大手企業社員の私が、無料でES添削します!

f:id:until30y:20180224112706j:plain

 

書いた人:タナカユウ(@tanakayu30

 

目次:(関関同立・MARCH向け) 大手企業10社から内定を得た私が考える「就活で必要な50のこと」

 

 

 

 

 

今日は単純に、「無料で私のES添削受けませんか?」というお話です。

そろそろ就活が近づいてきて、やばい!!ESできてなさすぎる。でも誰に添削お願いしていいのかわからない、、、。

 

となっている就活生の方がおられれば少し聞いてくださいね。

 

 

このたびES添削を有料で始めました。

 

こちら(ES添削)をクリックして頂ければ、飛べます。

 

以前、以下の記事で女子大生のES添削風景を公開しました。

「アホ丸出し」の武庫川女子大学の学生を「博報堂」のES選考に通過させてみた。

 

他にも何人かのESの添削をしてきたのですが、お世辞にも良いと言えない状態のものばかりでした。

 

一所懸命に書いてきているはずなのに、なぜうまく書けないのかと言うと

「添削してもらう相手が悪いから」です。

 

就活課の人、親、大学の先輩などに添削をお願いする人も多いとは思いますが、

添削をお願いする相手が、あなたの志望する企業に受かるレベルの思考力をもっていないと、何度添削をお願いしても、ESの質は上がっていきません。

添削を重ねるたび、悪くなっていくことだってあります。

 

だからこそ、ESを見せる相手は選びに選び抜くことが大事だと私は考えているのですが、誰に相談すべきか分からない、適性を持った人が周りにいない、ということで

悩んでいる学生も多くいると思います。

 

そこで、私がその添削相手になろうではないかということで、ES添削を有料でですが、行うことにしました。

 

私の内定先は以下で公開していますので、それらの企業を志望している方の力にはなれると思っています。

「関関同立・MARCH出身」の私が就活を本気で行った結果の全て

 

でも、初めてだからどんな指導が適切か不安

 

Twitterでの複数回のやりとりを通じて、添削を行おうと考えているのですが、

果たしてTwitterでのやり取りでうまく指導ができるのか不安でもあります。

 

そのため、今回2人限定で無料で指導を行おうと考えました。

あなたは、無料で大手企業社員の私から添削を受けられますし、

私もどのようにES添削をこれから進めていったらよいのか学ぶことができます。

 

そう「Win&Win」

 

ですので、ESがうまく書けなくて困っている。助けてー!と思っている

あなたのお手伝いをさせて頂きたいのです。

 

添削内容

・学生時代頑張ったこと(800字まで)1項目

(*志望動機、自己PRなどは今回はご遠慮ください。)

 

学生時代頑張ったこと(課外活動)+学生時代頑張ったこと(学業)のように2項目の添削は致しません。どちらか一つに絞ってご応募ください。

 

応募条件

 

・私のブログの読者登録をすること
・私のツイッタ―をフォローすること
・上記ツイートをリツイートすること
・DMで私にメッセージを送ること
・添削風景をブログで公開することに同意すること
・応募前に(関関同立・MARCH向け)大手内定者が語る「内定への地図」のESの章を読んでおくこと

 

 

2人限定です!当選者はノリで決めます!一応ですが、締切は2/28までです。

定員が埋まり次第募集を終了させて頂きます。

 

応募者がいなかったので、募集継続しています!!!!誰かああ(笑)

 

就活生が知っておくと良い話

 

最後になりますが、あなたに知っておくと良い話をしておきますね。

 

それが、就活の形は変わりつつあるということです。

 

私が就活をしていた時期は、

説明会に足を運び、筆記を受け、ESを書き、面接を受ける→内定というプロセスを経ることが当たり前でした。

 

しかし、時代はどんどん変わってきています。

 

例えば、キミスカ ニクリーチであれば、登録しておくだけで企業の人事からスカウトが届き、スカウトが届けば、他の学生と違ったプロセスで選考を受けることができます。

 

 

極端な話、

通常の就活をしなくても、内定がもらえる時代がやってきつつあるのです。

 

ちなみにですが、

ニクリーチでスカウトが来た場合は、人事の方が焼肉を奢ってくれますので、

就活を進められる+お腹が満たされると良いことづくしなので、チェックして見てくださいね。

 

また、就活ノート であれば、先輩の選考体験を見られますし、

ねっとで合説 であれば、企業の業務内容から社風まで動画で見ることができます。

 

今時は、何度も合同説明会に足を運ぶのではなく、

自宅で時間を節約しながら情報が手に入れられる時代なのです。

 

使えるツールは賢く使用して、効率よく就活を進めてくださいね。

 

 

*「そもそも、就活の進め方・これからのキャリアをどうしていいかわからない」という方は、

 

同じ大学出身の先輩に話が聞ける OB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」 で、先輩たちのぶっちゃけ話を聞くのもオススメです!

 

 

今回は以上です。では。

 

関連記事:「大手企業社員が推薦する」大学生のうちに読んでおきたい本9選

 

目次:(関関同立・MARCH向け) 大手企業10社から内定を得た私が考える「就活で必要な50のこと」