20代大手企業社員の頭の中

欲しいものには手を伸ばしていこうよ。

(関関同立・MARCH向け) 就活の定番の疑問「顔採用ってあるの?」に答えてみた

f:id:until30y:20180325003528j:plain

 

 

書いた人:タナカユウ(@tanakayu30

 

目次:大手企業10社から内定を得た私が考える「就活で必要な50のこと」

 

 

 

今日は就活生なら一度は考えたことがある

 

採用には「顔」や外見は関係するのかという疑問に答えていきたいと思います。

 

それではいってみましょう。

 

 

就活の定番の疑問「顔採用ってあるの?」に答えてみた

 

結論としては、無いです。

 

なので、自分の外見に自信がないそこのあなた!

 

全然問題ないです。

 

自信持って行きましょう。

 

でもなぜ、無いと言い切れるのか疑問に思われる方がおられると思うので、

その根拠を3つのまとめました。良かったら見ていってくださいね。

 

①私の会社には美男や美女だけがいるわけではないから

 

②顔採用があるは一般職であって総合職ではないから

 

③採用基準は、いかに企業に貢献できるのかのみだから

 

1つずつ説明していきますね。

 

①私の会社には美男や美女だけがいるわけではないから

 

まずは、シンプルに行きましょう。


私、全然イケメンじゃないです。


だから、顔採用は無いです。という話です。

 

現在私は一応大手と呼ばれる企業に勤めていますが、

私も含め、見かけがよろしくない人もたくさんいます。

 

体重が100キロ超えている人もいるし、イケメンかどうかアンケートを100人にとっても1人が同意するかしないかみたいな人もいます。

 

私のことは、誰もかっこいいと言ってはくれません。

 

もちろん、外見というのは個人によって良し悪しの基準が違いますから何とも言えませんが、全員が全員見た目が整っているというわけではないのは事実です。

 

 

外見が優れていない人も、大手企業に就職している。

それが、顔採用がないことの何よりの証拠です。

 

 

②顔採用があるは一般職であって総合職ではないから

 

ですが、主に女性の場合に限って、受付担当や一般職の場合は異なる場合があると思っていて、

 

部外者の方がもっとも目にする受付の方や、勤務年数の短いとされる一般職の方は外見を気にされます。

 

部外者に良い印象を与えるのは見かけの良い方ですし、一般職の方は総合職の方の結婚相手という考え方があったみたいです。

 

今もそのなごりはあります。

 

しかし、あなたが希望している総合職の場合は違うと思っていて、総合職採用ということは企業はあなたを60歳まで雇用する前提で採用しています。

 

終身雇用なんてもう終わりだよ。

 

と叫ばれて長いですが多くの企業ではまだ続いています。

 

実際TOPIX100に代表される大手企業の社員の平均年齢は40歳をほとんどの企業で超えています。

 

平均で40歳を超えているということですから、60歳付近の人もうじゃうじゃいるわけです。

 

実際私の会社にはおじいちゃん、おばあちゃんばかりいます。冗談ではありません。本当です。

 

つまり何がいいたいのかといいますと、おじいちゃん、おばあちゃんになってまで見かけが美しい人はいないわけです。

 

どんなに頑張っても若い子の方が外見という面では優れているのです。

 

だから、企業としてはしばらくすればなくなってしまう「顔の良し悪し」よりも、内面である思考力や考え方の方を重視するわけです。

 

その内面の良し悪しは、外見のように時間に限りがあるものではないからです。

 

*サイバーエージェント、楽天、リクルートなどは社員の平均年齢が低いため、
若い人が多く結果、美人やイケてる人が多いように見えるという印象です。

 

 

③採用基準は、いかに企業に貢献できるのかのみだから

 

 

就活生の皆に言いたいのは、どうでもいいことを気にするな!ということです。

 

今回取り上げた採用に「顔」は関係あるのかという問題もですが、

就活生は採用に関係のないことや、自分では変えられないことに時間を割きすぎです。

 

ノックの回数とか、スーツの色とか、靴はきちんと磨かないといけないとか
OB訪問はしなくてはいけないとか

 

そんなの全部どうでもよくて、就活生のあなたが唯一気にしなくてはいけないのは
面接官に自分は企業に役に立つと思わせることのみです。

 

んなに見かけが良くなくても、面接官に会社に利益を生みだせる人材であると認めさせることができれば絶対に採用されます。

 

また、役に立つと思わせる上で大事なのは、当たり前ですが、

・筆記試験の点数を取り・質の高いESを書き・面接での受け答えが的確であることの3つです。

 

関連記事:「就職活動の定義を知ること」それが就活生が何よりも先にすべきこと

 

 

外見や身だしなみ、OB訪問の回数なんて、それらに比べたらどうでもいいことです。

 

自分の顔の良し悪しや、スーツ選びや、ノックの回数を気にするぐらいなら、1秒でも多く志望動機を練り上げる時間に使いましょう。


志望企業がどんな課題があり、そこに自分がどのように貢献できるのか考えましょう。

学生時代の行動に一貫性があるか、振り返りましょう。

 

それらの行動の方が、あなたを内定へ大きく近づかせます。

 

就活生が知っておくと良い話

 

最後になりますが、あなたに知っておくと良い話をしておきますね。

 

それが、就活の形は変わりつつあるということです。

 

私が就活をしていた時期は、

説明会に足を運び、筆記を受け、ESを書き、面接を受ける→内定というプロセスを経ることが当たり前でした。

 

しかし、時代はどんどん変わってきています。

 

例えば、キミスカ ニクリーチであれば、登録しておくだけで企業の人事からスカウトが届きます。スカウトが届けば、他の学生と違ったプロセスで選考を受けることができるのです。

 

就活しなくても、内定がもらえる時代がやってきつつあるのです。

 

ちなみにニクリーチでスカウトが来た場合は、人事の方が焼肉を奢ってくれますので、

就活を進められる+お腹が満たされると良いことづくしなので、チェックして見てくださいね。

 

また、就活ノート であれば、選考体験を見られますし、

ねっとで合説 であれば、企業の業務内容から社風まで動画で見ることができます。

 

就職活動に何度も合同説明会に足を運んでいては時間が勿体無いです。

今時、足を運ばなくても情報は手に入れられる時代です。

是非有効活用してくださいね。

 

最後にまとめておきます。

 

まとめ:就活の定番の疑問「顔採用ってあるの?」に答えてみた

→無い。理由は以下の3つ!

 

①私の会社には美男や美女だけがいるわけではないから
②顔採用があるは一般職であって総合職ではないから
③採用基準は、いかに企業に貢献できるのかのみだから

 

今回は以上です。参考になることがあったのであれば幸いです。では。

 

 

関連記事:「大手企業社員が推薦する」大学生のうちに読んでおきたい本9選

 

目次:大手企業10社から内定を得た私が考える「就活で必要な50のこと」