20代大手企業社員の頭の中

欲しいものには手を伸ばしていこうよ。

20代会社員の貯蓄は意味ねぇぞ。その理由を3つに絞って教える

f:id:until30y:20180407192907j:plain

こんにちわ。タナカユウ(@tanakayu30)です。

今日は、20代は貯蓄に励む意味はあるのか、ということについて書いていきたいと思います。

 

日々を生きていると、


老後に今から備えることが必要、

国は今後自分たちを守ってくれない、

誰でも貯金を貯めるテクニック

何かあったときに、お金はあった方がいい

 

のような、60歳以降の人生のためにお金を貯めたり、
よくわからないけど、いつか起こるかもしれないことのために、
お金を貯めることを推奨されていることが感じることが多くあります。

 

ですが、それって本当なのでしょうか?

 

20代の若い頃から、老後の事を考えたり、
起こるか分からない出費を恐れて、お金を使わないことって

本当に大事なことなのでしょうか。

 

様々な意見はあると思いますが、私は違うと思っています

 

なので、今回は、老後にお金が必要でない事実と、もしものために備えるお金の意味の無さを具体例を交えて、説明していきます。

 

良かったら見ていってくださいね。それではいってみましょう。

 

 

せっせと貯金に励む20代が、知るべき3つの事実

①貯金0でも、60歳のあなたは月20万円の年金と、2830万円の退職金がもらえる

②入院したとしても、かかる値段は月8万円のみ

③20代で、備えられるお金では、もしものためには備えられない

 

これから順に説明していきますね。

①貯金0でも、60歳のあなたは月20万円の年金と、2830万円の退職金がもらえる

 

まずは、老後のために備えることの意味の無さを伝えようと思います。
会社員であるあなたは、国民年金、厚生年金、確定拠出年金、などにほぼ強制的に加入していると思います。

 

ですが、その結果どれだけのお金を得られるか知っていますか?

 

多くの20代は知らないと思います。知らないからこそ、すでに十分な備えがあるにもかかわらず、もっと備えようとするのです。

 

って言われてもわからないですよね、ってなわけで具体的なデータを一緒にみてみましょう。

 

これが、60歳以降のあなたがもらえるお金の内訳だ

 

・国民年金5万円/月(支給年齢65歳)

・厚生年金15万円/月(支給年齢65歳)

2017年最新|年金支給額の平均は国民年金5.5万円・厚生年金14.7万円

 

・企業型確定拠出年金:830万円(支給年齢60歳)

(平均の掛け金月々約1万円、年12万円の積み立て、年利3%、38年間運用(支給年齢60歳-22歳=38年) (金額 = 積立額 × 年金終価係数

 年金終価係数 = ((1 + 年利率)^年数)- 1)÷ 年利率)
8,299,133円≒830万円

 

・定年退職金:約2000万円(支給年齢60歳)

 →退職金はいくらもらえる?退職金の平均相場【2017年】 [定年・退職のお金] All About

 

つまり、60歳~65歳までを年566万円{2830万円(退職金+確定拠出年金)÷5年間}で生活して、65歳以降は月20万円以内の支出で生活するのであれば、59歳時点での貯金なんて0でいいわけです。

 

もし、結婚して奥さんも同程度受け取れるのであれば、単純に2倍になるわけです。

 

60歳~65歳までを、年1132万円で生活して、65歳以降は月40万円の支出で生活するのであれば、59歳時点での貯金は0でいいのです。

 

これは知っておいてほしい事実です。

 

しかし、年金制度が将来どうなるかはわからないじゃないか。
崩壊したらどうするんだ。って思う方もいると思います。

 

そんな方に向けて少し話させてくださいね。

 

貰える額が半分になったとしても、生きていけるくね?

 

おそらくですが、これから年金の支給年齢が上がったり、
支給額が下がったりするなどすることがあると思います。

 

ですが、それってそんなに心配することでしょうか?
私は別に支給額が半分になったって十分だと思っています。

 

だって、先ほども述べましたが、
いまのままであれば、あなた+奥さん(旦那さん)で生活するのであれば、

 

60歳~65歳までを、年1132万円で生活して、65歳以降は月40万円の支出で生活できるのです。

 

それが半分になっても、60歳~65歳までを、年566万円で生活して、65歳以降は月20万円の支出で生活できるのです。

 

これってありえないほど苦しい金額でしょうか?
もしそうだとしても、それに備えるのは50代以降で十分間に合うと思っています。

 

給与の低い今、将来に備えるよりも、時間単価の高い未来の自分がお金を貯めた方が
よっぽど効率的なのです。

 

②入院したとしても、かかる値段は月8万円のみ

 

次はこちら!ケガなどをして、働けなくなった時や、入院して大きなお金が発生したときのために、お金は備えておきたい。っていう方もいると思います。

 

入院や手術費の支払いが数百万円などになった場合はどうするんですか?

月収が20万円なのに、300万円の治療費が払えるんですか?

みたいなね。

 

ですが、そのためのお金も大きな金額は必要ないと思っていて、、
なぜなら、健康保険に加入している人ならだれでも使える高額医療保障制度というものを使えば、あなたの入院費や治療費が何百万円になろうとも、あなたが支払う必要のある金額は大体上限が8万円程/月です。

 

*詳しく知りたい方はこちらをみてみてださいね。

高額な医療費を支払ったとき | 健康保険ガイド | 全国健康保険協会

 

良くわからなないと思いますので、例をあげてみましょう。

例:治療費=100万円

やばい!貯金が30万円しかない!払えない!

でも大丈夫!高額医療保障制度があるから。

限度は8万円だから、

100-8=92万円は支払わなくてもいいんだ!

 

よって、あなたが払わないといけない費用=8万円です。

ただ、この高額医療費保証制度には差額ベッド代は含まれていません。

しかし、それでも大丈夫です。

 

15歳~34歳の平均入院日数は12日で、かつ、差額ベッド代は約6000円/日です。なので、6000円×12日=72000円必要になります。

入院した場合、入院日数は何日くらい?|公益財団法人 生命保険文化センター

 

なので、病気になった!やばい。と思った時に必要なお金は

8万円+7万2000円=15万2000円です。

 

このくらいの金額は貯める必要があります。しかし、100万円、200万円という額を貯める必要は一切ないのです。

 

また、入院時などの働けないときの生活費はどうするのか。という問題ですが、それも問題ありません。健康保険から傷病手当金(1日あたり標準報酬日額の3分の2)が最長18ヵ月間支給されるからです。

 

先ほども言いましたが、15歳~34歳までの平均入院日数は12日です。

有給をとる。または傷病手当金で充分間に合います。

 

 

③20代で、備えられるお金では、もしものためには備えられない

 

私は、ある程度の企業に勤めている方であれば、22歳~30歳までに1000万円ほどの貯蓄をすることは可能だと考えています。

 

設定:22歳で大手企業入社 1年で100万円の賞与が支給される その全てを貯蓄 1年ごとに賞与の額が10万円増加すると仮定

 

すると、貯蓄額は以下のようになります。

22歳→23歳:100万円

23歳→24歳:210万円

24歳→25歳:330万円

25歳→26歳:460万円

26歳→27歳:600万円

27歳→28歳:750万円

28歳→29歳:910万円

29歳→30歳:1080万円

 

ですが、1000万円と言えば、大金だと感じるかもしれませんが、
1000万円なんて、言い方は悪いですが、たかが1000万円なんです。

そう考える理由を説明していきますね。

車で人を轢けば、1億円の支払い義務が生じる

 

沢山の例はあると思いますが、車を運転して、人にけがを負わせたり、
最悪の場合死亡させたとします。

【損害賠償金】交通事故で死亡された場合、どのように支払われる?|自動車保険|保険なるほど知恵袋|お客様とソニー損保のコミュニケーションサイト

 

その際に、あなたが負担するべき費用は1000万円なんてものでは無く
場合によっては1億円なんて超えていくのです。

 

つまり、何が言いたいのかと言うと、


急な出費である1億円のために、せっせと貯蓄をしていたとしても

実際に対応できないわけです。

 

そのため、あなたがもしかしたら起こるかもしれない最悪のケースに備えるためにするべきなのは、自動車保険にきちんと入ることです。

 

そのことは覚えておきましょう。

 

結局何が言いたいのか

長々と書いてきましたが、結局何が言いたいのかと考えてみたところ、
思い浮かんだのは、

 

未来に備えるというのは、お金を蓄えると同義ではないということです。

 

20代で、貯蓄できる額なんてたかが知れていて、
その金額が十分な備えになる可能性は少ないです。

 

ですが、その大きくない額であったとしても、そのお金で、
本を読んだり、人と会ったり、あなたらしいことに挑戦してみることは
お金で賄えること以上の、備えになるのです。

 

だから、老後のためだったり、
起こるかもしれない急な出費などに、ビクビクしてる暇があるなら

 

そのお金を使って、使って、使って、
いかなる場面に遭遇しても、乗り越えられる自分の創造に尽力しましょう。

 

偉そうに書いてきましたが、それが私自身にとっては


お金に対しての知識を身に付けるため、本を読むことや
お金を自ら生み出せるように、ブログを使ったビジネスに取り組むことなのです。

 

皆さんも、何か今まで貯めてきたお金で何かやってみてはいかがでしょうか。

 

最後にまとめておきます。

まとめ:せっせと貯金に励む20代が、知るべき3つの事実

①貯金0でも、60歳のあなたは月20万円の年金と、2830万円の退職金がもらえる
②入院したとしても、かかる値段は月8万円のみ
③20代で、備えられるお金では、もしものためには備えられない

 

どうでしたでしょうか?何かためになることは書いていたでしょうか?
何か役に立てたことがあれば、幸いです。

今回は以上です。では。

 

関連記事新入社員は「投資」を始める絶好の時期!君が知っておくべきお金の事実5選