20代大手企業社員の頭の中

欲しいものには手を伸ばしていこうよ。

【3ヶ月で5キロ減量】ジム通いはナンセンス?会社員は通勤時間でダイエットするべき理由

f:id:until30y:20180811151448j:plain

書いた人:タナカユウ@tanakayu30

 

やべっ。お腹出てきた

 

20代も半ばになれば、思う瞬間ってありますよね。

 

 
学生時代は部活やってたり、基礎代謝が高いから食べても食べても太らなかったのに、

 

働き始めて、毎日パソコンの前で仕事するようになると、

食事する量は変わらないのに、運動量が激減するから、

 

あれ?なんかお腹出てない?みたいな。

突然太りだす現象が多くの方に発生すると思います。

 

(今学生の方も、なめてたら太るので注意しましょう。笑) 

 

私も、高校までサッカー、大学はフットサルと比較的運動をやってきた側だったので、

自分が太る訳ねぇって思っていたんですよ。

 

 

ですが、太ったのです。

 

大学から、私の体重は順調に増えてゆき、

 

大学4年4月は60kg

会社員1年目4月は64kg

 

そして

会社員2年目の4月は68kgにまでなりました。

 

2年間で8kgの増量です。

 

身長は172cmですので、さすがにやばいと思い始め、

あるダイエットに取り組みました。

 

結果、3ヶ月で68kg→63kgと5kgの減量に成功しましたので、

その過程を公開したいと思います。

 

f:id:until30y:20180817162623p:plain

 

f:id:until30y:20180817162728p:plain

f:id:until30y:20180817162828p:plain

 

3ヶ月で5kg痩せるためにどんなことを行ったか

数ある中でなぜそのダイエットを選んだのか

おすすめ・おすすめしないダイエットの違いは何か

 

3つ説明していきますね。

 

それではいってみましょう。

 

 

ジムに通うのはナンセンス?会社員は通勤時間でダイエットするべき理由

 

会社員のあなたにオススメなダイエットは、 

会社まで走ることです。

 

ただそれだけです。

 

私は何も特別なことをしたわけではなく、

日々会社に行くという行為を、電車でもなく、車でもなく

 

ジョギングで行いました。

 

会社に走って行く。

ただそれだけのことを3ヶ月継続すれば5kg痩せたということです。

 

だから、今日伝えたいことは、

痩せたいなら会社に走って行こうということになります。 

 

3ヶ月で5kgやせるために必要な具体的な施策

 

会社まで走ったと言っても、

 

どのくらいの距離なの?

どんな頻度で?

食事制限は?

 

など疑問になることが多いと思いますので、 書いていきますね。

 

具体的に行ったこととしては、以下のことになります。

 

どのくらいの運動量だったの?

 

1日6キロのジョギング

 

平日

・自宅→会社(片道2km)10分

・昼休み会社の周りをジョギング(2km)10分

・会社→自宅(片道2km)10分

 

休日

・家の周りをジョギング(2km)10分

 

つまり、運動量は以下のようになります。

 

1週間:6km×5日+2km×2日=34km(170分≒3時間)

1ヶ月:34km×4週間=136km(680分≒11時間)

 

私の感想:「まあまあ、走ってた。(・。・)」

 

どうせ食事制限したんでしょ?

 

ジョギングを軽くしたくらいで、5kgも痩せるわけないでしょ?

どうせ、食べ物にも気を使ったんでしょ?

 

と思われる方も多いと思いますので、答えておきますと、

 

 

食事制限は一切していません。

 

むしろ、えげつないほど食べて、欲望のままに生きていました。

 

たとえば、

 

モンスター(エナジードリンク)を年300本以上のペースで飲んだし、

・スタバではダークモカフラペチーノのベンティーサイズ(最大の大きさ)を頼むし、

・夜は決まって、マクドナルド・かつ丼・ラーメンなど油たっぷりのものを食べる

 

など、ダイエットの教科書があるのであれば、必ず禁止されていそうな行為を全て行っていました。

 

しかし、3ヶ月という短期間で、5kg(68kg→63kg)痩せることができました。 

 

 

この結果からわかること

 

つまり、

人間は「どんだけ食べていても、1日30分くらい(6キロ)走れば痩せる」のです。 

 

だから、会社員の皆さん

1日30分走りましょう。ただそれだけでポッコリお腹とは3ヶ月でおさらばです。

 

 

ここまで聞いていると、

 

はいはい、たくさん走ったんだねー。

偉いねー。じゃあねー。私には無理だわ―。

と感じられる方が多いと思います。

 

痩せたいけど、運動嫌いだし、

走るのなんて大嫌いなんだけど?運動が好きだからそこまで走れたんでしょ?

 

と思われると思うのですが、

 

しかし、冗談抜きで

 

私はこの3カ月間別に頑張ってないんですよ。

全然ストレスたまってないんですよ。

しんどくなかったんですよ。

 

なぜか。

 

それは、走るという行為を通勤時間という日々必ず行う時間の中で行ったからです。

既に習慣化されてある行為に、走るという行為をひっそりと忍ばせたからです。

 

と言われても、意味不明だと思いますので、

もう少し詳しく説明していきますね。

 

 

通勤時間をダイエット時間に変えれば、ストレスが少なく痩せられる

 

ここから痩せるために必要な1日6kmのランニングを

いかにストレスを少なく実行していくのかという話をしていきます。

 

それがもう書いてありますが、通勤時間を利用するということなのです。

 

 

ここまで書くと、

 

なんでジムに通わないの?

始業前・終業後に時間を確保してから走ったら良くない?

 

のような意見が出てくると思います。

 

その意見に対する回答はシンプルで、 

ジムに通うなど、ダイエットのために改めて時間を確保するのはめんどくさいからです。

 

できれば、ダイエットなんてしたくないじゃないですか。

できれば、走りたくないじゃないですか。

運動好きな人が太ってるわけないじゃないですか。

 

そのやりたくないことのために、時間を創造するということができるほど

人間というのは賢い生き物ではなく、たとえできたとしても長くは続かないものです。

 

なので、ジムに通うなどダイエット(やりたくないもの)のために時間を新たに創る行為はやめるべきで、時間を新たに創らずに、しかし運動量はこなす状態を創っていくべきなのです。

 

だからこそ、私としては通勤時間に走ることをおすすめしているのです。

 

なぜなら、

 

通勤とは毎日行う行為であり、(既に時間が存在している)

生活を行う上で重要な行為(強制力が強い)であるからです。

 

会社員であれば、通勤をしているでしょう?

明日会社つらい!行くのやーめたとはならないでしょう?

 

なので、もしその時間に運動ができたのであれば、

必ずあなたは痩せることができるということなのです。

 

毎日必ず行わなければならないものに、走るという行為をプラスするのです。

義務に走るということを添付するのです。

 

これは、 通勤だけに限ったことではなく、

 

移動が伴うこと

既に毎日に近い頻度で行っていること

強制力の強いもの(または大好きなもの)

 

上記3要素を満たすものであれば、なんでも大丈夫です。

 

たとえば、

 

買い物(スーパー、コンビニ)であったり、

彼女、彼氏に会いに行く(リア充限定)などです。

 

とにかく、何でもいいですが、

毎日の中で移動を伴う出来事があるのであれば、それを走っていけということです。

 

お腹すくでしょ?コンビに行くでしょ?

なぜなら、ご飯を食べないと死ぬからです。

 

大好きな彼氏・彼女に会いに行きたいでしょう?

なぜなら、大好きだからです。

 

もし、それらの時間をダイエットの時間に代えられたのであれば、

気付いたら痩せている状態になっているというわけなのです。  

 

太った→ジムに通うはまじナンセンス

 

で、

 

「え、通勤時間走るよりもジムとか通った方が良くない?」

「いろんな運動器具あるし、泳げたりもするじゃん。」

 

という方も居られると思いますが、今からダイエット始めよう。でも運動嫌だなと思っているあなたは絶対にやめておくべきです。

 

ジムに行くにはあなたは決断の力を必要とする

 

運動嫌いでしょ?っていうことはジムに行くこともできればやりたくないことなわけです。

 

そんな人がジムに通い始めると以下のような問いに毎日悩まされることになります。

 

「今日、ジムに行く?」

 

今日は、まだ月曜日だしいっか

 

「今日、ジム行く?」

 

今日は、残業で疲れたから明日にしよう

 

「今日、ジム行く?」

 

水曜日だし、同期と食事にでも行こうかな

 

 

みたいな。

 

つまり、運動嫌いな人にとって「ジムに行く」という行為は

できれば先延ばしにして置きたいことなんですよね、

 

体重の増加なんてのは、1日2日では些細なものですから

まあ、運動は明日でいっかと容易に延期できるものなのです。

 

意思が強い人が、お腹ポッコリにはならないのです。

 

お腹ポッコリの人が、自分の意思に頼ってはいけないのです。

痩せたければ、意思の力に頼るべきではないのです。

 

だからこそ、通勤をはじめとした強制力の強いもの(毎日行っていること)と同時に運動を行うことで、意思の力の必要のないダイエットをするべきなのです。

 

 

通勤はスーツだから無理だよという方へ

 

ここまで聞いていると、通勤スーツだし、そもそも電車通勤だから無理だよ。

と思われる方もいるとおもいます。

 

なので、そんな方へおすすめな3つの解決策をお伝えしますね。

 

①会社の近くに引っ越そう

 

少しハードルが高いですが、会社の近くに引っ越しましょう。

2kmくらいの距離のところであれば、毎日走っても大きな苦にはならないはずです。

 

②自宅→最寄まで走ろう

 

電車通勤の方にオススメしたいのが、自宅→駅までランニングすることです。

 

自宅から駅までは運動着で走り、駅から会社まではスーツで通勤。

そして、帰宅時には、会社→最寄駅まではスーツ、最寄駅→自宅はランニングするのです。

 

そうすれば、通勤するたびに運動ができていることになります。

 

③自宅付近の人を好きになれ!

 

あとは、毎日会いたいと思える誰かを創るというのは良いと思います。

好きという感情が強ければ強いほど、会うことなんて苦にならないはず。

 

つまり、めっちゃ好きな人作って、その人の家まで走って行けばいいのです。

 

できれば、10分くらいの距離が良いかな?

20分もあるとしんどいかもしれませんね。(笑)

 

まとめ:ジム通いはナンセンス。会社員には「気付けば痩せてる」ダイエットがおすすめよ。

 

・人は1日30分走れば、3ヶ月で5キロ痩せる

・通勤・買い物・恋人と会うなど毎日行うものと運動をセットにすべき

・ジム通いは意志の力を必要とするからナンセンス

 

つまり

 

「走れ」

 

今回は以上です。

 

関連記事

【マジで死ぬの?】モンスターエナジーを1年で365本飲んで分かったメリット・デメリット

 

駅前で1人でいた女の子をナンパしてみたら、川に沈められそうになった話