【新入社員向け】20代会社員が気にすべきなのは「消費税」ではなく「社会保険料」

f:id:until30y:20190312040404j:plain

 

書いた人:タナカユウ(@tanakayu30

 

目次:【新入社員向け】お金の勉強をしたいと思ったら知っておくべき50のこと

 

 

 

消費税が10%に増税?やばくない?

 

 

 

みたいな会話ってよく聞きますよね。

 

2019年現在では消費税8%ですが、

遅かれ早かれ消費税は10%に上がるだろうと言われています。

 

もちろん、税率が上がれば我々の負担額は増えるのは確かなのですが、

 

会社員の方々が、声をあげるべきなのは、

消費税率増加に対してではなく、社会保険料率の増加に対してです。

 

会社員であれば、確定申告は企業が代わりにやってくれますので、

意識しにくい部分ですが、今日はそこんところを説明していきたいと思います。

 

 

【新入社員向け】気にすべきなのは、消費税ではなく、社会保険料

 

今日のポイントは以下の3つ!

 

①消費税が1%上がれば、1万8000円税額が増加する

②社会保険料率が1%上がれば、負担額は年間5万円増加する 

③社会保険は若者に不利な制度。きちんとお金について学ぼう

 

①消費税が1%上がれば、1万8000円税額が増加する

 

消費税は1989年の4月1日から施行されたものなのですが、税率の推移は以下のようになっています。

 

1989年の4月1日:3%

1997年の4月1日:5%

2014年の4月1日:8%

 

参照:消費税に関する基本的な資料 : 財務省

 

20代の年収であれば、500万円前後が多いと思うのですが、

1人暮らしだと大体生活費は月15万円程度が多いのではないでしょうか?

 

月15万円×12ヶ月=180万円

 

つまり、20代が支払う消費税は年額180万円×8%=14万4000円

 

仮に1% 消費税率が上がれば、年額1万8000円支払いが増えることになります。

 

9%であれば、年額16万2000円

10%であれば、年額18万円という感じです。

 

なので、消費税10%増税します!(税率18%)とかになると、

年額が18万円上がるんだなと思って頂けたらOKです。(年収500万円と仮定)

  

 

②社会保険料率が1%上がれば、負担額は年間5万円増加する

 

次に社会保険ですが、年収に対してかかります。

 

消費税の場合は、使った額(年間180万円)に対して税率がかかっていましたが、

 

社会保険の場合は年収に対してかかってきます。

 

式にすると以下のようになります。

 

 

年収×社会保険料率=支払う保険料

 

 

詳細は省きますが、

 

社会保険の大部分を占める、厚生年金保険料と健康保険料を合わせると、

収入から月々14%社会保険にお金を支払っているということになります。

 

月々14%の内訳

 

・厚生年金保険料率の個人負担は月9%程度

関連記事:【老後に備えるとは】ゆとり世代がもらえる年金と退職金を詳しく計算してみた

 

・健康保険料率の個人負担は月5%程度

関連記事:【新入社員向け】「健康保険」について20代会社員が知っておくべき8つのこと 

 

つまり、年収500万円の人の社会保険料は、

年間で70万円になります。(500万円×14%=70万円)

 

仮に1%税率が上がれば、年額5万円支払いが増えることになります。

 

15%であれば、年額75万円

16%であれば、年額80万円

 

つまり、保険料率が10%上がると(保険料率24%)、

支払いが50万円増えるということになります。

 

先ほど、消費税は10%上がっても支払いは18万円しか増加しなかったのに対して、

社会保険料率が10%上がると、支払いが50万円も増加するということがわかりました。

 

 

③若者が声をあげるべきなのは社会保険。きちんとお金について学ぼう。

 

 

これまでで、生活への影響は消費税の増額よりも、

社会保険料率の増加の方が大きいことが理解して頂けたと思います。

 

つまり、20代会社員が声をあげるべきなのは、

消費税についてではなく、社会保険制度についてです。

 

と言われても、

20代の方にとって厚生年金や健康保険制度は馴染みのないものだと思いますので、

少し厚生年金制度と健康保険制度の問題点について説明していきますね。 

 

厚生年金の保険料率は増加傾向に、支給額は減少傾向に

 

f:id:until30y:20181208145839p:plain

引用:厚生年金保険料率と標準報酬月額等級の変遷表|日本年金機構

(*政府は2017年以降保険料率は18.3%で一定と述べていますので、あくまでこのまま推移すればと考えてください。)

 

f:id:until30y:20181208145912p:plain引用:ホーム|厚生労働省

f:id:until30y:20181208145716p:plain
引用:厚生年金保険 受給者の平均年金月額の推移|厚生労働省年金局

 

 

上記の図を見て頂ければ、分かると思いますが、

厚生年金保険は負担額が年々増加していると同時に支給額も減少傾向にあります。

 

現在60代の方々と、我々世代とでは支給額に3000万程度差が出ると言われており、

若者は負担は大きいのに、恩恵はほとんど受けられません。

 

そのことは知っておきましょう。

 

健康保険は、負担額(190万円)>実際の治療費(65万円)

 

f:id:until30y:20190314235357p:plain

 

年収500万円であれば、健康保険の負担は年額25万円(500万円×5%=25万円) となります。

 

仮に新卒時点(22歳)での年収が350万円、29歳での収入が600万円だと仮定すると、

8年間で190万円ほど健康保険に支払うことになります。

 

f:id:until30y:20190314235345p:plain

 

f:id:until30y:20190314235342p:plain

(個人負担を5%と仮定) 

 

しかし、20代の体は健康ですのでほとんどの場合、

医療費が190万円もかかることはありません。

 

ほとんどの場合、100万円未満の医療費で済んでいるのです。

 

つまり、

20代会社員の方々は100万円以上のお金を過剰に支払っていると言えるのです。

 

ややこしいと思いますので、もう少し詳しく見ていきましょう。

 

20代の実際の医療費の総額は65万円

 

f:id:until30y:20181212201112p:plain

データ参照:年齢階級別1人当たり医療費(平成22年度)(医療保険制度分) - 厚生労働省

 

少しデータが古いものになっておりますが、

 

上記のデータによれば、

治療費の平均額は22〜24歳まで7.0万円/年、25〜29歳まで8.8万円です。

 

これらを合計すると、65万円となります。

 

このことから、

我々20代会社員が実際に必要な医療費は65万円であることがわかりました。

 

20代は負担額(190万円)>実際の治療費(65万円)

 

つまり、

20代は実際にかかる医療費(7万〜9万円)よりも多く保険料(25万円)を納めていることが上記の計算でわかりました。

 

我々は、30歳までに必要額よりも135万円も多く保険料を納めることになるのです。

 

もともと健康である20代は

実費で支払っても10万円未満/年の支払いになる場合がほとんどなのです。

 

考えてみてください。

病院に行って年間10万円(負担額3万円)も使いました?

 

多くの人は使ってないと思います。

つまり、我々20代は支払わされすぎているということなのです。

 

健康保険は、我々20代にとって「損」な制度なのです。

 

そこは知っておきましょう。

 

まとめ:【新入社員向け】20代会社員が気にすべきなのは「消費税」ではなく「社会保険料」

①消費税が1%上がれば、1万8000円税額が増加する

②社会保険料率が1%上がれば、負担額は年間5万円増加する 

③社会保険は若者に不利な制度。きちんとお金について学ぼう

 

関連記事

【新入社員向け】投資初心者にオススメな証券口座を教えるよ

【新入社員向け】大手企業社員のあなたにオススメなクレジットカード3選 

新入社員のあなたが、お金の勉強を始めるにあたって読んでおくべき本9選

 

目次:【新入社員向け】お金の勉強をしたいと思ったら知っておくべき50のこと

 

新入社員が賢く生きるために知っておくべき4つのこと

 

どうでしたか?

少しは、資産収入と労働収入の違いについて理解できましたでしょうか。

 

今回取り上げた資産家と労働者との違い以外にも、若い世代が賢く生きるために

知っておくべきことはたくさんあるので、最後に少しだけ紹介させてくださいね。

 

①キャリア→格安SIMへ変更すると、335万円の節約になる

 

もしあなたが、au、docomo、softbankなど大手キャリアと契約しているのであれば、

格安SIMへ変更しておきましょう。

 

大手キャリアと契約していると、月々8000円ほどの支払いが平均的ですが、

格安SIMとの契約であれば、月々1500円で済ますことができます。

  

それだけで、節約額は以下のようになります。

月々:6500円

年間:7万8000円(6500円×12ヶ月)

43年間(22歳:新入社員→65歳:定年時):335.4万円

 

格安SIMへ変更するだけで、335万円もの節約となるのです。

 

格安SIMでは、 LINEモバイル がオススメです。

(*LINE ID検索ができるのが、格安SIMの中でLINEモバイル のみです。)

 

 

②現金払い→クレジット払いに変えるだけで、103万円も収入を増やすことができる

 

次にオススメなのが、現金払いをやめてクレジット払いにすることです。

 

クレジットカードを利用すれば、ポイント還元(1%)が受けられますので

現金払いよりもお得です。

  

もし、月々20万円の支払いをクレジットカードで行うと得する額は以下のようになります。

 

月々:2000円(20万円×1%)

年間:2万4000円(2000円×12ヶ月)

43年間(22歳:新入社員→65歳:定年時):103.2万円(2万4000円×43年)

 

クレジット払いにするだけで、100万円以上収入を増やすことができるのです。

 

20代の方であれば、三井住友VISAカード楽天カードがオススメです。

 

関連記事:【新入社員向け】大手企業社員のあなたにオススメなクレジットカード3選

 

③月々5万円を投資に回せば、43年後に5250万円になる(2670万円の運用益)

 

次は、投資です。

あなたが月々一定の貯蓄をしているのであれば、少しでも投資に回してみましょう。

 

新入社員(22歳)→定年時(65歳)の43年間で、

月々5万円を貯蓄に回した場合と、投資に回した場合の差が以下になります。

 

貯蓄(65歳時点):2580万円(月々5万円×12ヶ月×43年間)

投資(65歳時点):5250万円(月々5万円×12ヶ月×43年間)

差額(投資 - 貯蓄):2670万円

  

f:id:until30y:20181228151223p:plain

参照:楽天証券

 

見ていただければ、分かると思いますが、

同じ金額を貯蓄に回すか投資に回すかと言う違いだけで、2500万円以上の差が生まれるのです。 

 

大きい金額でなくても良いので、少しづつ投資に回しておくと資産形成が楽になるのです。

 

初めて証券口座を開設する方には、

「WealthNavi」楽天証券がオススメです。

 

関連記事:【新入社員向け】資産運用を始めたいあなたにオススメな証券口座を教えるよ

 

④知識への投資は、無限大の得を生む

 

最後になりますが、1番大切なのは自分の知識に投資することです。

 

年齢が若いあなたにはこれから様々なお金に関する選択が求められます。

 

 

何を選択することが正しくて、何を選択することが間違いなのか

自分自身で判断していかなくてはならないのです。

 

その時々で、賢い選択ができればあなたはそれらの制度を恩恵を受けることができますが、反対に言えば、知らないだけで気づかぬ間に大きな損失を被ってしまうことだってあるのです。

 

だからこそ、早い段階で正しい選択をできるように知識を身につけることが必要なのです。

 

なので、オススメの知識の身に付け方をお伝えしますね。

 

1.本を読もう

 

お金に関するものであれば、何でもいいです。

本を読みましょう。

 

あなたにも日々の中でお金に関しての疑問を抱くことがあるはずです。

 

その際は、是非本を手に取って見てください。

 

ネットでもいいのですが、本の方が詳しく書いてある場合が多いので、

同じ分野の本を2冊以上読んでおくとより深く理解が進みます。

 

【新入社員向け】お金の勉強を始めるにあたって読んでおくべき本9選

におすすめの本をまとめてありますので、チェックして見てくださいね。  

 

 

2.人に話を聞きに行こう

 

 

最後はですね、

 

「賢い人に話を聞きに行きましょう。」

 

やはり、これが1番楽だと思います。

 

お金に関しての話って、誰に聞いていいのかわからないですよね。

勉強したい、けどやり方がなかなかわからない。

 

そんな思いを抱えることも無理ないと思います。

 

そんな時におすすめなのが、セミナーという場を利用して賢い人に直接話を聞くということです。

 

なかなか自分で調べたり、本を読んだりするのはハードルが高いと思いますので、

そういった方はサクッと話だけでも聞きにいって見ましょう。 

  

ファイナンシャルアカデミー「お金の教養講座」(無料)は講義形式のセミナーなのですが、私が入社1年目に行った際には、

 

節約の仕方〜資産運用の仕方まで丁寧に解説してくれました。

 

もちろん無料ですので、1度足を運んでみてくださいね。 

 

無料でファイナンシャルアカデミー「お金の教養講座」に参加してみる