に回した場合と、投資に回した場合の差が以下になります。

 

貯蓄(65歳時点):2580万円(月々5万円×12ヶ月×43年間)

投資(65歳時点):5250万円(月々5万円×12ヶ月×43年間)

差額(投資 - 貯蓄):2670万円

  

f:id:until30y:20181228151223p:plain

参照:楽天証券

 

見ていただければ、分かると思いますが、

同じ金額を貯蓄に回すか投資に回すかと言う違いだけで、2500万円以上の差が生まれるのです。 

 

大きい金額でなくても良いので、少しづつ投資に回しておくと資産形成が楽になるのです。

 

初めて証券口座を開設する方には、

「WealthNavi」楽天証券がオススメです。

 

関連記事:【新入社員向け】資産運用を始めたいあなたにオススメな証券口座を教えるよ

 

④知識への投資は、無限大の得を生む

 

最後になりますが、1番大切なのは自分の知識に投資することです。

 

先ほども述べましたが、新入社員であるあなたにはこれから

様々なお金に関する選択が求められます。

  

その時々で、賢い選択ができればあなたはそれらの制度を恩恵を受けることができますが、反対に言えば、知らないだけで気づかぬ間に大きな損失を被ってしまうことだってあるのです。

 

だからこそ、20代という早い段階で正しい選択をできるように知識を身につけることが必要なのです。

 

とは言っても、

「どうしたら知識を身に付けられるのかわからない。」と言うのが正直なところだと思いますので、オススメの知識の身に付け方をお伝えしますね。

 

1.本を読もう

 

お金に関するものであれば、何でもいいです。

本を読みましょう。

 

あなたにも日々の中でお金に関しての疑問を抱くことがあるはずです。

 

その際は、是非本を手に取って見てください。

 

ネットでもいいのですが、本の方が詳しく書いてある場合が多いので、

同じ分野の本を2冊以上読んでおくとより深く理解が進みます。

 

【新入社員向け】お金の勉強を始めるにあたって読んでおくべき本9選

におすすめの本をまとめてありますので、チェックして見てくださいね。  

 

 

2.人に話を聞きに行こう

 

 

最後はですね、

 

「賢い人に話を聞きに行きましょう。」

 

やはり、これが1番楽だと思います。

 

新入社員の時って、周りにお金について詳しい人ってなかなかいないですよね。

勉強したい、けどやり方がなかなかわからない。

 

そんな思いを抱えることも無理ないと思います。

 

そんな時におすすめなのが、セミナーという場を利用して賢い人に直接話を聞くということです。

 

なかなか自分で調べたり、本を読んだりするのはハードルが高いと思いますので、

そういった方はサクッと話だけでも聞きにいって見ましょう。 

   

ファイナンシャルアカデミー「お金の教養講座」(無料)は講義形式のセミナーなのですが、私が入社1年目に行った際には、

 

節約の仕方〜資産運用の仕方まで丁寧に解説してくれました。

 

もちろん無料ですので、1度足を運んでみてくださいね。 

 

無料でファイナンシャルアカデミー「お金の教養講座」に参加してみる

  

まとめ:【新入社員向け】「残業して月10万稼ぐ」よりも「副業で月10万稼ぐ」方が、お得って知ってた?

 

①20万円以下の所得(雑所得)であれば、4.4万円お得!

②青色申告(所得65万円以下)すれば、14.3万円お得!

③月10万円副業で収入(年間120万円)を得ると、8.3万円お得!

 

関連記事

【新入社員向け】大手企業社員のあなたにオススメなクレジットカード3選 

【新入社員向け】投資初心者にオススメな証券口座を教えるよ

 

目次:【新入社員向け】お金の勉強をしたいと思ったら知っておくべき35のこと