関関同立・MARCH未満の学歴でも内定できる企業一覧

f:id:until30y:20190104232149j:plain

 

書いた人:タナカユウ(@tanakayu30

 

目次:大手企業10社から内定を得た私が考える「就活で必要な50のこと」

 

 

学歴関係なく採用してくれる企業ってどこ?

 

就活生なら思うことがあるのではないでしょうか?

 

学歴不問!と多くの企業が言うけれど、

実際問題、関関同立・MARCH以上の大学からしか採用しないところは多くありますよね。

 

就活生であれば、そういった大学名で判断する企業ではなくて、

きちんと人物評価してくれる企業の対策に時間を割きたいところだと思います。

 

しかしながら、どこが学歴関係なく採用してくれるのかわからないのではないでしょうか。

 

な・の・で

今回は私の就活時代の経験と、友人の話を基に、

 

関関同立・MARCH未満(日東駒専・産近甲龍など)の学歴でも採用する企業をまとめてみました。

 

参考にしてみてくださいね。

 

 

関関同立・MARCH未満の学歴でも内定できる企業一覧 

 

①リクルート

②本田技研工業

③双日

④キーエンス

⑤ITメガベンチャー

⑥証券金融

 

①リクルート

 

1番最初がリクルートです。

 

リクルートは学歴を見ずに採用してくれます。

私も面接を受けにいったことがあるのですが、選考会場には関関同立・MARCH未満の方もおられましたし、

 

実際の社員さんにも、関関同立・MARCH未満の方はおられます。

 

リクルートは面接に力を入れている会社の1つで、

私が面接を受けた際には、幼少時からのエピソードに対してひたすら「なんで?」と個人の価値観を深掘られました。

 

何に対して、頑張れるのか、モチベーションが上がるのか、

が見られている印象です。

 

是非、チャレンジしてみてくださいね。

 

 

②本田技研工業

 

次は、バイク・自動車で有名なホンダです。

ホンダも学歴ではなく、人物重視で採用している企業の1つです。

 

採用大学も幅広く、早慶、関関同立・MARCHの他に、

南山大学、日本大学、成蹊大学などからの内定者が多くいます。

 

ほとんどの大手企業では、内定者の割合が旧帝大・早慶で8割を占めますが、

ホンダでは、内定者の6割を関関同立・MARCHが占めるのです。

 

社風としても、若手でも物言える空気があって、

元気の良い方々が社員に多い印象です。 

 

③双日

 

次は、総合商社の1角である双日です。

双日も人を見てくれる企業の一つです。

 

実際、偏差値50ほどの大学出身の方にも、

内定を出しています。

 

総合商社に入社したい学生は多くいると思いますので、

是非チャレンジしてみてくださいね。

 

④キーエンス

 

4つ目がキーエンスです。

年収が最も高い企業だとかそうでないとか。

 

キーエンスも大学を気にしない企業の一つです。

 

選考方法も特殊で、

20秒の自己PRのみで選考したり、

説得面接と言われる、面接官が否定してくることにたいして論理的に回答することが求められる選考過程もあるようです。

(バナナ嫌いな私を、バナナ好きにしてください。など)

 

*受付のおねぇさんが綺麗でした。

 

⑤ITメガベンチャー(楽天・サイバーエージェント・yahoo)

 

次は、楽天・サイバーエージェント・yahooです。

 

楽天に関しては、入社時までにTOEIC800以上の取得を求められますが、

3社ともに学歴に強い縛りはありません。

 

知り合いでは、関西外国語大学や近畿大学から内定を獲得した人を知っています。

 

関関同立・MARCH層が内定者のボリュームゾーンの印象です。

 

元気の良いイケてる方達が就職していくイメージです。

 

IT系に興味がある方は是非受けてみてくだいね。

 

⑥証券営業

 

最後は、証券の営業です。

こちらも比較的学歴をみない印象です。

 

金融系の営業は仕事がきついイメージがありますが、

福利厚生やボーナスの額も他業界と比べるとワンランク上です。

 

営業でバリバリやっていきたい。と思われている方は是非チャレンジして見てくださいね。

 

 

まとめ:関関同立・MARCH未満の学歴でも内定できる企業一覧

 

①リクルート

②本田技研工業

③双日

④キーエンス

⑤ITメガベンチャー

⑥証券金融

 

人物本位で採用してくれる企業は必ずあるので、

そういった企業を優先的に受けていくと、内定確率も上がっていきます。

 

頑張ってくださいね!

 

就活を賢く進めるために知っておくと良い話

 

就活って何をしたらいいかなかなか分かりにくいですよね。

色んな情報に惑わされて身動きが取れなくなることもあると思います。

 

な・の・で

ここでは、就活を効率よく進めるために必ず知っておくべきサービスを

紹介しておきますね。

 

まず、MeetsCompany 【digmee】ですが

これらは、内定直結型の選考会に参加できるサービスです。

 

これらのイベントで、優秀な成績を収めれば

その場で「内定」が出たり、1次選考免除などの「特別選考パス」付与されます。

 

1度で複数社から内定を獲得できる可能性もありますので、

忙しい就活生にはおすすめです。 

 

関連記事:【その場で内定?】関関同立・MARCHの就活生が、内定直結型の選考イベントに参加するべき理由

 

他にも、下記サービスに登録しておけば、効率良く就活を進めることができます。

 

キミスカ:人事からスカウトが届き、特別選考を受けられるサービス

就活ノート:先輩の選考体験を無料で見られるサービス

ねっとで合説:企業の業務内容から社風まで動画で見られるサービス

 

合同説明会に何度も足を運ぶのは時間がかかりますので、

使えるツールは賢く使用して、時間を節約しながら情報収集してくださいね。

 

*「そもそも、就活の進め方・これからのキャリアをどうしていいかわからない」という方は、

 

同じ大学出身のOB/OGに話が聞ける「ビズリーチ・キャンパス」 

先輩たちのぶっちゃけ話を聞くのもオススメです!

 

➡︎「ビズリーチ・キャンパス」で先輩にキャリア相談してみる 

 

 

関連記事:「大手企業社員が推薦する」大学生のうちに読んでおきたい本9選

 

目次:大手企業10社から内定を得た私が考える「就活で必要な50のこと」