20代大手企業社員の頭の中

欲しいものには手を伸ばしていこうよ。

「関関同立、MARCHの就活生」が大手内定を得るために必要な3つのこと(簡易版)

f:id:until30y:20170925003129j:plain

 

 

就活についてはこちらでまとめています:(関関同立・MARCH向け) 大手企業10社から内定を得た私が考える「就活で必要な50のこと」

 

こんにちは。タナカユウ(@tanakayu30)です。

 

今日は、「関関同立・MARCHの就活生が大手から内定を得るために具体的に何をすればよいのか」書いていきたいと思います。

 

*「大手内定=TOPIX100(日本企業の時価総額トップ100)から内定を得る」とします。 

 

改めて就活をしていたころを思い出すと、

就活のなにが困るのかって言うと「何をしたら正解なのかわからないこと」でした。

就活をしていた当時は、暇があれば「就活 何したらいいの」とかを調べていました。

 

でも、検索しても出てきた答えは

「目の前の事を一所懸命に頑張れ!」とか

「自分の好きなことについて考えてみるといい」など

 

どれも抽象的で、具体的なことは何も書いてありませんでした。

結果、何も分からないいまま手探り手探り行動をし、無駄が多い行動をしていたと思います。 

 

なので、今回はそんな数年前の私であるあなたに

就活時にこれを知っていたかったと思う「就活の過程でやっておいて欲しい3つのこと」をお伝えしたいと思います。

 

 

 

*筆者 経歴

関関同立、MARCH 卒 TOEIC945

内定した企業 日系平均採用銘柄(225社)の内の10社

 *あ、たいしたことないや。と思われた方には有益な情報はないと思われます。

 

ですが、もしあなたが、

「上記の企業に憧れている。」「内定をもらいたい。」そう思えるのであれば、

あなたの就活が少しでもいい方向へ進むように一所懸命に書いていきたいと思います。

 

それではいってみましょう!

 

 

「関関同立、MARCHの就活生」が大手内定を得るために必要な3つのこと

 

①大学3年までに「TOEIC900」を取ること

 

中国語1級でも、簿記1級でもなんでもいいと思います。なんらかの資格で最上位級を取りましょう。

 

なぜなら、関関同立、MARCHは大手企業に勤務する社員または選考を受ける学生から「アホ」だと思われており、それを払拭する勉強面での証明書が必要だからです。

 

大手企業の社員の割合は8割が旧帝大+早慶、残り2割を関関同立、MARCH+その他というイメージです。

なので、勉強面では関関同立、MARCH生は劣っているのは間違いありません。

 

そのため、TOEIC900など万人受けする資格でそのイメージを払拭しましょう。

 

関関同立、MARCH生でTOEIC900を保持している学生はほぼいないので、それだけで目立てます。

 

これは私の主観ですが、TOEIC900を持っていれば、大体の企業が筆記試験の結果が良くなくても面接には呼んでもらえると思います。 (私が就活をしていた当初は)

 

*今現在は、TOEIC900は珍しくなくなってきたので、何か他の資格で最上級を取った方がいいかなという印象です。

 

関連記事

TOEIC900取ったら、大手からの内定なんて余裕だよ。

「半年でTOEIC340→900」を達成したから、実施したことを伝えるよ 

 

②インターンの選考に30社応募すること。

 

数に関してはもっと多くても良いと思いますが、上記の数を下回らないようにして頂きたいです。この数は私が就活当時行った数です。

 

こちらを行って頂きたい理由は、本選考までに「筆記→ES→面接(GD)」という選考の流れを一通り経験しておいて欲しいからです。

 

受験の時も、志望校の過去問を繰り返し解き、出題パターンを暗記していたと思います。

就活にも、この企業には筆記の点数はこのくらい必要で、ESの書き方、面接での受け答えの仕方にはパターンがあります。

それを体で学ぶためにも、上記のことを行ってほしいのです。

 

「就活くらい余裕っしょ→インターンに応募→落ちる→あれ?おかしいな。→少し対策する→また応募する→落ちる→対策する。→応募する→通過する」くらいのイメージです

 

本番までにどのくらいの選考を通過できるくらいの就活力があればいいのかということですが、私は5社くらいは通過できていることが望ましいかなと思っています。

 

関連記事:大手企業の内定欲しいなら、30社インターンの選考を受けろ

 

③大学、サークル、バイトを捨てること。

 

大学生は色々やりたいことがある時期だと思います。

ただ、もし大手企業の内定を得たいと思うのであれば、やらないこと」をきちんと決めてください。

 

なぜなら、やらないことを決めたことで生まれた時間すべてを就活に捧げてほしいからです。

先ほども述べましたが、関関同立、MARCHの学生は基本的に旧帝大、早慶の学生に劣っています。(就活力に関しては)

 

彼らは容量が良く、大学、サークル、バイトをそつなくこなしながら就活も並行してできると思います。だって、もとからスペックが高いから。

 

しかし、容量が良くなく、能力もあまり高くない私達が、大手内定を得るためには、
「ただただ就活に集中する」それしかないです。

 

彼らが、大学25、サークル25、バイト25、就活25という割合で時間を割くのであれば、我々関関同立、MARCHの就活生は就活に100を注ぎましょう

 

そんくらいしないとあなたは大手に内定はでません。

 

関連記事:大手企業の内定が欲しいなら、同じ大学の「友達」は捨てろ。 

 

 

どうでしたでしょうか。少しは参考になることがあったでしょうか。

こちらの記事もよかったら参考にしてみてください!


関連記事:大手企業10社から内定を得た私が考える「就活で必要な50のこと」

 

 

今回は以上です。では!