【新入社員向け】クレジットカードを使用する際に知っておくべき7つのこと

f:id:until30y:20181014101335j:plain

 

書いた人:タナカユウ(@tanakayu30

 

目次:新入社員がお金の勉強をしたいと思ったら知っておくべき30のこと

 

 

クレジットカードって使ったほうがいいの?

 

 

就職活動を終えて、初めてカードを作ったという人も多いはず。

 

クレジットカードでお買い物なんて、なんだか大人になった気分になりますよね。

 

ですが、そんなクレジットカードですが、メリットもあればデメリットもあります。

 

なので、今回はクレジットカードを使用する上でまず知っておきたいことをまとめてみました。

 

良かったらみていってくださいね。

 

 

 

【新入社員向け】クレジットカードを使用する際に知っておくべき7つのこと

 

①クレジット払い(キャッシュレス)の方が、現金払いよりもお金は貯まりやすい

 

まず、最初がこちら!クレジット使った方がお金は貯まりやすいと言うことです。

 

クレジットを使い始めるにあたって、なんだか使い過ぎてしまいそう。

現金払いの方がなんだか安心。と言うことでクレジットカードの使用をためらっている方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、JCB「キャッシュレスとデビットカード利用意向に関する実態調査2018」によると、

 

昨年1年間に増やせた貯蓄額はキャッシュレス派(87.6万円)が現金派(平均59.9万円)の2.7であるとの結果が出ました。

 

 

理由は諸説ありますが、クレジットカードのように便利なツールの仕組みを理解して賢く利用した方達のほうが、お金に対するリテラシーが向上し、結果的にお金がたまっていくと言うことなのです。

 

なので、クレジットはダメだ!と言う偏見を捨て、まずはクレジットの仕組みを理解して行きましょう。

 

 

②クレジットは利用すれば、ポイントが付く。全ての支払いはクレジットにしよう

 

次は、こちらです。

 

クレジットカードを利用する大きなメリットとして、支払いに対してポイントが付くことが挙げられます。

 

多くの場合、支払いに対して1%程度の場合が多いので、その場合の得られるポイントを見てみましょう。

 

例えば、月々10万円の支出がある場合

 

10万円/月×1%=1000円/月

 

120万円/年×1%=1.2万円/年

 

10年間であれば、12万円をポイントとして受け取ることができます。

 

覚えておいて欲しいのは、この12万円はあなたが現金払いをしていれば得られなかったであろうお金です。

 

12万円あれば、ちょっとした旅行や美味しいものを食べにいけますよね。彼氏彼女にプレゼントだって買ってあげられるでしょう。

 

そのために、必要なのは日々の支払いをクレジットに変更するだけです。

やりましょう。

 

また、このポイントはクレジットで使用する額が大きければ大きいほど、もらえるので

日々の支出をできるだけクレジット払いで統一すると楽にお金(ポイント)を得ることができるようになります。

 

 

③金利が付かない借金は、クレジット払い以外にまずない

 

覚えておいて欲しいのが、クレジット払いは「借金」です。

 

使用すれば翌月以降、支払いをする義務が生まれます。

 

そこは知っておきましょう。

 

しかし、ながらクレジット払いには他の借金に比べて非常に優遇されていることがあります。

 

それが、金利がかからないことです。

 

奨学金、自動車ローン、住宅ローンなど様々な場面で、お金を借りるということが発生することがあると思いますが、その全てに金利が発生します。

 

例えば、100万円を借りれば、105万円(5万円が金利)で返さねばならない。という具合にです。

 

ですが、クレジット払いではその金利が発生しないのです。

 

100万円を借りても(クレジットで支払う)、翌月以降支払わなければ行けないのは、

100万円です。

 

むしろ、ポイントだってもらえてしまうのです。

 

金利がかからずにお金を借りられるというのは、クレジットカードでしか享受できないメリットです。覚えておきましょう。

 

 

④一括、分割、ボーナス払い選ぶべきなのはボーナス払い

 

 

クレジットカードって支払い方が色々あって、何を選択すべきなのかわかりにくい。と使い始めた方であれば、思うこともありますよね。

 

ここでは、そんなあなたに最も良い支払い方をお伝えしますね。

 

結論としては、ボーナス払いが1番賢い支払い方です。

 

賢い支払い方はボーナス払い>分割払い(2回)>一括払い

 

「今手元にある100万円」と「明日手に入る100万円」の価値の違い分かってないヤツ多すぎ で詳しく解説してありますが、今手元にあるお金と未来のお金とでは現在のお金の方が価値が高いです。

 

 

ボーナス払いであれば、最大9ヶ月間支払いを先延ばしにできます。 

分割払い(2回)であれば、1ヶ月ごと、2ヶ月後で半分づつ

一括払いは、1ヶ月後に支払日が来ます。

 

なので、支払いを延期できる期間が長い支払い方がボーナス払い>分割払い>一括払いということから、

 

選択すべきなのは、ボーナス払いだということです。

 

スーパーやコンビニなどボーナス払いを選択できない店舗は多くありますが、できるところでは選択しましょう。

 

*ちなみに、ユニクロではボーナス払いは使用できます。

 

 

⑤分割は3回払い以上、キャッシング、リボ払いはアウト

 

で、こちらも絶対に押さえておいて欲しい点です。

 

分割で3回払い以上、キャッシング、リボ払いは絶対にしてはいけません。

 

なぜなら、上記3つの支払いによって生じる金利が非常に大きいからです。

 

参考までに、三井住友ビザカードでのそれぞれの金利を載せておきますので参考にしてみてくださいね。

 

分割払い(3回払い以上)

 

f:id:until30y:20181014144616p:plain

引用:分割払い|クレジットカードの三井住友VISAカード

 

キャッシング

 

f:id:until30y:20181014144924p:plain

f:id:until30y:20181014144931p:plain

引用:キャッシングリボ|クレジットカードの三井住友VISAカード

 

 

リボ払い

f:id:until30y:20181014145218p:plain

f:id:until30y:20181014145130p:plain

引用:リボ払いのメリットやご利用方法|クレジットカードの三井住友VISAカード

 

 

だいたい15%くらいの金利が多いみたいですね。

 

新入社員の方であれば、年利15%ってどれくらいのものなの?

そもそも大きいの?と思われると思いますので、解説しますと、

 

年利15%とは、

100万円が1年後に115万円

1000万円が1年後に1150万円

1億円が1年後に1億1150万円になる金利です。

 

1億円借金したら、1年後に1150万円借金が増えているんですね。

そして、年間150万円以上返済ができないと、借金の元本が減らず

どんどん借金が膨らんで行くわけなのです。

 

そうならないためにも、これら3つは絶対にやってはいけない支払い方です。

 

*勉強のために、少額1万円ほどで試してみるのは良いと思いますよ。

 

 

⑥カード払いの方が現金払いよりも、支出は多くなりがち

 

これも事実なので、押さえておいて欲しいことです。

 

精神科医のデビッド・クルーガー博士の『「お金」のシークレット―人生を変える“感情”と“お金”の法則(三笠書房)』によると、クレジットカードを使うと、現金支払いに比べて支出が23%ほど増えるそうです。

 

これは、お金を使っているという感覚が麻痺してしまいやすいからです。

それは、知っておきましょう。

 

しかしながら、「①クレジット払い(キャッシュレス)の方が、現金払いよりもお金は貯まりやすい」でも、説明しましたが、

 

クレジット払い(キャッシュレス)をしている方の方が、貯蓄額の増加額が多いというデータがあります。

 

それはなぜなのでしょう?

 

クレジットを使うと支出が多くなる。

でも、貯蓄増加額はクレジットを使っている人の方が上。

 

なぜなんでしょう。

 

これは主観ですが、クレジットカードを使う人は、そうでない人に比べてお金へのリテラシーが向上するからだと考えています。

 

クレジットカードを使えば、マネーリテラシーが向上する

 

というのも、多くの現金払いを好む人のクレジットカードを使用しない理由は

以下のようなものが挙げられます。

 

「これまで現金で支払ってきたし」

「なんか使い過ぎてしまいそうだし」

「なんか危なさそう」

 

これらに共通しているのは、不明確な部分を明確にしていないというところです。

 

クレジットカードの仕組みを理解しようとしないから、

どんなメリットがあって、どんなデメリットがあるのか、

もし、デメリットがあるのであればそれを防ぐためにはどうすれば良いのか

が分からないままに生きざるを得ないんです。

 

 

しかし、クレジットカードを支払いを選択するあなたは、このようにクレジットカードのシステムの理解を深めるために、文章を読み、理解を深めようとするのです。

 

結果、お金への正しい向き合い方が理解でき、

なんとなく怖かったクレジットカードというものを、うまく使いこなせる側になりメリットを享受して行くということなのです。

 

なんでもそうですが

試してみたり、理解しようとしない限りは、ずっと怖いままなのです。

 

クレジットカード(新しいもの)を使用する方々は、分からないことを分からないままにしない人達なのです。

 

 

⑦使い過ぎを避けたいなら限度額を調整しよう

 

最後になりますが、とは言ってもクレジットカードで使い過ぎてしまうのも避けたいと思うこともあるはず。

 

そんな時は、使用限度額を調整しましょう。

 

ほとんどのカード会社で、10万円を下限に10万円単位(20万円、30万円、40万円、、)で調整することができます。

 

浪費ぐせがあるんだよな。と思われる方は、

そもそもそれ以上使用できない設定にしてしまいましょう。

 

 

金融偏差値を高めたいあなたがとるべき3つの行動

 

どうでしたか?

少しは新たな発見や参考になることが書いてありましたでしょうか?

 

今回は、クレジットカードをテーマを取り上げましたが、

新入社員であるあなたにはこれから様々なお金に関する選択が求められます。

 

例えば、

持株制度利用はするべきなのか?

生命保険には加入するべきなのか?

確定拠出年金の運用商品は何にすべきなのか?などなど

 

何を選択することが正しくて、何を選択することが間違いなのか

自分自身で判断していかなくてはならないのです。

 

簡単に言えば、

持株会を利用するか、

保険に入るか入らないか、確定拠出年金の運用商品を何にするかなどでも、

平気で数百〜1千万円の差が出てきます。

 

その時々で、賢い選択ができればあなたはそれらの制度を恩恵を受けることができますが、反対に言えば、知らないだけで気づかぬ間に大きな損失を被ってしまうことだってあるのです。

 

だからこそ、20代という早い段階で正しい選択をできるように知識を身につけることが必要なのです。

 

な・の・で

ここでは、少しだけおすすめの金融知識の身につけ方を紹介しておきますね。

 

①このブログを読もう

 

まず、このブログを読みましょう。

お金に関しては、【新入社員向け】お金の勉強をしたいと思ったら知っておくべき30のことにまとめてあるのですが、

 

こちらを読めば一通り知っておくべきお金にまつわること知識を身につけることができます。

 

②読書しよう

 

次は、お金に関するものであれば、何でもいいです。

本を読みましょう。

 

あなたにも日々の中で疑問に思うことがあるはずです。

 

先ほども述べましたが、

持株制度って何?

生命保険には加入するべきなの?みたいな

 

その際は、是非本を手に取って見てください。

 

ネットでもいいのですが、本の方が体系的に学べるので同じ分野の本を2冊以上読んでおくとより深く理解が進みます。

 

【新入社員向け】お金の勉強を始めるにあたって読んでおくべき本9選

におすすめの本をまとめてありますので、チェックして見てくださいね。 

 

③人に話を聞きに行こう

 

最後はですね、

 

「賢い人に話を聞きに行きましょう。」

 

やはり、これが1番楽だと思います。

 

新入社員の時って、周りにお金について詳しい人ってなかなかいないですよね。

勉強したい、けどやり方がなかなかわからない。

 

そんな思いを抱えることも無理ないと思います。

 

そんな時におすすめなのが、セミナーという場を利用して賢い人に直接話を聞くということです。

 

ファイナンシャルアカデミー「お金の教養講座」(無料)は講義形式のセミナーなのですが、私が入社1年目に行った際には、

 

節約の仕方〜資産運用の仕方まで丁寧に解説してくれました。

 

なかなか自分で調べたり、本を読んだりするのはハードルが高いと思いますので、

そういった方はサクッと話だけでも聞きにいって見ましょう。 

 

もちろん無料ですので、1度足を運んでみてくださいね。 

 

無料でファイナンシャルアカデミー「お金の教養講座」に参加してみる

 

 

まとめ:【新入社員向け】クレジットカードを使用する際に知っておくべき7つのこと

 

①クレジット払い(キャッシュレス)の方が、現金払いよりもお金は貯まりやすい

 

②クレジットは利用すれば、ポイントが付く。全ての支払いはクレジットにしよう

 

③金利が付かない借金は、クレジット払い以外にまずない

 

④一括、分割、ボーナス払い選ぶべきなのはボーナス払い

 

⑤分割は3回払い以上、キャッシング、リボ払いはアウト

 

⑥カード払いの方が現金払いよりも、支出は多くなりがち

 

⑦使い過ぎを避けたいなら限度額を調整しよう

 

 

関連記事

【新入社員向け】大手企業社員のあなたにオススメなクレジットカード3選 

【新入社員向け】投資初心者にオススメな証券口座を教えるよ

新入社員のあなたが、お金の勉強を始めるにあたって読んでおくべき本9選

 

 

目次:新入社員がお金の勉強をしたいと思ったら知っておくべき30のこと