(関関同立・MARCH向け) 就活において「ゼミに入っていたか」なんてどうでもいい。そう言い切る3つの理由

f:id:until30y:20180408215736j:plain

 

 

目次: 大手企業10社から内定を得た私が考える「就活で必要な50のこと」

 

書いた人:タナカユウ(@tanakayu30

 

 

ゼミに入って無い奴は就活で詰む

 

 

今回は、就活でゼミに入っていないことは不利に働くのか、について書いていきたいと思います。

 

就活が始まると、ゼミ入ってない人は詰むよね。とか

 

ゼミに入ることで、他人と協働する力とか、発表を通じて論理的思考力が磨かれるから、就活で活きる。みたいな話は良く聞くと思います。

 

すると就活生は感受性が豊かですから、

 

え、私ゼミ入ってないんだけど。

入ってたけど、ほとんど参加していないんだけど。オワタ。

ってなる方が大量発生します。

ですが、そんな不真面目で、詰んでいる?そこのあなた!

「安心してください。」ゼミなんて入っていなくても、就活はなんとかなります。

 

むしろ、わたしはゼミに入ってる学生の方が就活やばいって思っています。

なぜか。そこを今日は解説していこうと思います。

 

だから、ゼミはいってなくて、焦っているそこのあなた。

大丈夫、私が味方です。

(*文系就活の場合です。理系の方はゼミ入りましょう。)

 

それではいってみましょう。

 

 

就活にゼミに入ることは必須じゃない。そう言い切る3つの理由

 

①募集要項に「ゼミに所属していることが条件」って書いてないから

②95%以上の人がゼミに入る。けど、95%以上の人は大手に内定できない。

③ゼミに入っていない、私が大手から内定を取ったから

 

 

①募集要項に「ゼミに所属していることが条件」って書いてないから

 

まずはシンプルに行きましょう。
そもそも募集要項に、ゼミに所属している必要ありなんて一言も書いてないんです。

 

三菱商事だって

リクルートだって

サントリーだって

 

どの企業にも、募集要項にゼミに入っていること!!!!!!!!なんて書いていません。だから、別にいらないんですよ。単純ですよね。

 

1度目を通して見てくださいね☆ 

 

②95%以上の人がゼミに入る。けど、95%以上の人は大手に内定できない。

次はこちら!
データはないので主観ですが、95%程の大学生はゼミに所属していると思います。


そのため、ゼミに入ること=普通という価値観が形成され、
ゼミに入っていない=やばいとなるのです。

 

しかし、あなたに知って欲しい事実があります。

それは、関関同立・MARCH生の95%は大手企業(総合職)に内定できないということです。

 

関連記事:関関同立、MARCHのあなたが大手に内定できる確率

 

ゼミに入って、「ゼミに入ってないと就活詰むよ」と言っているほとんどの人間が、
就活で詰んでいるのです。

 

だからもし、友達や先輩にゼミ入ってないと就活は詰むよね。とでも言われても

無視すればいいです。ほとんどの人は就活で結果出せないですから。

 

結果出てない人のアドバイス程あてにならないものはないのです。

 

関連記事:就活は「誰にアドバイスを貰うか」で全てが決まる

 

だから、あなたはあなたが正しいと思う行動を起こしたらいいのです。

 

つまり、もしあなたが大手企業に内定を得たいのであれば、5%になる必要があって、

そのためには、ゼミに入る、サークルに入る、バイトをする、みたいなほとんどの学生が経るであろう過程を逆に経ないという選択が必要なのです。

 

つまり、ゼミに入っていないあなたは、他の学生と違う5%の人材に近づいているんですよ。

 

それは、自信を持っていいことです。

 

③ゼミには入って無い、私が大手から内定を取ったから

 

最後は、ドヤりますが、

 

GPA1.2、ゼミ無所属の私が大手から内定を取りました。
つまり、ゼミに入ってるか入っていないかなんて関係ないってことです。

 

 

関連記事:「関関同立・MARCH出身」の私が内定を得た大手企業10社を公開してみた

 

むしろ、皆が入るから、ゼミに入るのが普通だから入るみたいな
自分の意思や考えが無い人なんて、全然いらないですからね。

 

だから、ゼミに入って無い=自分の意思で行動できるってことなので、
私はプラス評価です。自信持っていきましょう。

 

就活生が知っておくと良い話

 

最後になりますが、あなたに知っておくと良い話をしておきますね。

 

それが、就活の形は変わりつつあるということです。

 

私が就活をしていた時期は、

説明会に足を運び、筆記を受け、ESを書き、面接を受ける→内定というプロセスを経ることが当たり前でした。

 

しかし、時代はどんどん変わってきています。

 

例えば、キミスカ ニクリーチであれば、登録しておくだけで企業の人事からスカウトが届き、スカウトが届けば、他の学生と違ったプロセスで選考を受けることができます。

 

 

極端な話、

通常の就活をしなくても、内定がもらえる時代がやってきつつあるのです。

 

ちなみにですが、

ニクリーチでスカウトが来た場合は、人事の方が焼肉を奢ってくれますので、

就活を進められる+お腹が満たされると良いことづくしなので、チェックして見てくださいね。

 

また、就活ノート であれば、先輩の選考体験を見られますし、

ねっとで合説 であれば、企業の業務内容から社風まで動画で見ることができます。

 

今時は、何度も合同説明会に足を運ぶのではなく、

自宅で時間を節約しながら情報が手に入れられる時代なのです。

 

使えるツールは賢く使用して、効率よく就活を進めてくださいね。

 

 

*「そもそも、就活の進め方・これからのキャリアをどうしていいかわからない」という方は、

 

同じ大学出身の先輩に話が聞ける OB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」 で、先輩たちのぶっちゃけ話を聞くのもオススメです!

 

今回は以上です!では。

 

まとめ:就活にゼミに入ることは必須じゃない。そう言い切る3つの理由

 

①募集要項に「ゼミに所属していることが条件」って書いてないから

②95%以上の人がゼミに入る。けど、95%以上の人は大手に内定できない。

③ゼミに入っていない、私が大手から内定を取ったから

 

当たり前のこと言ってすみません!

以上です。では。

 

関連記事

→ 「大手企業社員が推薦する」大学生のうちに読んでおきたい本9選

就活の定番の疑問「顔採用ってあるの?」に答えてみた

大手内定に「OB訪問」は時間の無駄説

 

 

目次: 大手企業10社から内定を得た私が考える「就活で必要な50のこと」