20代大手企業社員の頭の中

30歳までに会社からの卒業を目指すブログ

(関関同立・MARCH向け)・志望企業の決め方 ③ 第1志望は絶対受けること。

・第2章ー志望企業の決め方

f:id:until30y:20171007082807j:plain

 

 (関関同立・MARCH向け)(随時更新)大手内定者が語る「内定への地図」  

まだ読んでいなければ、何の話をしているのか分からないと思いますので、

ぜひこちらに先に目を通してから、この文章を読んでいただけるとありがたいです。

until30.hatenablog.jp

 

第1志望は絶対受けること。

会社どこ受けたっていいです。

行きたい企業であればTOPIX100の中の企業じゃなくてもいいです。

けど第1志望の会社は絶対受けてください。

 

それが

「何社あったとしても今の自分では入社を想像できないくらい超大手企業であっても」です。

 

「自分の学歴じゃ無理」とか、

 「身の丈に合った企業受けよう」とか、

 そんなつまらない考え方は今すぐにやめてください

 

好きなとこ、受けたいとこ気合入れて受けていきましょう。

 

なぜなら、

今受けたいのに受けなかったら、

やりたいのに意味のわからない理由を付けて挑戦することをやめる。

 

一生そんな人生になってしまうからです。

 

あなたの身の丈はまだ決まってないんです。

 

だから、第1志望を受けてください。え、意味がわからないって?

 

つまり、

映画「君の名」で三葉が言った「会えっこない・・・でも、もし会えたら・・・。」精神ですよ。

amazon primeでも観られます。

(*君の名とは:新海誠監督の長編アニメーション映画。2016年8月26日公開。)

 

ええ。非論理的ですとも。

何か文句がおありでしょうか。

 

三葉は瀧くんに出会えたわけじゃないですか。

最終的に2人は結ばれたじゃないですか。

 

それは100%に近い確率で会えないとわかっていたにも関わらず、

そんなの関係ねぇ会いたいから会いに行くんだって1歩を踏み出したから、

出会えた2人なわけじゃないですか。

 

そんなドラマみたいな話は現実の世界では起こらないってあなた言うかもしれません。

でも、ドラマみたいなことが現実では起こらないなんて誰が決めたのでしょうか。

 

というより、今までドラマみたいなことが現実の世界で起こった起こってないとかそんな話ではなくて、

 

あなたはドラマみたいな出来事を起こしてみたくないのか

という話です。

 

熱くなってしまっていますが、

今どの企業を受けるか受けないかは正直どうでもいいです。

でも、もしあなたが受けたいと思っている会社があるのに、

 

私じゃ無理だし、

身の程知らずって皆に言われるし、

落ちるの嫌だし、

 

とかそんな意味不明な理由で受けるのをやめるのなら、

人生つまんなくなりますよ。って話です。

 

弱冠20代の私がまだ全然経験してもいない人生について語らせてもらうとですよ。

その思考は全てに当てはまるようになります。

 

例えば、A子ちゃんという世界で1番かわいい女の子(世界で1番かっこいい男の子)を好きになったとします。

 

第1志望の企業を受けない選択をするような精神だと、

けど彼氏・彼女いるらしいし、俺全然金もってないし、イケメンじゃないし。

私かわいくないし、みたいな意味わかめな理由を探し回り、

 

結局何もしないで終わる人生になってしまいます。

 

は。彼氏がいるって。そんなのかんけぇねーーー!!!でしょ。

いくっきゃないだろーが精神です。

 

確率なんてどうでもいいんですよ。いけるといったらいけるんですよ。

 

何か行動を起こせば何か始まるかもしれないじゃないですか。

たまたまA子ちゃんが世間の感覚とずれてて、

あなたのことを超イケメンだと思ってくれるかもしれないじゃないですか。

 

このブログに出会えた確率だって、ありえない確率ですよ。

そもそもよくこんなブログに訪れて、かつここまで読み進められましたね。

 

このブログを読んでいる読者は10人/日です。

日本の人口は1億人なので、あなたが今このブログを読んでいる確率

 

10人÷1億人×100=0.00001%です。(あなたはおそらく日本人ですので)

 

あなたは1000万人に1人という確率をくぐり抜けてきたんです。

それは大手に内定を得る(5%)なんかよりもはるかにすごいことなんです。

 

ありえなくないですか。奇跡じゃないですか。

けど、ありえたんですよ。意味が理解できますか。

 

やらない理由を上げるのって簡単なんですよ。

大手企業に入れる確率が5%未満って、そんなのどーだってよくて、

100人に5人くらいは入れるんです。

 

5%の確率でつき合える女の子がいたら100回告白すれば5回もつき合えるわけです。

 

成功する可能性が1%の勝負にあなたはこれから死ぬまでに

100回以上巡り合います。

 

そういった「自分の100%のwant」を全面に出して目の前のことにチャレンジしていれば、

 

一つ一つの可能性は低いかもしれませんが、いつか必ず結果が出ます。

 

1/100+1/100+1/100・・・・・・・=1(100%)になるんです。

 

 

つまり、確率なんてあなたの行動次第でどうとでも変わるんです。

だから、あなたの1番を表にだしましょう。

 

どんなしがらみも制限も何もないのであれば、

どの会社であなたは働きたいですか。

男なら(女でも)気合入れて突っ走っていきましょう。

 

声かけてデート誘って、全力で猛アタックでしょ。

玉砕したらその時はその時です。

 

私はそんなあなたが大好きです。お酒でも一緒に飲みに行きましょう。

 

だから大丈夫。

受けたい企業に自信持ってエントリーしましょう。

 

でも、親とか就活課の人に大手ばっか受けるのはやめろって言われたし、、、。

そんなあなたに贈る言葉

 

うるせーー!就活課とか親とかどうでもいいんですよ。

 

あなたはどうしたいんですか。

大事なのは自分がどうしたいかなんです。

 

色んな人に話を聞いてもいいです。

でも最後は自分の心の声に正直に決めましょう。

 

なぜならあなたの人生だから。

たぶん、第1志望を受けずして、就職活動を進めてもこれで良かったのだろうか、

やっぱりあの企業受けておけば良かったかなとか。

 

一生後悔し続けます。

 

大好きなあの子に思いを伝えなかったら、

大好きなあの子と結ばれるチャンスをみすみす捨ててしまったら、

一生後悔し続けます。

 

ですので、とりあえず第1志望は受けちゃいましょう。

そして、決まったら、その企業らから内定をもらった後、

自分はどんな感情になるのか、想像してみてください。

 

そこにワクワクや嬉しさを感じないのであればそんなとこ受けなくていいです。

ドキドキワクワクまるで恋するかのような思いに浸れる会社を受けましょう。

 

あの会社に入れたらどんな私が待っているんだろう。

絶対モテるでしょ。でっかいしごとができるかなあ。

うふふ。みたいな。

 

まあ受かるっしょ的な企業は受けてもつまんないので、

いっそのこと受けるのやめちゃいましょう。

 

うん。なんだか志望企業決めるのが楽しくなってきましたね。

未来がワクワクしてきましたよね。

 

今回は以上です!

 

次はこちら!

・第4章ーES対策編ー大手内定者の私のESを公開してみた。

 

 

 

目次はこちらです!

until30.hatenablog.jp

 

就活についてまとめた本がこちらです☆

 

では!