大手企業10社の内定者が実際に使用した「就活生が登録すべき就活サイト3選」

f:id:until30y:20170924220536j:plain

 

書いた人:タナカユウ(@tanakayu30) 

 

目次:(関関同立・MARCH向け) 大手企業10社から内定を得た私が考える「就活で必要な50のこと」

 


今回はタイトルにもある通り、私のおすすめの就活サイトをお伝えしようと思います。

就活サイトってたくさんあって、どれが良くてどれが悪いのかって分からないですよね。

 

なので、今回は就活を終えた私が

これは役に立ったと思うサイト3つを実体験をもとにお伝えしていこうと思います。

 

ちなみに、 私は日経平均採用企業(225社)の中の10社から内定をもらい、

現在、その中の1つの中で現在働いています。

 

関連記事:「関関同立・MARCH出身」の私が内定を得た大手企業10社を公開してみた 

 

そんな私が就活時参考にしていた就活サイトをシェアしていくので、
よかったら参考にしてくださいね。

 

それではいってみましょう。

 

   

大手内定者が選ぶ「就活生が登録すべき就活サイト」

 

①ONE CAREER

ESや選考体験記など、幅広い情報を網羅してくれています。


選考の日程締切なども載せてくれているので、応募忘れも少なくすることができます。
沢山登録するのはめんどくさい。という方であれば、この1つで十分です。 

 

私はこちらでは、先輩のESを見て書き方のコツを知ったり、

面接の質問はどのようなものがされるのか知ることで、事前に準備することができました。

 

コラムの記事も面白いものばかりなので、良かったら読んでみてくださいね。

上位レベル~中レベルの学生まで参考になる情報が載っていると思います。

 

②就活会議

ESに迷ったら、このサイトを訪問していました。


就活会議はESの掲載量が他の比ではありません。

あなたが志望する企業のほぼ全てのESが見られるはずです。 

 

正直な話、ここのESをコピペでだしてもいくつかの企業は通過するはずです。

そのくらい質の高いESが多いです。

 

私も何社か、コピペして2,3割だけ修正して出していました。

 

就活の時って、いかに楽して通過するのかが大事なので、

こういったものを利用して時間を節約しましょう。

 

なので、ESの書き方がわからない!ってなったらまず就活会議に登録することをおすすめします。

 

関連記事:(関関同立・MARCH向け)大手企業に内定したいなら、黙ってネットのESをコピペしろ。

 

③外資就活ドットコム

もし、外資系企業に就職を考えているのであればおすすめのサイトです。

紹介されている企業のランクが他の就活サイトとは桁違いです。

 

こちらは超上位層の学生向けです。

就活生の中でTOP0.5%位の方ばかりが登録している印象です。

 

マッキンゼーとかボストンコンサルティンググループとかゴールドマンサックスとか、

そんな就活ヒエラルキートップの企業に行きたい方は登録しておきましょう。

 

でも、外資に興味ないよ。とかそんな高いレベル私には無理だよ。と思われる方もいると思います。

 

ですが、そんな人も登録だけはしておくことをオススメします。


なぜなら、ここに登録すると、

自分が知っている世界よりもっと上がいることがいることを知ることができるからです。

 

こちらで紹介される情報、就活イベント、インターンに参加してみてください。

大学で出会える学生よりも、ワンランクもツーランクも違うレベルの人がごろごろいます。 

 

 

以上となります。

就活では色々な情報があって混乱すると思いますが、

上の3つを信じていれば間違いないです。

 

上の3つを信じた私は、「関関同立・MARCH出身」の私が内定を得た大手企業10社を公開してみた  で公開している大手企業に内定できました。

 

 

良かったら参考にしてみてください!

  

就活生が知っておくと良い話

 

最後になりますが、あなたに知っておくと良い話をしておきますね。

 

それが、就活の形は変わりつつあるということです。

 

私が就活をしていた時期は、

説明会に足を運び、筆記を受け、ESを書き、面接を受ける→内定というプロセスを経ることが当たり前でした。

 

しかし、時代はどんどん変わってきています。

 

例えば、キミスカ ニクリーチであれば、登録しておくだけで企業の人事からスカウトが届き、スカウトが届けば、他の学生と違ったプロセスで選考を受けることができます。

 

 

極端な話、

通常の就活をしなくても、内定がもらえる時代がやってきつつあるのです。

 

ちなみにですが、

ニクリーチでスカウトが来た場合は、人事の方が焼肉を奢ってくれますので、

就活を進められる+お腹が満たされると良いことづくしなので、チェックして見てくださいね。

 

また、就活ノート であれば、先輩の選考体験を見られますし、

ねっとで合説 であれば、企業の業務内容から社風まで動画で見ることができます。

 

今時は、何度も合同説明会に足を運ぶのではなく、

自宅で時間を節約しながら情報が手に入れられる時代なのです。

 

使えるツールは賢く使用して、効率よく就活を進めてくださいね。

 

 

*「そもそも、就活の進め方・これからのキャリアをどうしていいかわからない」という方は、

 

同じ大学出身の先輩に話が聞ける OB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」 で、先輩たちのぶっちゃけ話を聞くのもオススメです!

 

今回は以上です。では

 

 

関連記事

「大手企業社員が推薦する」大学生のうちに読んでおきたい本9選 

「就職活動の定義を知ること」それが就活生が何よりも先にすべきこと

 

目次:(関関同立・MARCH向け) 大手企業10社から内定を得た私が考える「就活で必要な50のこと」