20代大手企業社員の頭の中

欲しいものには手を伸ばしていこうよ。

【新入社員向け】4,5,6月は絶対残業するな!会社員が知らない社会保険料が決定する仕組み

f:id:until30y:20181025192030j:plain

 

書いた人:タナカユウ(@tanakayu30

 

目次:【新入社員向け】お金の勉強をしたいと思ったら知っておくべき30のこと 

 

 

4,5,6月は死んでも残業するな!

 

 

今日も残業、明日も残業

今月は残業80時間超えちゃうな

 

そんなことってよくありますよね。

 

繁忙時期だったりすると残業がなかなか減らないということがあると思います。

しかし、あなたには残業する前に知っておいて欲しいことがあります。

 

それが、「4,5,6月だけは残業をしない方が得」だと言うことです。

 

なぜなら、社会保険の一部の保険料は4,5,6月の平均収入によって決まり、

この期間に残業が増え、平均収入が多くなると、年間の保険料負担額が大きくなるからです。

 

ちなみに、平均収入20万円と38万円では、年間24万円の保険料の差が出てきます。

残業の量は変わらなくても、残業をいつするかによって支払う保険料が大きく変わってくるのです。

 

といってもいきなりよくわからないと思いますので、

 

今回は、

・そもそも社会保険とはどんなものがあるのか

・社会保険料が決定する仕組みはどういったものなのか

・なぜ4,5,6月は残業すべきでないのか

 

など、普段働いているとなかなか知ることのない3点について解説していきます。

 

年間24万円得する話なので、よかったら5分ほどお時間を割いてくださいね。

 

 

関連記事:【新入社員向け】社会保険の一部「健康保険」について知っておくべき9つのこと

 

 

 

4,5,6月は絶対残業するな!会社員が知らない社会保険料が決定する仕組み

 

会社員は5つの社会保険に加入している

  

そもそもの話なのですが、会社員の方は以下の保険に加入しています。

 

 

・雇用保険(失業した際、給付してもらえる:会社が納めている)

 

・労災保険(労災が起こった際に治療費を受け取れる:会社が納めている)

 

 ・健康保険(医療費を受け取れる:会社と自分で半分ずつ収める(会社の方が多く負担する場合も))

 

 ・厚生年金保険(60歳以降年金を受け取れる(現在は月々15万円ほど):会社と自分で半分ずつ納める)

 

 ・介護保険(介護サービスを使用する際お金を受け取れる:40歳以降保険料を納める必要あり)

 

 

社会保険といっても、いっぱい種類があるのです。

 

新入社員が保険料を負担する必要があるのは、健康保険と厚生年金保険

 

そんな中、新入社員のあなたが気にすべきなのが、健康保険と厚生年金保険です。

 

なぜなら、健康保険と厚生年金保険の一部の保険料は、月々のあなた自身の給与から支払っているからです。

 

雇用保険と、労災保険は、会社が全て保険料を負担していますし、

介護保険料を納めるのは、40歳以降からなので今は気にしなくても大丈夫です。 

 

ここまでで、健康保険料と厚生年金保険料は自分の財布からお金を負担しているということはおわかり頂けたと思います。

 

次に、その健康保険と厚生年金の保険料がどのように決定しているのか詳しく説明していきますね。

 

健康保険料と厚生年金保険料は4,5,6月の収入によって増減する

 

健康保険料と、厚生年金保険料は4,5,6月の平均収入によって決定します。

 

 

ここが今回最も覚えておいて欲しいことです。

 

つまり、 たくさん残業し、4,5,6月の平均収入が上がると、負担せねばならない保険料も多くなります。

 

ちなみに、この間の平均収入が20万円である場合と、平均収入が38万円の場合とでは、年間24万円ほど負担せねばならない保険料に差が出てきます。

 

だからこそ、4,5,6月は残業をできるだけ避けた方がいいのです。

残業するのであれば、4,5,6月以外にしましょう。

 

それだけで、所得が24万円ほど変わってくるのです。

 

これからもう少し詳しく説明していきますね。

 

収入別 健康保険料

 

まず、健康保険料について詳しく見てみましょう。

f:id:until30y:20181025193515p:plain

f:id:until30y:20181025193544p:plain

引用:当組合の保険料 | 健康保険ガイド | ホンダ健康保険組合

 

会社員の方は、協会けんぽと組合健保に加入されているのですが、

今回は組合健保の一つであるホンダ健康保険組合の保険料を例にさせて頂きます。

 

上の図に詳しく書いてありますが、新入社員の月収は20万円ほどだと思います。

 

なので、月収20万円と月収20万円の方が80時間ほど残業すれば届く月収38万円の2つの保険料の違いを見ていきましょう。

 

保険料は以下のようになります。 

 

・月収20万円の保険料

→月々6640円 年額7万9680円

 

・月収38万円の保険料

→月額1万2616円 年額15万1392円

 

・月収20万円と38万円の保険料の差

→月額5976円 年額7万1712円

 

なので、残業を4,5,6月にするかしないかで7万円ほど年間の保険料が変わってくるということなのです。

 

4,5,6月の平均収入が20万円であれば、

9,10,11月に残業し、その間の平均収入が38万円であっても、納めるべき保険料は月収20万円の方が納める金額で大丈夫です。

 

ここは覚えておきましょう。

 

収入別 厚生年金保険

 

次に厚生年金保険について見ていきましょう。

 

f:id:until30y:20181025195251p:plain

f:id:until30y:20181025195253p:plain

引用:保険料額表(平成29年9月分~)(厚生年金保険と協会けんぽ管掌の健康保険)|日本年金機構

 

厚生年金保険料も、健康保険料と同様です。

 

・月収20万円

→月々1万5900円、年額19万0800円

 

・月収38万円

→月々3万210円、年額36万2520円

 

・月収20万円と38万円の保険料の差

→月額1万4310円 年額:17万1720円

 

こちらも4,5,6月の平均収入が20万円であれば、

9,10,11月に残業し、その間の平均収入が38万円であっても、納めるべき保険料は月収20万円の方が納める金額で大丈夫です。

 

月収20万円と38万円の保険料の差は年間24万円

 

ここまでで、残業の多さで健康保険料と厚生年金保険料に差が出てくることがわかったと思います。

 

最後に、月収20万円と月収38万円の保険料の合計の差をみてみましょう。 

 

月収20万円だった場合

月額:健康保険料+厚生年金保険料=6640円+1万5900円=2万2540円

年額:7万9680円+19万800円=27万480円

 

月収38万円だった場合

月額:健康保険料+厚生年金保険料=1万2616円+3万210円=4万2826円

年額:15万1392円+36万2520円=51万3912円

 

月収20万円と38万円の保険料の差

月額:4万2826円-2万2540円=2万286円

年額:24万3432円

 

つまり、

4,5,6月残業するかしないかで、収める保険料に年間24万円もの差が出てくるのです。 

 

反対に、残業する日程が9,10,11月など、4,5,6月以外の月にずらすことができれば、

24万円も収める保険料を少なくすることができるのです。

 

だから、4,5,6月は残業するな!

 

軽くまとめておくと、

 

健康保険に関しては、少ない保険料の方が医療費の必要負担額が低く設定されていますので、金銭的メリットを考えると4,5,6月残業しないというのは賢い選択です。

 

また、厚生年金に関しては、納めた保険料が多い方が、多く金額を受け取れる仕組みになっています。

 

しかしながら、厚生年金支給額は年々下降してきており、支払っただけ受け取れるのかは不明確です。

 

そのため、20代の手取りが少ない時期は、保険料をできるだけ下げる選択をしておき、日々の生活を楽にしてあげる方が得なのです。

 

な・の・で、

どうしても残業が必要な場面もあると思いますが、

標準報酬額が決定する4,5,6月を避けると保険料が抑えられる

ことは知っておいてくださいね。

 

 

金融偏差値を高めたいあなたがとるべき3つの行動

 

どうでしたか?

少しは新たな発見や参考になることが書いてありましたでしょうか?

 

今回は、社会保険料が決定する仕組みをテーマに取り上げましたが、

新入社員であるあなたにはこれから様々な選択が求められます。

 

例えば、

持株制度利用はするべきなのか?

生命保険には加入するべきなのか?

確定拠出年金の運用商品は何にすべきなのか?などなど

 

何を選択することが正しくて、何を選択することが間違いなのか

自分自身で判断していかなくてはならないのです。

 

簡単に言えば、

持株会を利用するか、

保険に入るか入らないか、確定拠出年金の運用商品を何にするかなどでも、

平気で数百〜1千万円の差が出てきます。

 

その時々で、賢い選択ができればあなたはそれらの制度を恩恵を受けることができますが、反対に言えば、知らないだけで気づかぬ間に大きな損失を被ってしまうことだってあるのです。

 

だからこそ、20代という早い段階で正しい選択をできるように知識を身につけることが必要なのです。

 

な・の・で

ここでは、少しだけおすすめの金融知識の身につけ方を紹介しておきますね。

 

①このブログを読もう

 

まず、このブログを読みましょう。

お金に関しては、【新入社員向け】お金の勉強をしたいと思ったら知っておくべき30のことにまとめてあるのですが、

 

こちらを読めば一通り知っておくべきお金にまつわること知識を身につけることができます。

 

②読書しよう

 

次は、お金に関するものであれば、何でもいいです。

本を読みましょう。

 

あなたにも日々の中で疑問に思うことがあるはずです。

 

先ほども述べましたが、

持株制度って何?

生命保険には加入するべきなの?みたいな

 

その際は、是非本を手に取って見てください。

 

ネットでもいいのですが、本の方が体系的に学べるので同じ分野の本を2冊以上読んでおくとより深く理解が進みます。

 

【新入社員向け】お金の勉強を始めるにあたって読んでおくべき本9選

おすすめの本をまとめてありますので、チェックして見てくださいね。 

 

③人に話を聞きに行こう

 

最後はですね、

 

「賢い人に話を聞きに行きましょう。」

 

やはり、これが1番楽だと思います。

 

新入社員の時って、周りにお金について詳しい人ってなかなかいないですよね。

勉強したい、けどやり方がなかなかわからない。

 

そんな思いを抱えることも無理ないと思います。

 

そんな時におすすめなのが、セミナーという場を利用して賢い人に直接話を聞くということです。

 

ファイナンシャルアカデミー「お金の教養講座」(無料)は講義形式のセミナーなのですが、私が入社1年目に行った際には、

 

節約の仕方〜資産運用の仕方まで丁寧に解説してくれました。

 

なかなか自分で調べたり、本を読んだりするのはハードルが高いと思いますので、

そういった方はサクッと話だけでも聞きにいって見ましょう。 

 

もちろん無料ですので、1度足を運んでみてくださいね。 

 

無料でファイナンシャルアカデミー「お金の教養講座」に参加してみる

 

 

まとめ:4,5,6月は絶対残業するな!会社員が知らない社会保険料が決定する仕組み

 

・健康保険料と、厚生年金保険料は4,5,6月の平均給与で決定する

 

・月収20万円と38万円とでは、収める保険料が、年額24万円差がある

 

・健康保険は、保険料が低い方が保証があつい(高額医療保証制度、付加給付制度の限度額が低い)。なので、保険料はできるだけ抑えた方が得

 

・厚生年金は、納めた金額に応じて支給額が増減する。しかし、年々支給額は降下しているので、保険料を抑えるという選択も知っておくとよい。

 

関連記事

新入社員のあなたが、お金の勉強を始めるにあたって読んでおくべき本9選

社会保険の一部「健康保険」について知っておくべき9つのこと

 

目次:【新入社員向け】お金の勉強をしたいと思ったら知っておくべき30のこと