20代会社員の貯蓄は意味ねぇぞ。その理由を3つに絞って教える

f:id:until30y:20180407192907j:plain

 

書いた人:タナカユウ(@tanakayu30

 

目次:新入社員がお金の勉強をしたいと思ったら知っておくべき30のこと

 

 

今日は、20代は貯蓄に励む意味はあるのか、ということについて書いていきたいと思います。

 

日々を生きていると、


老後に今から備えることが必要、

国は今後自分たちを守ってくれない、

誰でも貯金を貯めるテクニック

何かあったときに、お金はあった方がいい

 

のような、60歳以降の人生のためにお金を貯めたり、

よくわからないけど、いつか起こるかもしれないことのために、

お金を貯めることを推奨されていることが感じることが多くあります。

 

ですが、それって本当なのでしょうか?

 

20代の若い頃から、老後の事を考えたり、

起こるか分からない出費を恐れて、お金を使わないことって

本当に大事なことなのでしょうか。

 

様々な意見はあると思いますが、私は違うと思っています

 

なので、今回は、

老後にお金が必要でない事実と、もしものために備えるお金の意味の無さを具体例を交えて、説明していきます。

 

良かったら見ていってくださいね。

 

 

せっせと貯金に励む20代が、知るべき3つの事実

 

①老後が不安なら、するべきは貯金ではなく「投資」

②100万円の治療費が発生しても、支払い金額は月8万8000円以下

③20代で貯められる金額では、もしものための備えにならない

 

これから順に説明していきますね。

 

①老後が不安なら、するべきは貯金ではなく「投資」

 

まずは、老後のために備えることの意味の無さを伝えようと思います。

会社員であるあなたは、国民年金、厚生年金、確定拠出年金、などに加入していると思います。

 

我々20代が65歳以降受け取れる退職金は833万、年金は月11万

 

まず最初に知っておいて欲しいのが、我々は老後にどれだけのお金を受け取れるのかということです。

 

少子高齢化が進むに連れて、1人あたりの納める額は増えるものの、支給額は下降傾向にあります。

 

事実、このままの傾向が続けば現在20代の方が老後受け取れる額は、下記になります。

 

退職金:825万円(定年退職金・確定拠出年金月々5000円積立と仮定)

年金:11万円(国民年金・厚生年金)

 

退職金:825万円(定年退職金・確定拠出年金月々5000円積立と仮定)

f:id:until30y:20181203213303p:plain
引用:楽天証券

 

f:id:until30y:20181208145635p:plain
引用:結果の概要|厚生労働省

 

年金:11万円(国民年金・厚生年金)

 

f:id:until30y:20181208145912p:plain引用:ホーム|厚生労働省

f:id:until30y:20181208145716p:plain
引用:厚生年金保険 受給者の平均年金月額の推移|厚生労働省年金局

 

 

関連記事:【老後に備えるとは】ゆとり世代がもらえる年金と退職金を詳しく計算してみた 

 

 

現在20代(1990年以降生まれ)は、老後の備えは現在より退職金:1200万円・年金:月10万円少ない

 

先ほどは、現在20代の方々がどれだけの年金と退職金を受け取れるのかという数字をお伝えしました。

 

その金額は、現在の高齢者と比べて、

 

退職金は、1200万円少なく

年金は、月10万円少ないことがわかります。

 

現在(2018年ごろ)の高齢者が受け取っている年金・退職金額

 

・定年退職金:約2000万円(支給年齢60歳)

 →退職金はいくらもらえる?退職金の平均相場【2017年】 [定年・退職のお金] All About

 

・国民年金5万円/月(支給年齢65歳)

・厚生年金15万円/月(支給年齢65歳)

2017年最新|年金支給額の平均は国民年金5.5万円・厚生年金14.7万円

 

  

 

つまり、我々が現在の高齢者と同じような生活を目指すのであれば、

65歳までに、「1200万円の資産」と「月10万円の継続的収入」を築かないといけないのです。 

 

月10万円の継続収入と、65歳までに1200万円の資産を創造するために

若いうちにしておくべきことは、貯金では決してありません。

 

老後に本当に備えたいのであれば、今するべきことは「投資」です。

 

 

65歳までに1200万円の資産を作るために必要なのは、「金融商品への投資」

 

老後のために貯金しているのであれば、金融商品への投資を考えましょう。

なぜなら、投資をすれば貯蓄のみよりも楽に資産を増やすことができるからです。

 

と言われてもそれって本当?と思われると思いますので、

貯金した場合と投資した場合を比べて見ましょう。

 

前提:22歳の新入社員 定年は65歳(43年後)

 

・貯金だけで1200万円を築こうとすると、月の負担額は2万3300円

 

まず、貯金だけで1200万円を65歳までに築くことを考えて見ましょう。

 

答えを言いますと、月々2万3300円です。

(計算式:1200万円÷43年÷12ヶ月)

 

これは年間28万円にも登ります。

 

20代にとって、年間28万円という額はは少なくありませんよね。

 

もう少し楽に、資産を増やすことができればと思うはず。

 

それでは、次に金融商品に投資した場合を見て見ましょう。

 

・投資(年利3%)で1200万円を築こうとすれば、月の負担額は1万1420円

f:id:until30y:20181215025927p:plain

参照:楽天証券

上記の図を見て頂けるとわかりやすいと思うのですが、

インデックス型投資信託で資産運用すると平均して年利3%のリターンが見込めます

 

この年利3%というのは、100万円投資すれば1年後に103万円で返ってくるというイメージです。

 

この方法で資産運用すれば、

65歳までに1200万円を築くために必要な額は月々1万1420円となります。

 

これは、年間13万7040円になります。

 

つまり、投資すれば年間14万3000負担額を減らすことができる

 

これまでのものをまとめると、

 

貯金で1200万円を達成するためには、

月々2万3300円(年間28万円)

 

資産運用で1200万円を達成するためには

月々1万1420円(年間13万7040円)

 

備える額の差を求めると、

貯金(28万円)-資産運用(13万7000円)

=14万3000円(43年間トータルでは、615万円)

 

つまり、投資をするだけで615万円も老後のための出費を減らすことができ、

もっと言えば、貯金の額を投資に回せばより多くの資産形成さえもできるのです。

 

なので、老後に備えたいのであれば、するべきことは貯蓄ではなく投資です。

 

 

もし、投資を始めてみたいのであれば、

証券口座は、「WealthNavi」楽天証券がオススメです。

 

関連記事:【新入社員向け】投資初心者にオススメな証券口座を教えるよ

 

 

65歳までに月10万円の継続収入を作るためにするために必要なのは「自己投資」

 

次に、自己投資です。

20代のうちは貯金するのではなく、 自分自身にお金を使っていきましょう。

 

というのも20代の方が貯蓄をする理由が、

老後に多くの備えが必要だという認識で生きているからです。

 

なぜ、多くの備えが必要だと考えているのかというと

多くの方が老後は労働をしないという前提で生きているからです。

 

しかし、現在20代である私たち世代は、人生100年時代と言われるように

長生きする可能性が高いです。

 

なので、定年後も自分自身の力で稼いでいくスキルを若い内から身につけておくべきなのです。

 

例えば、

ブログであれば、月10万PV(月に10万回閲覧)程度あれば、

月10万円以上の収入を作ることができますし、

 

youtubeであれば、月間100万回再生があれば、

月10万円以上の収入を作ることができると言われています。

 

現代では、雇用されずに稼ぐ方法というものが数多くあります。

 

若い内から、会社員としての収入だけではなく、自分自身の力で稼ぐ練習をしておきましょう。

 

自分自身で稼ぐ力の創造に時間とお金を割くことが20代における自己投資なのです。

 

自分で稼ぐためのスキルの習得のためにはお金をじゃんじゃん使いましょう。

 

貯蓄ばかりに気が向いて、自己投資を怠ることは

長期的に大きな損失になることもあるのです。

 

 

関連記事:【若手社員の考えが理解できない管理職のあなたへ】ゆとり世代はなぜ残業しないのか?現代っ子の思考回路を解説してみる 

 

 

②100万円の治療費が発生しても、支払い金額は月8万8000円以下

 

次はこちら!

 

ケガなどをして、働けなくなった時や、入院して大きなお金が発生したときのために、お金は備えておきたい。っていう方もいると思います。

 

入院や手術費の支払いが数百万円なった時、

蓄えがない中で治療費が払えない。

 

だから、その時のために備えている。みたいなね。

 

上記のように、あなたの貯蓄をしている理由が、

高額な治療費が発生した場合に備えるためであるのであれば、

それは不要です。

 

今すぐ貯蓄をやめましょう。

 

ここでは、高額な治療費のための貯蓄が必要なのか考える上で知っておくべきことをお伝えして行きますね。

 

そもそも、20代は滅多に病気にならない

 

まず、本当にそもそもな話なのですが、20代の体は頑丈です。

簡単には病気になりません。

 

最近病院行きましたか?

何十万の支払いをされましたか?

 

多くの方はされていないと思います。

1万円を支払うことだって珍しいのではないでしょうか?

 

それは、あなたが若く健康だからです。

 

なので、治療費のために過度に怯える必要はないのです。

と言われてもよくわからないと思いますので、一緒に年代別医療費を見て見ましょう。

 

f:id:until30y:20181009002446p:plain

引用:年齢階級別1人当たり医療費(平成22年度)(医療保険制度分) - 厚生労働省

 

 

f:id:until30y:20181212201112p:plain

 

少しデータが古いものになっておりますが、20〜24歳まで7.0万円/年、25〜29歳まで8.8万円/年です。

 

つまり、20代の医療費は、月1万円もかかっていないということなのです。 

  

考えて見てください。

病院に行って年間10万円(負担額3万円)も使いました?

 

多くの人は使ってないと思います。

 

そこは知っておきましょう。

 

健康保険に加入している会社員であれば、治療費は月8万8000円以下

 

会社員の方であれば健康保険に誰でも加入しており、

 

入院費や治療費が何百万円になろうともその制度を利用すれば、

なたが支払う必要のある金額は大体上限が8万8000円程/月となります。

 

加入している健康保険の種類によっては、

医療費の最大値が2万円となっている場合もあるのです。

 

そのため、多くの会社員は、高額な治療費が発生しても負担額を大幅に減らすことができるのです。

 

だからこそ、治療費のために貯蓄することは不要なのですが、

とは言っても、健康保険の保証内容なんて普段気にも留めないですよね。

 

なんか勝手に加入してる保険のことでしょ?くらいが多くの方の感覚だと思います。

 

ですが、この健康保険は意外と優れものなので、

ここでは簡単に健康保険の制度について紹介して行きますね。 

 

①高額医療保証制度

  

健康保険に加入している全ての方は、高額医療保障制度と言われる制度を利用できます。

 

高額医療保証制度とは、

治療費が一定額を超えた場合、治療費を差額分保証してもらえる制度です。

 

ややこしいので、ホンダ健康保険組合を例にして、一緒に見てみましょう。

 

f:id:until30y:20181213205724p:plain

 

f:id:until30y:20181008225227p:plain

(引用:医療費が高額になったとき | 保険給付ガイド | ホンダ健康保険組合

 

上の表によりますと、ホンダであれば、

 

月50万円以下の収入の方は治療費の際に発生する限度額が

8万100円+(医療費-26万7000円)×1% となっており、

 

それ以上の金額が発生した場合、健康保険からお金が支給されます。

 

つまり、100万円の治療費があった場合には支払いが8万7430円となるというわけです。(計算式:8万100円+(100万円-26万7000円)×1% )

 

20代の方であれば、月収が50万円以下に収まる場合が多いと思いますので、

どれだけ大きな治療費が発生した場合でも限度額(8万8000円程度)は支払わなくて良いということになるということなのです。

 

*組合ごとに限度額は変わってきますので、自分の会社のものを調べておきましょう。

 

 

②付加給付制度 

 

また、あなたが大企業勤めの方であれば、付加給付制度も知っておきましょう。

(トヨタ、ホンダなど)

 

というのも、健康保険の中には

協会けんぽ(中小企業)、組合健保(大企業)の2つがあり、

 

組合健保に加入している方であれば高額医療保障制度に追加して、「付加給付制度」もさらに利用することができます。

 

と言ってもよく分からないと思いますので、今回もホンダの健康保険組合を例にみてみましょう。

 

 

 

f:id:until30y:20181213205854p:plain

(引用:医療費が高額になったとき | 保険給付ガイド | ホンダ健康保険組合

 

上の図を見ていただければわかると思いますが、

付加給付制度を利用すれば、治療費は最大で2万30円となるということになります。

 

つまり、あなたは100万円の治療費が発生したとしても、

2万円さえ手元にあれば問題がないということになります。

 

*もちろん、これは企業によって違いますので、自身の会社の制度は調べておきましょう。

 

つまり、100万円の治療費がかかったときこうなる

 

なので、月収50万円以下の方が

仮に100万円の治療費がかかったとすれば、

 

法定給付によって治療費は3割負担で良いので、

支払額は100万円×30%=30万円となり、

 

高額医療補償制度によって、

自己負担額は、8万7430円までですので、21万2570円

が協会けんぽor組合健保から支給されることになります。

(計算式:30万円-8万7430円=21万2570円) 

 

そして、組合健保に加入している方は

付加給付制度を利用すれば、自己負担限度額が2万30円ですので、

 

6万7400円は組合健保から支給されるということになります。

(計算式:8万7430円−2万30円=6万7400円)

(*国民健康保険、協会けんぽにこの制度はありません。)

 

なので、組合健保に加入している方は医療費は最大で2万円なのです。

 

だから、治療費のために貯蓄=間違い 

 

なので、もしあなたが急に多額な治療費が発生した時のために貯蓄をしているのであれば、それは間違いなのです。

 

折角、税金と健康保険料を納めているのですから、それを利用しないのはもったいないです。

 

 

もし、その貯蓄をするお金があるのであれば、そのお金で書籍を購入するなどして

社会保険の制度などを理解することに使用していきましょう。

 

貯蓄してお金を有効活用できずにいると、

加入している制度を適切に使用できない損失の方が大きくなる場合もあるのです。

 

おすすめな本はこちらでまとめてあります。

【新入社員向け】お金の勉強を始めるにあたって読んでおくべき本9選 

 

 

関連記事

【新入社員向け】「健康保険」について20代会社員が知っておくべき8つのこと

新入社員は生命保険は絶対入るな!その理由を3つ伝える

 

③20代で貯められる金額では、もしものための備えにならない

 

私は、ある程度の企業に勤めている方であれば、22歳~30歳までに1000万円ほどの貯蓄をすることは可能だと考えています。

 

設定:22歳で大手企業入社 1年で100万円の賞与が支給される その全てを貯蓄 1年ごとに賞与の額が10万円増加すると仮定

 

すると、貯蓄額は以下のようになります。

22歳→23歳:100万円

23歳→24歳:210万円

24歳→25歳:330万円

25歳→26歳:460万円

26歳→27歳:600万円

27歳→28歳:750万円

28歳→29歳:910万円

29歳→30歳:1080万円

 

ですが、1000万円と言えばもちろん大金ですが、

1000万円あっても備えきれないリスクもこの世には存在するのです。

 

なので、貯蓄しても備えきれないリスクのために

お金を貯めるという行為は誤りなのです。

 

ここでは、1000万円の貯蓄があっても賄いきれないことの1つを紹介していきますね。

 

車で人を轢けば、1億円の支払い義務が生じる

 

沢山の例はあると思いますが、車を運転して、人にけがを負わせたり、
最悪の場合死亡させたとします。

【損害賠償金】交通事故で死亡された場合、どのように支払われる?|自動車保険|保険なるほど知恵袋|お客様とソニー損保のコミュニケーションサイト

 

その際に、あなたが負担するべき費用は1000万円なんてものでは無く

場合によっては1億円なんて超えていくのです。

 

つまり、何が言いたいのかと言うと、


急な出費である1億円のために、せっせと貯蓄をしていたとしても

実際に対応できないわけです。

 

なので、あなたが車で人を引いてしまい、

損害賠償を求められた時のために貯蓄をしているというのであれば、

それは無意味なのです。

 

つまり、あなたがもしかしたら起こるかもしれない最悪のケースに備えるためにするべきなのは、

 

自分で運転しない。または自動車保険にきちんと入ることです。

決して貯蓄をすることではありません。

 

そのことは覚えておきましょう。

 

20代は知識と可能性の拡大にお金を使おう

 

長々と書いてきましたが、結局何が言いたいのかと考えてみたところ、
思い浮かんだのは、

 

未来に備えるというのは、お金を蓄えると同義ではないということです。

 

20代で、貯蓄できる額なんてたかが知れていて、

その金額がもしものための十分な備えになる可能性は少ないです。

 

ですが、その大きくない額であったとしても、そのお金で、

本を読んだり、人と会ったりして知識を身につけたり、

何か挑戦することで自身の可能性を広げることは

 

お金で賄えること以上の、備えになるのです。

 

だから、老後のためだったり、

起こるかもしれない急な出費などに、不安を感じている暇があるなら

 

そのお金を使って、使って、使って、

いかなる場面に遭遇しても、乗り越えられる自分の創造に尽力しましょう。

 

偉そうに書いてきましたが、それが私自身にとっては


お金に対しての知識を身に付けるため本を読むこと

お金を自ら生み出せるように、ブログを使ったビジネスに取り組むことなのです。

 

皆さんも、何か今まで貯めてきたお金で何かやってみてはいかがでしょうか。

 

 

まとめ:せっせと貯金に励む20代が、知るべき3つの事実

 

①老後が不安なら、するべきは貯金ではなく「投資」

②100万円の治療費が発生しても、支払い金額は月8万8000円以下

③20代で貯められる金額では、もしものための備えにならない

 

結論:20代は知識と可能性の拡大にお金を使おう

 

お金の知識を身につけるには?

 

どうでしたか?

少しは、参考になる部分はありましたでしょうか。

 

最後に、簡単にですがお金について正しい知識を身に付けたい方に向けて

オススメな方法を紹介して行きますね。

  

本を読もう

 

まずですが、「本」を読みましょう。

 

20代は、いやいやお金の勉強って何よ?そもそも。

という状態だと思うので、そんな時はさらっと本を読みましょう。

 

オススメな本は下記でまとめてあります。

【新入社員向け】お金の勉強を始めるにあたって読んでおくべき本9選

 

これらの本を読んで下記の6つの質問に答えられるようになればひとまずOKです。

反対に、今下記の質問に即答できない方は上記の本に一通り目を通すことをオススメします。

 

・資産家と労働者の違い

・分散投資、集中投資の違い

・インデックス型、アクティブ型等信託の違い

・生命保険は加入すべきか否か

・機会損失とは何か

・評価経済とは何か

 

また、この他にも【新入社員向け】お金の勉強をしたいと思ったら知っておくべき50のことでお金に関する知識はまとめてありますので、

 

本はなんだか難しそうと感じる方は、上記の記事に目を通すだけでも

新入社員が知っておくべき金融知識についての理解は深められると思います。

 

その中で、節約に挑戦したり

「キャリアSIM→格安SIM(LINEモバイル)への変更など」

  

資産運用にチャレンジすることで

「WealthNavi」での自動分散投資など」

 

お金の知識だけでなく、実践力も上げていけるようにしていきましょう。

  

行き詰まりを感じたら、話を聞きに行こう

 

で、ある程度の節約や資産運用に挑戦した後にオススメなのが、

お金に関して詳しい方に、話を聞きにいくというものです。

 

というのも、自分で本で学んで実践していったとしても

理解が浅かったり、腹落ちしていない点も多々出てくると思います。

 

なので、自分自身の行動を正しく矯正する場として、

人に話を聞きにいくということをオススメします。

 

といっても誰に話を聞けばいいんだ?となると思いますが、

そんな時は無料で参加できる「お金の教養講座」を利用しましょう。

  

 

お金に関してのことって中々聞く機会っていうのはないと思うので、

こういった場を利用して日頃の疑問を解消していきましょう。

 

講師の方も丁寧な方ばかりで、

こちらが疑問に思ったことに対して、細かく回答してくれます。

 

もちろん無料ですよ!

 

無料でファイナンシャルアカデミー「お金の教養講座」に参加してみる

 

 

目次:【新入社員向け】お金の勉強をしたいと思ったら知っておくべき50のこと